【米国債券】米国債への投資タイミングを見定めるポイントは?【10/18 マーケット見通し】

【米国債券】米国債への投資タイミングを見定めるポイントは?【10/18 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

本日は、米国債投資についてお伝えします。17日、米10年金利が4.85%を超えてきました。2週間前には4.88%まで上昇し、先週は4.6%前半まで低下。今週に入って、再び4.85%まで上昇しています。ここ2週間、債券のボラティリティが高い状況が続いています。

そんな中で米国債に投資をしたい方が、どういったタイミングで投資をすればいいのか。いろいろな意見がインターネットや記事で見かけられています。債券への投資を考える際、こういったところに注目してはいかがでしょうかということでお伝えしたいと思います。

債券、金利の見通しに影響を与えるのは、地政学リスク、需給環境、経済動向、政策金利など、いろいろなことがありますので、あくまでもその中の1つとしてお伝えしていきますので、参考にしていただければと思います。

ファンドマネージャー調査による金利見通し

FMSによると12ヶ月後の金利は低下する見通し

まずご覧いただきたいのは、バンク・オブ・アメリカのFMS(ファンド・マネージャー・サーベイ)です。機関投資家やファンド・マネージャーなどに調査を毎月行っているものですが、その調査の中で、今後12ヶ月金利がどうなるかを聞いたものが左の図表です。

23年の10月時点でファンド・マネージャーに聞いたところ、今後12ヶ月の金利は下がっているのではないかという回答が50%を超えています。

赤丸をご覧ください。過去の水準から見てもかなり高い割合で、専門家と言われているファンド・マネージャーが12ヶ月後、金利が低下すると見通していることがわかります。個人投資家から、債券を買って、金利低下にかけたいという話が出てくる理由がわかります。

ただ、こちらの資料だけを使って判断するのは避けるべきではないかと思います。1つ目の理由です。現在の水準は50%を超えており、高い水準ですが、しかし、チャートをご覧になって分かる通り、50%という水準がピークであるとの確証は取れません。過去のピークに赤丸をつけることは簡単ですが、今の水準は21年からいまだに上昇が続いている状態です。今後、60%、70%と上がってもおかしくありません。

また、仮にピークをつけたからといって過去4回においてピークアウトが金利低下を正しく当てたかというと、実はそうではありません。右をご覧ください。青いチャートは米10年金利を表しています。例えば左の図表で2008年の11月、2006年の8月にピークをつけた後、金利がどうなったかを調べたものです。

右の図表、緑の網掛けはピークをつけた後、1年後に金利が下がってたケースを緑の網掛け。黄色い網掛けはピークをつけたものの、1年後金利が上がっていたというケースです。

今回を含まない過去4回のピークをつけた後は、金利が上昇した、低下したというのが半々となっています。ファンド・マネージャーのこれから12ヶ月後金利で投資を判断するのは、実は危険かもしれません

FMSの見通しが正しかった条件は

ただ、ファンド・マネージャー・サーベイは使い方によって参考になる部分もあります。こちらをご覧ください。先ほどの10年金利に、黄色のFFレートを加えたものです。金利が低下した部分を緑の網掛けで、金利が上昇した、誤った判断が黄色網掛けです。

緑のファンド・マネージャー・サーベイがピークをつけた後、12ヶ月後に金利が下がる条件についてです。

黄色のFFレートをご覧ください。緑の矢印で示したFFレートのピークアウト後、利上げを停止したか、もしくは利下げに転じたか。過去2つの場合では、12ヶ月後の長期金利が低下しています。

一方で赤い矢印。FFレートの利下げが終了した後では、金利がこれ以上下がらないため、当然ながら金利が上昇します。今の状況では、今後も金利が上がっていくとは考えづらく、いずれ近い将来、利上げ停止が終わります。ですから、緑の方に近いことになります。

ファンド・マネージャーのサーベイ自体は今後の金利低下を予想しています。そこに近しい結果が出る可能性がありますが、全てにおいては、利上げの停止がある、もしくは利下げになっていかないと、12ヶ月後の長期金利の低下は予測できないと分かってきました。

今後の政策金利の見通し

米小売売上高で消費は底堅く推移

では、今置かれている状況はどうなのでしょうか。こちらをご覧ください。

17日、米小売売上高の発表がありました。17日に発表された9月の小売売上高の名目値は、前月比で0.7%増。市場予想の0.3%を大きく上回る結果になりました。前月の数字も、前月比で0.8%。0.6%から上方修正されています。9月の名目小売売上高も、前年同月比で3.75%。名目値で言っても、かなり小売は堅調です。

さらにインフレ調整後の実質小売売上高は、前月比でプラス0.3%となっています。こちらの実質小売売上高が低下するようなことがあれば、その後リセッションとなることは再三お伝えしてきました。

高いインフレの状況においても、それを上回る消費があるということは、個人消費がまだまだ堅調だといえます。これだけ抑制的な金融政策の下においても、未だに経済が強いといえそうです。

