【米国株】逆イールドの解消が進む。米株に不吉なシグナル。【10/6 マーケット見通し】

【米国株】逆イールドの解消が進む。米株に不吉なシグナル。【10/6 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

昨年、特に話題になった逆イールドについて取り上げます。ここ最近の長期金利上昇によって、10年-2年の逆イールドが解消に向かっています。まだマイナス圏ではありますが、こちらが解消に向かうと、過去の経験則では米国株式市場に不吉な兆候であることが知られています。

逆イールドの解消が進む

米10年-2年の逆イールドの縮小が進む

早速、現在のイールドカーブをご覧ください。左の図表は、10年-2年のイールドカーブです。2年の金利は5.03%で、10年の金利は4.72%ですので、現在は4.72%-5.03=-0.31%となっています。通常は、2年金利よりも10年金利が高い順イールドになります。

この逆イールドが発生したのが昨年6月でしたが、当時は景気後退のシグナルとして色々と話題になりました。しかし、ここ最近では逆イールドでもリセッションに入らないと言う方が多くなり、あまり取り上げられなくなってきました。。

現在は、逆イールドが一時期の-1%から今は解消に向かって-0.3%まで徐々に解消に向かっていることが左図表から分かります。

次に右をご覧ください。今回の逆イールドの解消が、過去と異なり特徴的なものになっています。1ヶ月前のイールドカーブと、今のイールドカーブを表したものですが、黄色のイールドカーブが1ヶ月前で、紫が今のイールドカーブです。こちらをご覧になって分かる通り、2年金利はほとんど上がっていません。一方で10年金利は大きく上昇しています。短期間で4.3%から4.7%まで上がって徐々に逆イールドが縮小しています。このことは、今後の見通しを語る上で大事なポイントになってきます。後ほどお伝えします。

10年-2年の逆イールド開始後、平均のリセッション開始は19ヶ月

次にこちらをご覧ください。過去の事例です。1980年以降、10年-2年で逆イールドが発生した時の状況です。下の図表の右をご覧ください。10年-2年の逆イールドが発生してから、左に書かれたリセッション開始日まで何ヶ月かかったかをまとめたものです。過去は、逆イールドが発生してから19ヶ月後にリセッションが発生しています。

今回は、22年6月に10年-2年の逆イールドが発生していますので、すでに約16ヶ月が経過したことになります。しかし、平均の19ヶ月はまだ経過していません。そのため、今後リセッションに入る可能性があります。リセッション回避論も多く聞かれますが、現実問題として、まだ過去平均の期間は過ぎていません。

では、もしリセッションが来るとすればいつ来るのでしょうか。過去のリセッションの共通点は、利下げに転じてからという事実です。今のFOMCの金融政策等を見ると、来年夏場まで利下げにならないという市場予想があります。これを踏まえると年内にリセッション入りというよりも、来年以降のリセッションの可能性が高いとマーケットは警戒している可能性があります。

逆イールド解消はなぜ危険信号なのか

逆イールド発生後の株価の動向

次はこちらをご覧ください。逆イールド発生後の株価動向です。1988年の逆イールド発生以来の4つのケースです。過去4回のケースで、S&P500の平均リターンは28.8%。逆イールドが発生したこと自体は不吉な兆候ではなく、逆リードが発生してからは株価が上昇しています。

逆イールドが発生してから株価がピークをつけるまでの平均年月は17.1ヶ月です。では、今回のケースではどうでしょうか。22年の6月に逆イールドが発生してから、株価のピークは23年の7月です。逆イールドから株価のピークまで13ヶ月で、過去の17ヶ月と比べると少し短くなっています。S&P500の上昇率は20.8%。こちらも28.8%と比べてやや低めになっています。

ただ、過去の平均と比べても大きく乖離はありません。逆イールド発生以降の株価の動き、ピークまでの期間は似通ったものではないかと思っています。

逆イールドの解消は株価の危険信号

冒頭、逆イールドの縮小が進むことは米国株にとって不吉なシグナルだとお伝えしました。こちらをご覧ください。青いチャートが10年-2年の金利差、黄色いチャートがS&P500、緑のチャートがFFレート、政策金利です。桃色の網掛けは、逆イールドが解消を始めてから株価のボトムまでの期間です。逆イールドの発生後からではなく、逆イールド解消が始まってから株価のボトムが訪れることを見ていただければと思います。

