【米国株】決算シーズン直前、増加する不安材料【7/12 マーケット見通し】

【米国株】決算シーズン直前、増加する不安材料【7/12 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

12日のCPI、14日から始まるアメリカの決算シーズンを控えています。そんな中でマーケットにやや不安材料が出てきましたので、お伝えしたいと思います。

いよいよ金融政策の効果か?企業倒産が増加

企業倒産が増加

先週、米国の企業倒産が発表されました。上半期のアメリカの商業破産申請件数です。前年同期比で18%増の12,107件。チャプター11(日本の民事再生にあたるもの)の申請も、前期比で68%増の2,973件まで増えています。

マーケットでは、破綻があまり増えていないことから景気がいいと言われていましたが、実際には倒産件数がかなり増えていることが分かりました。アメリカン破産協会の報告によると、申請件数の増加は、物価上昇、インフレ、借入れコストの増加によるものとのことです。これらを考慮すると、今後も破綻が増えることは間違いなさそうです。

次に、下の図表をご覧ください。左の図表は、黒いチャートが破綻申請件数、茶色がハイイールド債券のスプレッドです。過去のデータからは、破産申請件数が増えると企業の信用が低下し、米国債とハイイールド債のスプレッドが拡大することが確認できます。

現在は、景気については、そこまで悪化していないとの認識がありますから、スプレッドは拡大していませんが、今後、拡大する可能性がることがわかります。

次に右側のチャート、茶色が破綻申請件数、黒は銀行の貸倒償却率です。こちらも非常に相関が高く、破綻が増えれば、銀行は貸倒引当を多く積まなければなりません。現在は低い水準にありますが、今後は貸倒償却が増えると懸念されています。

14日から、アメリカの大手銀行が決算発表を行います。大手金融機関にはあまり大きな影響がないかもしれませんが、中小の金融機関においては貸倒の増加の影響が見込まれます。今回の4~6月期の決算が無事に通過したとしても、今後の年後半の業績が悪化する可能性があります。業績が悪化すれば、資本増強に加え、貸倒償却の増加によるクレジットクランチ(貸出制限)が発生し、景気に対するマイナス材料がありそうです。

個人消費に対する懸念

消費者信用指数は2020年以来の低水準

次に個人消費についてです。10日、消費者の信用指数が発表されました。こちらは2020年以来の低水準となっています。5月の消費者信用指数ですから、少々古い資料になりますが、景気がいいと言われていた時点での状況を理解するためにも見ていただきたいと思います。

5月のアメリカの消費者信用指数は、クレジットカードや自動車ローン、学生ローンなどを含む総量で、72億4000万ドルの増加が見られました。消費者信用は増えていることが分かります。ただ、予想では200億ドルでしたので予想の半分以下になります。4月も下方修正されました。下方修正後も203億ドルもあったことから比べると、1ヶ月で50%以上ローンの利用者が減ったこと、これが消費減速を示すのか、他の理由があるのか注目を集めています。

細かく内容を見てみましょう。消費者信用指数はリボ払いと非リボ払いがあります。リボ払いを見ると、5月の利用者数は依然として多いことが分かります。左の図表、リボ払いは5月に85億ドル近く増加しています。若干の減少はあるものの、未だに多くの人が利用している状況です。

気になるのは右側です。クレジットカードの金利が過去最高の22.16%にも関わらず、85億ドル相当増加しています。生活の資金難によるものか、それとも、単に消費意欲が強いため積極的に利用しているのかは、まだ結論が出ていません。いずれ時間が証明することになるでしょう。

家計の維持をクレジットカードに依存

1つ参考になるのが、家計を維持するため、クレジットカードにどれだけ依存しているかを示したリサーチです。2021年(赤い棒グラフ)、2022年(青い棒グラフ)、2023年(黄色い棒グラフ)、下の数字は所得別の各家庭における、クレジットカード依存度です。

例えば、最も左の年収2万5千ドルの人々がクレジットカードに依存している割合は、2023年で約27%近くとなっています。また、所得が増える(右に行く)ほど、クレジットカードへの依存度も増えていること、全ての所得世帯において、過去3年間で2023年がクレジットカードに最も依存していることも確認できます。

