【米国株】Appleの下げより、クアルコムの下げの方が重要だと思う理由【9/8 マーケット見通し】

【米国株】Appleの下げより、クアルコムの下げの方が重要だと思う理由【9/8 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

今週、米国の株式市場は経済指標が少ないため材料不足ではないかと言われていました。そのような中、今週一番注目を集めているのが2日間で6%を超えるApple株の下落です。背景には、新聞等々で報道されているように、中国内における、公務員の時間中におけるiPhoneの使用制限があります。

ただ、さらに注目すべきところは、アップルの下落以上に昨日大きく下げ、7%近く下がったクアルコムの下落の原因ではないかと考えています。この下落した背景は、今後、アメリカのマーケットに対するインパクトが拡大する可能性があるため、把握しておくことが欠かせないと思っています。簡単にご説明していきたいと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

なぜアップル株が下落し、その影響を気をつけないといけないのか

Appleにとって中国は大事な市場

まず、Apple株の下落について見ていきます。中国の当局がiPhoneに関して、使用禁止を拡大したと報道されました。「政府機関、国有企業に勤める職員に対して、日中のiPhoneの使用を禁止する」と言ったことで、今後iPhoneに関する需要が極端に減ってくる可能性があるため、マーケットの懸念材料になりました。

次に、下の図表をご覧ください。こちらはAppleの地域別レベニューを表したものです。中国の市場は15.7%で、アメリカ、ヨーロッパに続く大きな市場です。そこでiPhoneの使用を禁止されるということは、今後Appleの利益に対して大きなインパクトがあるのではないかということになりました。

また、23年の第2四半期のiPhoneの出荷全体に対し、中国の占める割合は24%です。アメリカ市場の21%と比べても大きく、中国が使用停止となると、iPhoneに関するインパクトがかなり大きくなりそうです。

年初来のS&P500上昇への貢献度1位はApple

Apple社の企業業績の悪化は、指標に対するインパクトが大きくなります。まずは左の図表をご覧ください。

マグニフィセント・セブンと言われる、7つの大企業です(一部では神7とも言われています)。Apple、Microsoft、Alphabet、Amazon、NVIDIA、Tesla、Metaの7つがS&P500に占める指数への影響割合は27.6%です。S&P500のかなり多くを占めているのですが、左の図表の右棒グラフをご覧ください。

今年に入ってS&P500は16%近く上昇しています。そのうちの12.5%をTop7で引っ張ってきたことは広く知られていますが、9月時点においても同様のことが確認できます。

さらに先ほど取り上げたApple株ですが、今年のS&P500の16%の上昇のうち、3.01%に貢献しています。Apple株の上昇がかなりインパクトを与えてきたことは明白で、iPhoneの出荷の24%を占める中国での使用禁止を考えますと、リード役であったApple社の業績がどうなるのかで今後のS&P500への影響が大きくなりそうです。今週に入り、S&P500も上値が重たくなってきている理由は、ここにもあるかもしれません。

さらに右図表をご覧ください。トップ7のPERは36倍になっています。トップ7の業績見通しにマイナスのインパクトが出てくるようであれば、高いPERは低下する余地が大きく、S&P500に対するインパクトが大きくなる可能性があることが改めて分かります。現在のPERは、EPS成長の期待がかなり織り込まれている状況のため、反動には要注意です。

さて、Apple株のニュースが新聞等では特に大きく取り上げられているわけですが、個人的には、7日に7%以上下げたモバイル通信技術関連企業のクアルコムの下落の方が、今後マーケットに対してインパクトが大きく、要注意でないかと考えています。その理由を、簡単にご説明したいと思います。

クアルコムの下落が大事だと思う理由

クアルコムの下落が意味するもの

クアルコムは、モバイル通信の技術関連企業です。モバイル向けのチップセットなどを扱っています。ごくごく簡単に言うと、携帯の中で各パーツを繋げて動作を管理するパーツです。半導体技術関連の大手企業、クアルコムが、7日、7.2%下落しています。

その背景は、4日前の9月4日のニュースが材料になっているようです。9月4日、ロイターによると、中国のファーウェイがMate(メイト)60プロという新型のスマートフォンを発表しました。この製品の中で使われている半導体を中国企業のSMICが提供しており、先端プロセッサーのキリン9000sが使用されていることが分かりました。衝撃は、7ナノの製品をアメリカに頼ることなく、中国独自の技術で提供できているこです。

ロイターの記事によるところではありますが、この製品が、どうやらアメリカの最新の5Gに対してあまり引けを取らない性能だと報道されています。今回掲載されているキリン9000sが今後利用されることで、中国は米国に対して5Gの技術において周回遅れと評価されていましたが、かなりキャッチアップしてきたのではないかということです。今後、アメリカが強める制裁に関しても、その影響を回避できるのではという意見が多くなり始めているようです。

このように、中国が自国内で生産で賄えるとなれば、アメリカ企業の相対的な競争力低下が指摘されるということで、今後、独占的に強みを持っていたアメリカの半導体企業の業績に下押し圧力が出てくるのではというのが、今回の懸念材料です。

今回の新しいMate60プロが発表された影響でしょうか、7日の株式市場を見ると、引け値は少し戻しましたが、NVIDIA、AMD、ブロードコム、クアルコムなどが、下げていることを見ると、今後、何らかの影響が出てくる可能性をマーケットが感じているのではないかと思われます。

米国の競争優位性は保てるのか

ちなみに、クアルコム株は大きく下落をしたわけですが、クアルコムは4Gに関するチップを販売しています。中国・香港が主戦場で、売上の3分の2を中国・香港が占めています。今回のキリン9000sの発表によって、24年、最大6,000万台のチップセットの受注を失う可能性があり、数十億ドル規模の利益喪失となりそうです。中国において半導体大手のSMICが新たなチップを作っていくことは、アメリカの半導体関連企業の利益を今後大きく毀損する可能性があることが、マーケットで認識されたことが、大きくマイナスのインパクトを与えました。

今後、中国が半導体におけるアメリカに対する依存度をどの程度下げるのか、業績にどのくらい影響があるのかを見極めが必要な展開になるかと思います。

次に、下の表をご覧ください。S&P500が青いチャート、SOX指数が黄色、Appleが赤いチャート、クアルコムが薄緑です。5月、NVIDIAの非常にいい決算を受け、半導体企業、SOX指数の上昇が続いてきました。しかし、今回、クアルコム株は、5月からの上昇分を全て吐き出すような下落になっています。今後、5月以降のマーケットを引っ張ってきたSOX指数でも、同じように半導体企業が複数下落するようなことになると、今後の株式市場に対して大きなインパクトがあります。

半導体企業の利益成長力への期待が高いことが、株式市場の上昇を牽引してきました。中国が自前で生産に徐々にシフトすることで、どれだけの業績に対するインパクトがあるかは、今後いろいろな金融機関からレポートが出てくると思います。また、米国の中国に対する貿易規制が今後強化される可能性が高くなります。それにより、今後、EPSの低下予想が出てくるようであれば、株式市場にとって上値の重い展開につながります。また、影響が大きく、そして、長引くようであれば、株価下落にも繋がりかねません。金利、雇用、インフレといった材料に加え、半導体企業の業績も、また新たな注目テーマになりました。ぜひ注目していきましょう。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

おすすめ記事