【米国株】‌3Q決算発表を半数が終了。今後の株価見通しへの影響について【11/1 マーケット見通し】

【米国株】‌3Q決算発表を半数が終了。今後の株価見通しへの影響について【11/1 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

10月27日時点で、S&P500の約半数の企業が第3Qの決算発表を終えました。この結果を見ながら、今後の株価に与える影響について見ていきたいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

2023年2Q決算概要

約半数の決算発表が進む

まずは第3Qの決算について見ていきたいと思います。S&P500の約49%の企業が第3四半期収益結果を発表しています。予想EPAを78%の企業が上回っています。この78%というのは、ほぼいつもの平均ぐらいです。

ポイントは、前年比に対して+2.7%伸びていることです。S&P500は、9月末時点では第3Q、前年比で-0.3%で、今回までマイナス成長が続くことが予想されていました。その中でのプラス2.7%ですから、いよいよプラスに転じたということで、本来であれば株価が大きく上昇してもおかしくない状況です。

EPSが上昇した状況にもかかわらず、株価がなぜ上がってないのでしょうか。金利が高いことに加え、EPS予想に関して、今後はどうなのかにマーケットの注目が集まっているためです。

24年のガイダンスはやや下方修正へ

こちらをご覧ください。24年のガイダンスが下方修正になってきているところがポイントです。右の方をご覧ください。こちらはファクトセットが出した資料です。上が24年のEPS予想で、下が23年のEPS予想です。

m

1つ目のポイントです。6月末のEPS予想と、今の時点はほぼほぼ横ばい。上がっていないことに加え、徐々に低下し始めています。24年のEPS予想は23年に対してプラス12.2%まで大きく上昇すると思われていたのが、今回11.9%パーセントの伸び。やや鈍化する見通しです。

11.9%も伸びるのであれば、EPSが成長しているから株価は上がるとマーケットでは捉えられるかもしれません。ただ、11.9%はボトムアップの数字です。各企業のアナリストが出したEPS予想を集計したものですが、マーケットの変化につれて遅行して出てきます。現時点での-11.9%は、今後まだ下方修正される可能性があります。

なぜそう捉えているかが左の図表です。茶色いチャートは、S&P500のリビジョンインデックスです。企業業績が予想より上方修正するか、下方修正するかを割合で表したものは、現在-10%となっています。下方修正の企業が多くなっていることを示しています。

ポイントになるのは、下方修正の企業が増えてきていることです。青いチャートのS&P500の昨年比での株価動向は本来相関性が高いため、マイナスになってもおかしくありません。そこがマーケットに対する重しになっています。

さらに、リビジョンインデックスが下がってくると、いずれファクトセット24年度見通しがさらに下に押してくるのではないかということで、11.9%もさらに低下してくるのではとマーケットには懸念されています。

企業の業績見通しから、EPSが今後鈍くなってくるのではということが、マーケットでの懸念材料となっています。23年の第3Qの結果が良くても、今後株価が重たくなっている状況です。

経済指標の変化の兆し

GDPの見通しも低下する可能性

こういった企業のミクロの業績だけではなく、マクロの面、GDPの面においても少し懸念が出てきています。こちらは、GDP予想が出てから、結果が出るまでの推移を表したものです。例えば前回の第3Qでは、2%成長しないかという年率換算だったものが、終わってみると4.9%となるプラスのサプライズになりました。

昨年の10月以降は、GDPがどんどん尻上がりに上がるような傾向でした。その間は、株価は全体的には右肩上がりです。

一方で、昨年の10月までの前半部分は株価が大きく下がった局面でしたが、そういった時にはやはりGDPが下がっています。

今回の第4Qに関しましては、緑の点で示したように予想では年換算1.6%でスタートしましたが、赤い点線の矢印のように今後下がってくるのではと言われています。

その背景には、前回の第3Qの年率4.9%と大きく伸びたGDPに、個人消費が大きく寄与したわけですが、個人消費においても、耐久材、ものを買うよりも体験にお金が使われたことで、旅行や観光などが大きく個人消費に寄与しました。ですが、マーケットはこの水準が長く続かないのではと思っています。

今後の消費減速が懸念される理由

なぜ長く続かないと思っているのでしょうか。背景には、超過貯蓄の減少があります。コロナショックが始まって仕事を失った人のために、政府が給付金という形でお金を大量に供給したわけですが、そこで貯め込まれたお金が超過貯蓄です。この超過貯蓄が今後なくなっていくと言われています。

例えばJ.P.モルガンは、10月~11月にこれがゼロになる、コロナショック前の水準に戻るとしています。各地方連銀によりますと、来年の1月~2月頃にはなくなるとしています。ばらけてはいるものの、近い将来コロナの後の給付金による超過貯蓄がゼロに近づくと言われています。