金利が22.16%まで上昇しているにもかかわらず、クレジットカードに依存していることから、貯蓄率が下がってきていること、ゆとりがなくなってきていることが分かります。これは今後の消費に黄色信号と言えるでしょう。

非リボルビング信用残高は衝撃の結果

次に、こちらの非リボ払いを示したチャートをご覧ください。学生ローン、自動車ローンなどが、こちらに含まれます。左のチャートを見ると驚いたことに、通常であれば100億ドル近く毎月増えるものが、5月は2020年4月以来のマイナス。マイナス12億6千万ドルとなっています。今後の将来に不安を感じて借りていないと考えられます。

さらに右のチャートを見ると、自動車ローンの金利が過去最高の7.81%に肉薄しています。金利がかなり高くなっている、消費意欲が減退していることが改めて確認できました。信用残高を見ても、将来に対する不安感がある、消費が落ちていると言えます。アメリカのGDPで消費が占める割合はとても大きいですから、今後経済が減速する可能性を示していると改めて認識される結果です。

小売の不振に対する懸念が徐々に高まる

11日に発表されたレッドブックです。9000店舗を代表する米大手総合小売業者に、売上がどうなったか調べたものです。前年比での売上を加重平均で算出したものが、7月11日にマイナス0.4%と、マイナス圏に突入しました。コロナショック以降、プラスで推移していたものがマイナスになったことに対して、大きな反応は見られていませんが、消費への不安が高まってきていることが確認できました。

左の図表は、白がレッドブック、赤は米小売売上高です。小売売上高とレッドブックの店舗数は約80%が重複するため、連動率がかなり高いと認識されています。しかし、今回レッドブックがマイナス圏に入ったことで、アメリカの小売売上高もマイナスに入るのではとの警戒感が高まっています。

右の図表をご覧ください。小売がマイナス圏に入った後は、景気後退に入ることが過去多くなっています。今回も小売がマイナスに入ることから、景気後退の可能性が高まるかもしれません。

アメリカの小売に関する消費行動がどういった状況になっているかを、本日は確認しました。先行きが厳しいこと、破綻が増えたことで貸倒引当が増加し、ハイイールド債券のスプレッドが上昇することで、企業への銀行の貸し出しがしぶられる、経済が悪化する可能性が見えてきました。

CPIで低い数字が出れば、金融政策が少し緩和的になり、株価が反応する可能性はあります。しかし、5月の信用が減っているということは、4~6月の決算において消費が大幅に落ち込んでいる可能性もあります。8月中旬まで続く決算、企業の業績がどうなのかが今後のマーケットの注目ポイントになるでしょう。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日経VI:今後の日経平均や株式市場への影響と注意点

