【米国株】‌米11月CPIは高止まり。利下げ期待への影響は?【12/13 マーケット見通し】

【米国株】‌米11月CPIは高止まり。利下げ期待への影響は?【12/13 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

本日のテーマは、昨日発表された米11月のCPIです。物価に関する指標ですが、高止まりしています。今後の米利下げ観測への影響について見ていきたいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

米国12月CPIの結果は高止まり

米12月CPIほぼ予想通り

こちらをご覧ください。まずCPIとコアCPIについて見ていきたいと思います。結論から言いますと、市場のほぼ予想通りのサプライズなしということで、マーケットが大きく動くことはありませんでした。

CPIはエネルギーを含みますが、前年比3.1%で予想は変わらず、前回からやや低下となっています。一方、前月比で見ると、前回が0%で横ばいだったものが+0.1%でした。予想も横ばいでしたので、やや上昇となっていますが、前月比で急激に伸びた一時期と比べると少し落ち着いてきていることから、インフレが進んでいる印象は持たれませんでした。

次にFRBが注目しているコアCPIです。前年比で+4%と変わらずです。一方で、コアCPIは前月比で前回が0.2%に対し、今回は0.3%。予想も0.3%でしたので、予想通りとなります。

やや前回よりも上がっていますが、一時期0.5%を軽く超えるような前月比だったところから比べると、やや落ち着きが見られます。そのためマーケットとしては、いい、悪いの判断材料とするのは難しい状況でした。

次に、マーケットが今後どういったところに注目しているか、2つの数字をご覧いただきたいと思います。

サービスインフレが高止まり

1つ目はサービスインフレです。CPIから財を抜いて、サービスに絞ったものです。サービスインフレはFRBが注目していますし、パウエル議長も「サービスインフレが高止まりしていることは、金融政策を高く長くしている背景にある」と言っています。ですから、サービスインフレがどうかを確認することが重要となります。

サービスインフレの中には、住宅が大きな割合として入っています。住宅のコストが上がっていく状況においては、サービスインフレが高いことになります。現状は、サービスインフレがまだまだ高止まりしていることが分かりました。FRBが利下げを正当化するには、今回の内容は少し及ばなかったと思っています。

下のチャート、青で示したコアのCPIは3ヶ月の平均を年換算したものです。まず、コアのCPIは年率換算で上昇しています。一方、赤い部分のGoodsはサービスを除くと下がってきています。では、何が一番上がってきているかというと、サービスです。サービスの価格がすごく上昇しており、一時期は3ヶ月の年間算でマイナスになった時期もありました。ただ、現在は再び5%を超える水準になっています。

この数字はFRBも理解しているわけですから、これを見て利下げが正当化できる状況ではないというのが1つ目です。

スーパーコアCPIは未だに高い水準

次に、こちらをご覧ください。サービスインフレの中から住宅を除いたスーパーコアにも、FRBはかなり注目しています。

スーパーコアというのは、サービスのCPIからエネルギーサービス、住宅などを抜いたものです。この価格が上がってくるようであれば、なかなか利下げに転じることができないということで、投資関係者はスーパーコアに非常に注目しています。結論から言えば、スーパーコアのCPIは、FRBの早期利下げを根強く正当化できる状況にはありませんでした。

前年比で+4.08%、前月比で+0.5%ということで、先ほどまでのCPIやコアのCPIを見ると、前月比の部分が少し落ち着いてきたイメージがあると思います。スーパーコアに関しては高止まりしているというか、一時期の沈静化から再び上昇傾向にあるようです。サービス価格で、インフレが続いていることが確認できました。

さらにスーパーコアを3ヶ月年率換算で見ると、5.2%と大きく上昇しています。なかなか鎮静化できていないことから、利下げを行うのが難しい状況にあると言えます。

スーパーコアは住宅を除くものですから、名目労働コストが上昇すると、スーパーコアが上がりやすい傾向があります。スーパーコアを下げるとなれば、労働コストが低下しなければなりません。しかし、先週の雇用統計、最近の雇用状況を見ると、まだまだ堅調な状況ですから、スーパーコアが大きく低下するまでには時間がかかると、マーケットは感じ取ったはずです。利下げが3月よりも後ろに倒れると感じ取った中で13日のFOMCを迎え、ヒントを探る状況になっています。

この状況の中で利下げ先送りのニュアンスが伝わってくれば、マーケットが動く可能性があるやもしれません。ぜひ理解していただければと思います。

今後の金融政策への影響

CPIの結果を受けた金利動向

次に、CPIの結果を受けた金利動向です。以前の記事でもお伝えしたように、CPIやFOMC後の2年と10年の金利の動きを見ると、マーケットの捉え方が分かります。

青いチャートが2年金利で、黄色いチャートが10年金利です。CPIの発表後、インフレが高止まりということで利下げの先送りが予想され、金利が上昇しました。その後、2年金利はほぼ横ばいで終わりましたが、10年金利は下降傾向があります。

この背景は、2年金利は政策金利の影響を受けやすいため、利下げが先送りになる可能性が高いと考えられています。また、FOMCで出てくることを控え、金利が上昇して終えています。一方で、10年金利は景況感や受給の影響を受けやすいため下がっています。

なぜ10年金利が下がったかと言いますと、今週の注目の1つである米国債の入札が関連しています。11~12日に行われた3年、10年、30年の米国債の入札では、応札倍率が前回を上回る、かなり活発な応札が行われました。金利も事前予想と変わらずであったため、サプライズはありませんでした。

CPIの結果を色濃く反映したのは2年金利ですから、13日のFOMCに注目が移っている状況です。

CPIの結果を受けてFOMCの最重要ポイント

それを受けて、今晩のFOMCはどこに注目すべきなのでしょうか。コアPCEに対し、24年の2.6、25年の2.3に対し、大きく下げることができるかといえば、大きく下げられない可能性がありそうです。ここに対してあまり下げないということは、物価の沈静化に対して自信が持てていないことになります。そうなれば、フェデラル・ファンド・レートは5.1から下がるでしょうが、市場予想の4.6以下の実現は難しくなります。

12日のCPIを受けても、PCEがしっかりと下がる自信があり、利下げが可能であるという自信を持っている場合、FRBはインフレに対する対応がうまくいくと思っていることとなります。

数字があまり変わらない、上方修正となれば、マーケットにとってはサプライズになります。利下げ、利上げを行わなかったかだけでなく、SEPをしっかりとご覧いただければと思います。

12日のCPIを受け、今後の金融政策にどういう影響を与えるかを確認しました。スーパーコア、サービスのインフレを見ると、まだまだ鎮静化できていないことが分かりました。スーパーコアは、名目の労働賃金が下がらない限り、なかなか下がりません。現状のある程度強い経済が維持されているから、金融政策を緩和することは難しいと判断されれば、来年のソフトランディングシナリオにも影響が出てくる可能性があります。

ぜひ13日のパウエル議長の発言、SEPの中身をしっかり確認し、来年の投資戦略に役立てていただければと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

おすすめ記事