では、現在も超過貯蓄が残っているのはどういった層なのでしょうか。左の図表、トップ1%と2%~20%の赤と青の人たちが、超過貯蓄が残っている状況であることがわかります。20%以下のグレー以下の80%の人たちは、長期貯蓄がなくなった、もしくは既にマイナスになっている状況です。国民の80%がコロナ以降の超過貯蓄がない状態になっていることがわかります。

では、トップ20%の人たちがGDPの70%を占める個人消費に対して、どれだけのインパクトがあるのでしょうか。右の図表をご覧ください。トップ20%の人たちの消費に対するインパクトは38.5%。こういった超過貯蓄を持った人たちが、まだまだ消費に対して約40%近く影響を持っています。そういった意味では、GDPはある程度堅調に推移することが予想されます。

一方で、残りの62%の人たちは超過貯蓄がない状況です。普通の所得の中から消費に当てていくことを考えると、前回のようなGDPが期待できないため、GDPの1.6%が本当に維持できるのでしょうか。

GDPが下がっていくことは、企業業績に与える影響が非常に大きいです。GDPが下がり続けるようであれば、企業業績、EPSはさらに下方修正されるのではというのが、懸念材料になっています。

注目の四半期定例入札

最後にこちらをご覧ください。1日のFOMCに注目が集まっていますが、それと同程度、もしくはそれ以上とニュースで言われているのが、四半期の定例入札です。

これはアメリカの財務省が3ヶ月国債を発行して、お金をどれだけ調達するかを発表するものです。前回8月1日に発表されたとき、予想よりも多くの国債で調達するとのニュースが流れ、需給悪化から金利が上昇しました。

今回も、前回より増えるとマーケットは理解しています。今回の予想中央値が前回の1,030億ドルから1,140億ドルに増えると予想されています。ただ、これがどうなるのかは蓋を開けてみないとわかりません。1,140億を単純に上回り、それだけ国債が大量に発行され、アメリカではQTが進んでいるという状況になると、需給の悪化で長期が上昇することにも繋がってきます。

また、今回税収が増えているため、1,140億ドルを超えないような少ない額を出してくるのではないかと、マーケットはどこかで思っているところがあります。それを裏切るような結果になると、意外と金利は上がる可能性があります。EPSの低下だけではなく、再び金利が上昇して圧迫する可能性があることには、注意が必要だと思っています。

下の図表は、10年金利を表したものが青いチャートです。10年金利が上がっていくと、黄色いチャートのフィナンシャル・コンディション・インデックスが上に行くとタイトニング、引き締め効果が出てくることが知られています。

10年金利が需給悪化で上がると、パラレルに動いているフィナンシャル・コンディション・インデックスも当然上がります。上昇した去年の10月、今年の1月、今年の3月の局面は株価が下がったことも皆さんの記憶に新しいと思います。コンディションがタイトニングしてくると、株価は下がりやすい状況になります。青いチャートが上昇すると、株価にもマイナスの影響があり、EPSも下方修正となるとなおさらということになりますので、注意が必要です。

さらに白いチャートは、アメリカのドルインデックスです。ドルが他の通貨に対して、上に行けば強い、下に行けば弱いことになるのですが、ご覧になっての通り、10年金利は同じような動きをします。四半期の定例入札で大きな金額が出てきて、10年金利が上がり、ドルインデックスが上がります。ドルインデックスが上がると、アメリカの企業は海外の売上が大きいですから、ドル換算すると利益が下がるということで、株価のEPSがさらに下がることにも繋がります。ドル高というのは、もしかしたら業績にもマイナスの影響があることには注意が必要です。

本日は、FOMCに注目が集まる中で約50%が終わったS&P500の企業業績と、今後のガイナンスから、どこに注目すべきかをお伝えしてきました。第3Qの決算発表については良好ですが、これから12ヶ月の予想に関しては、現時点で少し今までの予想を下回る結果になってきています。それが下方修正になるような環境が揃っているということで、マーケットは少し警戒感を高めている状況です。

2日には四半期の定例入札額が発表されます。金利が上がるようであれば、EPSの低下、PERの低下にも繋がります。注目していきましょう。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日米金利差が招く円安リスク〜日本経済への影響と日銀の舵取り〜 今後の見通しと注目ポイント

日米金利差が招く円安リスク〜日本経済への影響と日銀の舵取り〜 今後の見通しと注目ポイント

1990年6月以来、34年ぶりの1ドル=154円台に到達した力強い動きが続く米ドル円の今後の見通しは? [ 目 …

原油価格の高騰がインフレ再燃の引き金に?米国経済への影響は

原油価格の高騰がインフレ再燃の引き金に?米国経済への影響は

原油価格が再び上昇傾向にあり、米国を中心にインフレ再燃への懸念が高まっています。2022年後半から下落傾向にあ …

【米国株】‌‌米大手金融機関が決算悪化。今後への影響が大きそうだと思われる理由。【4/15 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米大手金融機関が決算悪化。今後への影響が大きそうだと思われる理由。【4/15 マーケット見通し】