日経VI:今後の日経平均や株式市場への影響と注意点

最近、中東情勢の緊張と原油価格の上昇によってリスクオフムードが高まり、日経平均ボラティリティ・インデックス(日 …

【米国株】‌今週末から米国企業決算が本格的にスタート。S&P500の現状分析と注目点。【4/8 マーケット見通し】

【米国株】‌今週末から米国企業決算が本格的にスタート。S&P500の現状分析と注目点。【4/8 マーケット見通し】

本日のテーマは米国株です。12日から米国金融機関を中心に、2024年度第1Qの決算発表がスタートします。 今年 …

【2024年最新】NISA口座開設・利用状況から見える投資家動向 

【2024年最新】NISA口座開設・利用状況から見える投資家動向 

2024年に入ってから、NISA(少額投資非課税制度)の利用が大幅に拡大しました。本記事ではまず、NISA口座 …

バブル期の高値を更新し、44%の上昇率を記録した日経平均株価:2023年度のマーケットを振り返る

バブル期の高値を更新し、44%の上昇率を記録した日経平均株価:2023年度のマーケットを振り返る

2024年4月から新年度に入りました。2023年度のマーケットを振り返ると、改めて日本の株式市場は記録的な1年 …

【米国株投資】‌なぜ今年は米国小型株に注目する人が多いのか?【4/1 マーケット見通し】

【米国株投資】‌なぜ今年は米国小型株に注目する人が多いのか?【4/1 マーケット見通し】

本日は、米国株投資を取り上げます。今年に入り、米国小型株、ラッセル2000に注目する人が増えています。最近は、 …

【米国債券投資】‌6月利下げの可能性が高まる中、利下げ開始後の債券ETF投資戦略について【3/25 マーケット見通し】

【米国債券投資】‌6月利下げの可能性が高まる中、利下げ開始後の債券ETF投資戦略について【3/25 マーケット見通し】

先週のFOMCを受け、6月の利上げ可能性が高まってきました。その影響で、今後の長期金利低下などが期待される中で …

【米国株】‌いよいよ米国経済に変調の兆し。3月FOMCが米国株へ与える影響に注意【3/18 マーケット見通し】

【米国株】‌いよいよ米国経済に変調の兆し。3月FOMCが米国株へ与える影響に注意【3/18 マーケット見通し】

先週の経済指標のいくつかは、アメリカの経済に、いよいよ変調の兆しがありと考えさせられるものでした。本日は、先週 …

【米国株】‌米国の雇用は本当に強いのか?それとも弱いのか?株価に与える影響大【3/11 マーケット見通し】

【米国株】‌米国の雇用は本当に強いのか?それとも弱いのか?株価に与える影響大【3/11 マーケット見通し】

先週金曜日、アメリカの雇用統計が発表されました。それ以外にも、先週は、JOLTSやISM非製造業の雇用など、雇 …

【米国株】‌堅調な米国株式相場。目先の市場リスク要因は?【3/4 マーケット見通し】

【米国株】‌堅調な米国株式相場。目先の市場リスク要因は?【3/4 マーケット見通し】

本日は堅調に推移する米国株式市場ですが、目先にある市場リスクについて考えてみたいと思います。 先週までの企業決 …

【米国REIT】‌商業不動産への懸念がある中、今後の米REITの見通しについて【2/26マーケット見通し】

【米国REIT】‌商業不動産への懸念がある中、今後の米REITの見通しについて【2/26マーケット見通し】

本日は、米国REITを取り上げます。ここ最近はアメリカの株式市場が強く、債券やREITへの注目が薄れがちです。 …

【米国株】‌米国投資家が2024年に債券投資を検討しておくべき理由【2/19 マーケット見通し】

【米国株】‌米国投資家が2024年に債券投資を検討しておくべき理由【2/19 マーケット見通し】

本日のテーマは、『米国株投資家が2024年に米国債投資を検討しておくべき理由』です。 昨年から今年にかけて、米 …

【米国株】‌節目を突破したS&P500。このような時こそ注意しておきたい2つの死角【2/13 マーケット見通し】

【米国株】‌節目を突破したS&P500。このような時こそ注意しておきたい2つの死角【2/13 マーケット見通し】

本日のテーマは、節目を突破した強いアメリカの株式市場についてです。S&P500が5,000という節目を …

【米国株】‌上昇相場が続く中でトレンド転換の見定め方【2/5 マーケット見通し】

【米国株】‌上昇相場が続く中でトレンド転換の見定め方【2/5 マーケット見通し】

本日のテーマは、上昇相場が続く中でトレンド転換をどのように見定めるかについて見ていきたいと思います。 先週、注 …

【米国株】‌今回のFOMC以降に市場が注目するポイントとは【1/29 マーケット見通し】

【米国株】‌今回のFOMC以降に市場が注目するポイントとは【1/29 マーケット見通し】

本日のテーマは、今週最大の注目イベントであるFOMCです。FOMCはハト派的な内容になるとマーケットでは予想さ …

【米国株】‌米国大型株と小型株、2024年に期待できるのは?【1/15 マーケット見通し】

【米国株】‌米国大型株と小型株、2024年に期待できるのは?【1/15 マーケット見通し】

本日のテーマは、米国の株式市場において、米国大型株と小型株のどちらの方が2024年に期待できるかについて考えて …

おすすめ記事