【米国株】米決算シーズン突入。今週の3つの注目ポイント【10/16 マーケット見通し】

【米国株】米決算シーズン突入。今週の3つの注目ポイント【10/16 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

10月13日から、アメリカの決算発表が本格的にスタートしました。今週の注目材料もアメリカの決算発表となりますが、それに加えて注目すべき3つのポイントをお伝えしたいと思います。特に中東情勢が不安定な中において、どういったところに注目すべきか、参考にしていただければと思います。ぜひ最後までご覧ください。

2つの株価動向に注目

地銀の株価動向に注目

まずご覧いただきたいのが、米地銀の株価動向です。13日、JPモルガン、シティグループ、ウェルズファーゴの決算発表がありました。ニュースでも報じられていますように、かなり決算内容としてはいい内容でした。預金も増えていましたし、純金利収入も増えています。特にJPモルガンは買収の効果が出て、すごく良い結果でした。また、引当も予想ほど増えていませんでしたので、大規模な金融機関は安定的な経営が続いていると確認できました。株価にはプラス材料です。

図表をご覧ください。黄色いチャートのJPモルガンです。金曜日はプラスで引けています。一方で気になるのが、青いチャートのKREです。こちらは地方銀行のETFですが、13日、2%近いマイナスで引けています。本来であれば、大手銀行の決算が良かったので連想的に地銀株も買われていい状況なのですが、やはり、最近の10年金利の大幅な上昇や政策金利の高止まり懸念によって、今後も預金の流出が続くのでなないかという点をマーケットは懸念しているようです。

17日にゴールドマンサックスの決算発表などが控えていますので注目ですが、今週はそれ以上に地銀、小規模銀行に注目が集まるのではないかと思っています。

まずは16日のチャールズシュワブです。前回、預金の流出が懸念されていた中、預金の流出が確認できなかったたことで株価上昇のきっかけになりました。今回も預金の流出について注目されるかと思います。

それ以上に注目されるのが19日、20日です。前回S&P500から格下げされたキーコップとコメリカの決算発表があります。その後も10年の金利はさらに上昇していますし、預金金利も上昇していますので、預金からMMFへの流出がどうなのか。さらには債券のマイナスでバランスシートが痛んでいないのか。貸倒引当が増えていないか。それによって商業不動産に対する融資態度はどうなるのかなどに注目です。米地銀ETFが今週末時点で下がっているようであれば、地銀の懸念材料があるということで、引き続き不安定な相場が続く可能性があります。大手の金融機関の決算発表に目が移りがちですが、今週はぜひ地銀の決算発表に注目していただきたいと思っています。

メガテックの株価動向に注目

次に2つ目のポイントです。メガテックの株価動向です。今週、メガテックの決算発表はなく、来週の24日にアルファベット、マイクロソフト、25日にメタ、26日にAmazonとなっています。Appleに関しましては11月2日です。

では、なぜ今週メガテック株価動向に注目するのでしょうか。下の左図表をご覧いただければと思います。13日、10年金利(黄色いチャート)が下落しています。なので、本来であれば、NASDAQ(青いチャート)は上昇すべきところでした。見てもわかる通り、10年金利が下がっているときはNASDAQが上がり、10年金利が上がっているときはNASDAQが下がる相関が続いていたわけですが、今回は金利が低下したにもかかわらず、NASDAQが1.24%下落しています。

さらに右の方をご覧ください。特にメガテックです。全部が全部ではありませんが、株価が指標よりも安くなっています。なぜそういう状況になったかというと、やはり中東情勢などで今後のマーケットの見通しに対する不透明感や、まだまだ金利が落ち着かないことも材料視されて、リスクオフになったのではないかと思われます。