ピンクの箇所は、逆イールドが反転しています。まずはITバブル、2000年をご覧ください。青矢印で示した、10年-2年の金利差がボトムを打ってプラスに転じる箇所。それ以降、S&P500をご覧になっても分かるように、株価が大きく下落しています。どこで株価がボトムをつけたかというと、緑のFFレートが十分に下落しきったところです。

その間、逆イールドは解消して、順イールドがどんどん進むことが過去は起こってきました。同じようにリーマンショックの前、2007年以降をご覧ください。こちらも10年-2年の金利差がボトムをつけてから、一時期価格はまだ上がっていました。ですが、それから株価は下落に転じます。どこでボトムをつけるかというと、こちらもFFレートがほぼボトムをつけた時です。

次にコロナショック前をご覧ください。こちらも逆イールドが発生しました。順イールドに向かう最中に株価が下落するわけですが、この間もFFレートがゼロに近づくことで株価はボトムをつけています。

最後に、現状をご覧ください。1%近くまで10年-2年の金利差が広がっていたものが、今は-0.31%まで上昇してきています。まだ逆イールド自体、解消されていませんが、今の株価は過去と同じように下落に転じています。

一方、注目すべきは緑のFFレートです。先行き見通しとしては来年の途中ごろ、夏場ごろまで利下げがないとの見通しもあることから、緑のFFレートがボトムに向かって下がる見通しはできていません。過去の歴史になぞらえると、FFレートが高止まりするようであれば、株価の下落がダラダラと続くかもしれません。

米10年-2年の逆イールドの縮小は10年金利の上昇によるもの

また、冒頭で覚えておいてほしいとお伝えしましたが、今回の逆イールド-1%から-0.3%まで解消する過程において、2年金利が低下してきたというより、10年金利の上昇によって差が縮まってきています。

今回は、FFレートが下がることで2年金利が低下して逆イールドが解消するものとは異なります。しかも、まだまだFFレートが高止まりする可能性があります。これは、株価にマイナスの影響を与える可能性が非常に大きく、厳しい状況になる可能性があります。

本日は、逆イールドについて見ていただきました。去年6月に逆イールドが発生したときには、逆イールドが発生するとリセッションにつながるとよく言われていました。その後、FRBメンバー、いろいろな金融関係者からソフトランディング期待が示され株価は上伸してきました。

ただ、過去を振り返ると、逆イールドが発生後は株価が上昇しています。今回も今のところ同じです。逆イールド解消に向かう以降の方が、大きく株価が下落する傾向があります。株価がボトムをつけるのは、政策金利をしっかり下がり、十分に緩和的なスタンスになってからです。

まだまだ株価にとっては厳しい状況が続くと考えられます。金融政策に注目して、今後のマーケットをぜひ見ていただければと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要 …

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォン、パソコン、自動車などさまざまな分野で使用されてい …

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インド株式市場は、世界の投資家から大きな注目を集めています。若い労働人口の増加と旺盛な消費に支えられた力強い経 …

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

米国株の決算発表では好決算が続き、株価も好調に推移しています。先週、ナスダックは1.43%、ダウは1.14%、 …

ファミリーオフィスとは  〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ファミリーオフィスとは 〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ここ最近、「ファミリーオフィス」という言葉を、新聞や雑誌記事などで見かけることも多くなってきました。そこでは、 …

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

半導体製造の工程は、ウェーハ上に電子回路を形成する「前工程」と、完成したウェーハを個々のチップに分割し、外部と …

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈のカギを握る決算発表シーズンが始まりました。歴史的な賃上げと円安というコストアップ要因が企業にどの …

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

資産運用においては、金額に限らずマイナスになるのは、誰でも避けたいものです。ただし、資産の額が大きくなればなる …

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

半導体は現代社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしており、その複雑かつ高度な製造工程は、現代のテクノロジーの基 …

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

今週の米国の主要企業の決算発表を踏まえて、今後の米国株式市場の見通しについて解説します。 [ 目次 ]1 &n …

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

東証グロース市場250指数(グロース250)が年初来安値を更新するなど、グロース株の下落が目立っています。4月 …

【第1回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

近年、世界の株式市場の牽引役は間違いなく半導体企業でした。ただ、全ての半導体企業に対して広がった成長神話は、こ …

【第2回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

【第2回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

今回は、半導体業界を理解するために業界の概要と市場動向を見ていきます。 [ 目次 ]1 半導体業界の概要と市場 …

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

近年、日本企業の株主構成が変化し、外国人投資家の保有比率が増加傾向にある中で、企業に積極的に意見を述べるアクテ …

おすすめ記事