【米国株】S&P500の予想PERは19倍。高いPERはその後のリターンに影響を与えるのか?【9/6 マーケット見通し】

【米国株】S&P500の予想PERは19倍。高いPERはその後のリターンに影響を与えるのか?【9/6 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

本日は米国のPERを取り上げます。現在、S&P500のPERは19倍を超え、過去の水準から見ると高い水準です。そのためか、PERが高水準のため今後株が下がる、まだまだPERは伸びる可能性があり下がらないというコメントや記事などを見かけますが、では、過去、19倍を超えるような高いPERの後、過去の経験則ではどのようなパフォーマンスになったら、また、それ以外にどのような要因が重要なのか、簡単に見ていきたいと思います。

S&P500のPERが19倍越え

S&P500の現在の予想PERは19.09倍

まずは現状です。現在のS&P500の数値(23年9月5日末の時点)時は、4,496ポイントです。次に、S&P500のEPS予想(NTM:12ヶ月先の予想)は、235.5ドルです。これから、今のPERは4,496÷235.5ドル=19.09倍にアンリます。これが、現在のS&P500の予想PERです。

PERとその後のリターンとの関係

19倍のPERは高いのか?

この19倍が高いのでしょうか。左の資料をご覧ください。1960年からのPERの推移を表しています。1960年~1978年までの間は、実績値ベースでのPERとなっています。

79年以降は予想EPSをベースにしています。

現在の19倍を赤線で引いていますが、19倍を超える水準は、過去から見ても高い水準であるのは間違いありません。それでは、多くの記事で、高いPERだから、今後株価が下がると説明されていますが、実際にどうだったのかを確認したいと思います。

右図表をご覧ください。見方は上の段、<14と書いてあるのが、PER14倍以下となります。左から2番目が14倍~16倍で、次が16倍~19倍。右から2番目が19倍以上、そして全体となっています。現在のように、PERが19倍以上になった後のパフォーマンスは、どうなったかを表したのが棒グラフです。PERが19倍以上の後、1ヶ月のリターンはややプラス。3ヶ月だと少しプラス。6ヶ月だとプラスになっています。ただ、12ヶ月後になる、過去の平均では、マイナスに転じていることが分かりました。

つまり、高いPERの後というのは、1年後のパフォーマンスがあまり優れていないことがわかります。これは、あくまでも過去の平均ではありますが、結果として株価はマイナスになっていることが分かっています。

ただ、こちらの資料の使い方を間違えてはいけません。上の文章で書いてありますように、PERが19倍以上であれば株価が下がるという示唆ではありません。あくまでもPERが高いということで、イールドスプレッド、エクイティリスクプレミアムといった、国債の利回りに対して株価の益利回りが非常に接近した、潰れているような状況に対する反動が起こりやすい水準であり、また、高いEPSの成長が折り込まれている状態であるため、何かの材料で期待が剥落し、EPSga反動として大きく低下するなど、水準が高いことにより反動が大きくなりがちであることが理由だと思われます。つまり、PERが高いから、株価が下がるという因果関係はないことだけは、ご理解いただきたいと思っています。

ただ、過去の実績としては、PER19倍を超えると1年後には下がっている一方、PERが14倍以下であれば、1年後のパフォーマンスは15%を超えています。PERが低いときに買うというのは、投資における非常に大事なポイントだということは改めて理解できました。

予想PERが19倍を超えるとマイナスになる確率が増えるのは事実

では、今後、高いPERをどのように考えていくべきでしょうか。平均のパフォーマンスではなく、詳細を見ていただきたいと思います。こちらはJPモルガンアセットマネジメントが出している資料です。横軸がS&P500の予想PER、縦軸がS&P500のトータルリターン、1年後のリターンを表したものです。

PERが19倍を超えますと、株価の平均では1年後にマイナスなったとお伝えしましたが、実は細かく見ていきますと、このように分布することが分かりました。

赤い網掛けをご覧ください。PER19倍以上が、赤い箇所になります。そして、縦軸がトータルリターン。トータルリターンが0%の上、0%の下でいくと、明らかにPER19倍以下に比べると、マイナスゾーンのプロットが多くなっていると分かります。

PER19倍以上でも1年後に40%を超えるパフォーマンスが出ているときもありますが、30%近くマイナスのこともあるなど、PER19倍以下に比べると、パフォーマンスがいいときと悪いときのバラつきがかなり確認されます。

そこで、現在のPER19倍をどう考えるかといいますと、今後1年のリターンというのは、当然ながら+40%、3+0%になることもある一方で、19倍以下に比べるとマイナスになる確率が高くなってきている、また、−20%になるようなケースも散見される。そういった、すごくボラティリティが高い、繊細な環境下にあることをまず認識してもらうことが大事です。

ご覧になって分かるように、PERだけでは、株価の今後の見通しというのはなかなか図れません。金利が上昇すること、長期の上昇によって、エクイティリスクプレミアムがさらに縮まり、PERが下がらざるを得なくなり、株価が下がることもあるでしょう。もしくは予想EPSが景気後退等によって下がったことで株価が下がることもあります。このような影響に対する感応度が高く、しかも受けやすい水準になっています。過去の実績を見ていきますと、19倍を超えれば、マイナスになる可能性が高まっている事実は、ぜひ今後の投資の参考になるのではないかと思っています。

4日がアメリカの休日だったこともあり、5日までのマーケットの動きは限定的になっています。ただ、昨日も金利の上昇に伴い、株価が若干マイナスの傾向になっています。こうしたPERが19倍を超えている状況は、金利に対する感応度が高い状態になっています。そういったところが今後の材料になっていくでしょう。

今晩以降のISM非製造業指数、ベージュブックで、金利に関するインフォメーションが出てくると、株価は動きやすいです。PER19倍以下に比べると上下にぶれやすい環境下にあることを踏まえ、しっかりとリスク管理をしていただければと思っています。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

おすすめ記事