S&P500の株価数は、Apple、マイクロソフト、アルファベット、Amazon、エヌビディアで時価総額4分の1を占めていますので来週の決算発表が注目されます。

ブルームバーグによりますと、5社の7~9月期の利益は、平均で前年比34%増が見込まれています。一方、それを除いたS&P500全体でいきますと約5%の減収となっています。S&P500を引っ張っていくのは、5社の決算発表になっており、さらに34%の増益が見込まれるということであれば、金利低下を受けて大きく上昇してもおかしくない状況ですが、下落しているということは、マーケットがリスクオフに向かっている可能性がありそうです。それがどうなるかを今週確認したいと思います。

さらに右下をご覧ください。株式市場に占める大手株、トップ7のPERは27倍。その他の銘柄の平均16倍を大きく上回っています。今年は株価が大きく上昇しました。ヘッジファンドやファンドの決算期は11月と12月期が多く、決算期に向けた利益確定の売りが出やすく、需給悪化が材料になりやすい時期でもあります。決算発表を控えたメガテックの動向に注目です。

金利動向にも引き続き注目

米国債入札に注目

最後に3つ目のポイントです。今週も引き続き金利動向に注目が必要です。今週も18日、20年債の入札が130億ドルを予定しています。11日、12日に10年債と30年債の入札がありましたが、共に不調でした。

赤い網掛けのように30年歳の入札が不調だった後は金利が大幅に上昇しています。その後、地政学リスクの対等によって金利は低下しましたが、今回も18日の20年債の入札が不調であれば、再び金利が上昇する可能性があります。

要人発言にも注目

先週も要人発言の中で、金利が高いことで政策金利の引き上げと同じ効果があるというコメントが多く聞かれました。裏を返すと金融当局者は、最近の長期金利の上昇に対して少し懸念を高めているようです。

今週も16日のハーカー総裁、17日のバーキン総裁、18日ウォラーFRB理事とクックFRB理事、19日のパウエル議長と20日のメスター総裁など要人発言が続きます。21日のブラックアウトに入る前ですので金利を大きく上昇させないようにおそらくハト派発言が続くと予想されます。

ただ、その中で20年債の入札がうまくいかないようであれば、金利が上昇するでしょう。金利上昇がきっかけで、リスクオフが続くようであれば、メガテックや米地銀の株も下落します。今週はこういった3つのポイントに注目していきたいと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要 …

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォン、パソコン、自動車などさまざまな分野で使用されてい …

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インド株式市場は、世界の投資家から大きな注目を集めています。若い労働人口の増加と旺盛な消費に支えられた力強い経 …

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

米国株の決算発表では好決算が続き、株価も好調に推移しています。先週、ナスダックは1.43%、ダウは1.14%、 …

ファミリーオフィスとは  〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ファミリーオフィスとは 〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ここ最近、「ファミリーオフィス」という言葉を、新聞や雑誌記事などで見かけることも多くなってきました。そこでは、 …

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

半導体製造の工程は、ウェーハ上に電子回路を形成する「前工程」と、完成したウェーハを個々のチップに分割し、外部と …

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈のカギを握る決算発表シーズンが始まりました。歴史的な賃上げと円安というコストアップ要因が企業にどの …

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

資産運用においては、金額に限らずマイナスになるのは、誰でも避けたいものです。ただし、資産の額が大きくなればなる …

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

半導体は現代社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしており、その複雑かつ高度な製造工程は、現代のテクノロジーの基 …

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

今週の米国の主要企業の決算発表を踏まえて、今後の米国株式市場の見通しについて解説します。 [ 目次 ]1 &n …

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

東証グロース市場250指数(グロース250)が年初来安値を更新するなど、グロース株の下落が目立っています。4月 …

【第1回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

近年、世界の株式市場の牽引役は間違いなく半導体企業でした。ただ、全ての半導体企業に対して広がった成長神話は、こ …

【第2回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

【第2回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

今回は、半導体業界を理解するために業界の概要と市場動向を見ていきます。 [ 目次 ]1 半導体業界の概要と市場 …

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

近年、日本企業の株主構成が変化し、外国人投資家の保有比率が増加傾向にある中で、企業に積極的に意見を述べるアクテ …

おすすめ記事