政策金利の見通しはまだまだ不確実

次に、FFレートの先物見通しです。こちらは12月時点を表しています。今の状態の金利据え置きが58%。一方で、利上げがあるのではというのが38%。1週間前から約10%利上げ予想が増えてきている状況です。

小売統計や、最近の中東情勢で上昇している原油価格高騰などの影響で、年内の利上げについての判断がマーケットもまだまだできていないと分かります。

12ヶ月後の長期金利の動向を見極めるには、政策金利の打ち止め、もしくは低下、引き下げが大事になります。とはいえ小売や原油の状況を見ると、まだまだ判断できません。この状況から考えると、長期金利が再び上昇に転じ続けてもおかしくないと思っています。

FMは米国債に極端なロングポジションを構築

さらに、バンク・オブ・アメリカのファンド・マネージャー・サーベイの中にある、どういったポジションを取っているかを聞いたものをご覧ください。

債券がかなり大きく買われています。12ヶ月後の金利低下を見越して、債券を大量に買っていたことになります。政策金利が利上げを続けなければならなくなると、10年金利はおそらく上昇を続けます。そうなると、債券のロングポジションを閉じなければならなくなり、金利上昇がまだ続く可能性があります。

米国債の需給改善要因にも利上げが重要な理由

最後に、こちらをご覧ください。来年の米国債の需給悪化などによって、金利が5%を超えて大きく上昇するとの話も聞かれます。皆さんに、状況を踏まえて知っておいていただきたいことがあります。

左の図表をご覧ください。来年米国債の増発が予定されることで、需給が悪化し、金利が上昇するのではとマーケットでは懸念されています。

黄色い棒グラフが2024年の発行額です。棒グラフを見ると、23年比で20%以上上昇しているものもあります。来年以降は需給悪化が懸念されています。その意味では、長期金利の上昇が十分に考えられます。

ただ、米国債の増発による需給悪化にも、利上げは大きく影響してきます。右の図表をご覧ください。赤い縦の棒線は、左の方が利上げ停止前、右の方が利上げ停止後です。利上げ停止前と停止後を比べると、利上げ停止が見えてくると米国債に関する需要が増えてくることが、濃い青線から分かっていただけるかと思います。

基本的には、利上げ停止前は米国債への需要が弱まっていますが、利上げ停止が確定した後は、米国債に18ヶ月まで資金流入が増加してくることが分かります。

米国債の増発による金利上昇の懸念についても、利上げの停止がある程度行われれば、米国債の資金流入があるということで、増発に対する資金流入をお互いに相殺し合う形で、長期金利はある程度上限が見えてきます。さらに、利上げの停止ということは、金利の低下につながる傾向もあります。

経済の動向、原油動向、インフレ動向によって、11月、12月のFOMCで利上げがあるのかどうか、来年以降も本当に利上げがないのかどうかは、マーケットが非常に注目しています。米国債への流入がどうなるのか。それによって金利が下がるようであれば、株式市場にとってはプラスにもなってきます。政策金利、長期金利がどうなのかは、マーケットを動かす一番大きな材料になっています。引き続き、注目していきましょう。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要 …

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォン、パソコン、自動車などさまざまな分野で使用されてい …

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インド株式市場は、世界の投資家から大きな注目を集めています。若い労働人口の増加と旺盛な消費に支えられた力強い経 …

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

米国株の決算発表では好決算が続き、株価も好調に推移しています。先週、ナスダックは1.43%、ダウは1.14%、 …

ファミリーオフィスとは  〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ファミリーオフィスとは 〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ここ最近、「ファミリーオフィス」という言葉を、新聞や雑誌記事などで見かけることも多くなってきました。そこでは、 …

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

半導体製造の工程は、ウェーハ上に電子回路を形成する「前工程」と、完成したウェーハを個々のチップに分割し、外部と …

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈のカギを握る決算発表シーズンが始まりました。歴史的な賃上げと円安というコストアップ要因が企業にどの …

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

資産運用においては、金額に限らずマイナスになるのは、誰でも避けたいものです。ただし、資産の額が大きくなればなる …

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

半導体は現代社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしており、その複雑かつ高度な製造工程は、現代のテクノロジーの基 …

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

今週の米国の主要企業の決算発表を踏まえて、今後の米国株式市場の見通しについて解説します。 [ 目次 ]1 &n …

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

東証グロース市場250指数(グロース250)が年初来安値を更新するなど、グロース株の下落が目立っています。4月 …

【第1回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

近年、世界の株式市場の牽引役は間違いなく半導体企業でした。ただ、全ての半導体企業に対して広がった成長神話は、こ …

【第2回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

【第2回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

今回は、半導体業界を理解するために業界の概要と市場動向を見ていきます。 [ 目次 ]1 半導体業界の概要と市場 …

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

近年、日本企業の株主構成が変化し、外国人投資家の保有比率が増加傾向にある中で、企業に積極的に意見を述べるアクテ …

おすすめ記事