12日からアメリカの決算発表がスタートし、アメリカのJPモルガン、シティグループ、ウェルズ・ファーゴなど大手金 …

金価格が史上最高値を更新!急騰の背景と今後の見通しを解説

金価格が史上最高値を更新!急騰の背景と今後の見通しを解説

金(ゴールド)の国際価格が急上昇し、1トロイオンスあたり2,300ドルを超える史上最高値を記録しました。金は従 …

日経VI:今後の日経平均や株式市場への影響と注意点

日経VI:今後の日経平均や株式市場への影響と注意点

最近、中東情勢の緊張と原油価格の上昇によってリスクオフムードが高まり、日経平均ボラティリティ・インデックス(日 …

【米国株】‌今週末から米国企業決算が本格的にスタート。S&P500の現状分析と注目点。【4/8 マーケット見通し】

【米国株】‌今週末から米国企業決算が本格的にスタート。S&P500の現状分析と注目点。【4/8 マーケット見通し】

本日のテーマは米国株です。12日から米国金融機関を中心に、2024年度第1Qの決算発表がスタートします。 今年 …

【2024年最新】NISA口座開設・利用状況から見える投資家動向 

【2024年最新】NISA口座開設・利用状況から見える投資家動向 

2024年に入ってから、NISA(少額投資非課税制度)の利用が大幅に拡大しました。本記事ではまず、NISA口座 …

バブル期の高値を更新し、44%の上昇率を記録した日経平均株価:2023年度のマーケットを振り返る

バブル期の高値を更新し、44%の上昇率を記録した日経平均株価:2023年度のマーケットを振り返る

2024年4月から新年度に入りました。2023年度のマーケットを振り返ると、改めて日本の株式市場は記録的な1年 …

【米国株投資】‌なぜ今年は米国小型株に注目する人が多いのか?【4/1 マーケット見通し】

【米国株投資】‌なぜ今年は米国小型株に注目する人が多いのか?【4/1 マーケット見通し】

本日は、米国株投資を取り上げます。今年に入り、米国小型株、ラッセル2000に注目する人が増えています。最近は、 …

【米国債券投資】‌6月利下げの可能性が高まる中、利下げ開始後の債券ETF投資戦略について【3/25 マーケット見通し】

【米国債券投資】‌6月利下げの可能性が高まる中、利下げ開始後の債券ETF投資戦略について【3/25 マーケット見通し】

先週のFOMCを受け、6月の利上げ可能性が高まってきました。その影響で、今後の長期金利低下などが期待される中で …

【米国株】‌いよいよ米国経済に変調の兆し。3月FOMCが米国株へ与える影響に注意【3/18 マーケット見通し】

【米国株】‌いよいよ米国経済に変調の兆し。3月FOMCが米国株へ与える影響に注意【3/18 マーケット見通し】

先週の経済指標のいくつかは、アメリカの経済に、いよいよ変調の兆しがありと考えさせられるものでした。本日は、先週 …

【米国株】‌米国の雇用は本当に強いのか?それとも弱いのか?株価に与える影響大【3/11 マーケット見通し】

【米国株】‌米国の雇用は本当に強いのか?それとも弱いのか?株価に与える影響大【3/11 マーケット見通し】

先週金曜日、アメリカの雇用統計が発表されました。それ以外にも、先週は、JOLTSやISM非製造業の雇用など、雇 …

【米国株】‌堅調な米国株式相場。目先の市場リスク要因は?【3/4 マーケット見通し】

【米国株】‌堅調な米国株式相場。目先の市場リスク要因は?【3/4 マーケット見通し】

本日は堅調に推移する米国株式市場ですが、目先にある市場リスクについて考えてみたいと思います。 先週までの企業決 …

【米国REIT】‌商業不動産への懸念がある中、今後の米REITの見通しについて【2/26マーケット見通し】

【米国REIT】‌商業不動産への懸念がある中、今後の米REITの見通しについて【2/26マーケット見通し】

本日は、米国REITを取り上げます。ここ最近はアメリカの株式市場が強く、債券やREITへの注目が薄れがちです。 …

【米国株】‌米国投資家が2024年に債券投資を検討しておくべき理由【2/19 マーケット見通し】

【米国株】‌米国投資家が2024年に債券投資を検討しておくべき理由【2/19 マーケット見通し】

本日のテーマは、『米国株投資家が2024年に米国債投資を検討しておくべき理由』です。 昨年から今年にかけて、米 …

おすすめ記事