【米国株】‌ソフトランディングがさほど容易でない理由【12/18 マーケット見通し】

【米国株】‌ソフトランディングがさほど容易でない理由【12/18 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

本日のテーマは、市場が考えているほどソフトランディングがさほど容易でない理由をお伝えします。

13日にFOMCが開催され、パウエル議長からタカ派的な発言があり、市場では楽観的なムードが漂っています。金曜日には楽観ムードを打ち消すような形で、ニューヨーク連邦銀行のウィリアムズ総裁が、利下げについて深くは話していないと述べました。また、利下げが3月に起こる可能性は低いとも指摘しました。さらに、ボスティック総裁は、利下げが行われるとすれば、7月か9月ではないかとの見方を示しています。

市場の楽観ムードに対して、金融政策の方向性はまだまだ定まっていない状況のようです。そして、実際には、現在の金融政策を見ているとソフトランディングを達成するのが容易ではないように感じます。これについて、実際の金利データなどを用いて簡単に説明してたいと思います。

実質金利に注目すべき理由

24年末まで米国の実質金利は高止まりする懸念

今回ご紹介するのは、米実質金利が高止まりすることで、経済がひっ迫というお話です。本日ご紹介する実質金利とは、米政策金利の予想中間値からコアPCEの予想中間値を差し引いたもので、こちらが高止まりすると株式市場は圧迫されます。

今回、今の経済状況が今後厳しくなる可能性を説明するために、経済見通しのFFレートからコアPCEの予想中間値を引いた実質金利を使用します。

FFレートが高くなり、物価が低下することでコアPCEが下がると、実質金利は高くなってしまい、経済をひっ迫させることに繋がります。これがFRBの一番の懸念材料であると考えられます。今回政策転換を考えた理由は、実質金利が高止まりしているからだと言われています。

実際、FOMCが開催された前日12日に、元FRB議長であるイエレン財務長官は、「実質金利の上昇がFRBの金利軌道決定に影響する可能性も」とコメントしています。現在の実質金利が高いため、FFレートの予想中間値を引き下げることで、実質金利を下げるように政策を決めるかもしれないとコメントしたのです。

ボスティック総裁の発言の意味

その背景のヒントになるのは、夏前のボスティック総裁による発言です。「インフレ鈍化に伴い、実質金利が上昇するため、金融政策は事実上一段と引き締まる」というものでした。これは実質政策金利が潜在成長率(1.18%程度)を上回った場合、経済を圧迫し、想定以上の景気減速リスクを高めることを示しています。

では、現在のFFレートの予想中間値とコアPCEの予想中間値を引いた、実質金利の中間値はどうなっているのでしょうか。青い棒グラフが9月時点でのデータ、濃い紺色が12月のデータを示しています。

9月時点での2023年実質金利予想は1.9%、2024年は2.5%、2025年には1.6%に下がると想定されていました。しかし、予想以上に物価が下がったことにより、2023年の実質金利は2.2%まで上昇しています。この状態が続くと経済に大きな圧力を与えることが予想されます。そこで、FRBはFFレートの予想中間値を3回の利下げとし、PCEも低下するということで、実質金利が2.2%まで下がるとの予想に変わっています。これにより、2023年の同じ水準に戻っています。

ただ、23年、24年、25年もそうですが、潜在成長率の1.18%を大きく上回る状態が続くため、経済に対して抑圧的な金融政策を行っています。そのためFRBのメンバーは、経済が想定以上に減速するリスクが高まっていることを意識しています。

パウエル議長がソフトランディングに自信を示しつつも、ハードランディングの可能性についても言及した背景には、FRBの政策の実質金利が潜在成長率を大きく上回っていることがあります。

今後の焦点は引き締め的な金融政策の経済の与える影響度合い

潜在成長率で考える

次のチャートでは、1985年以降の潜在成長率を赤線で示しています。1985年以降、製材成長率は徐々に低下しており、リーマンショック以降、潜在成長率は大きく低下しています。

過去の実質金利(FFレートの中間値-PCEコアデータの中間値を引いたもの)を見ると、潜在成長率を上回った後、景気後退が遅れてきています。抑制的な金融政策を取っているわけですから、景気減速の影響が生まれ、グレーの網掛けで景気後退になっています。2000年やリーマンショック時も、潜在成長率を大きく上回る金融政策が景気後退を引き起こしたと考えられています。

では、現在の経済状況はどうなのでしょうか。潜在成長率1.18%に対して、実質金利が2.5%近くになっていますから、潜在成長率を大きく上回っています。2024年も、2%を超える水準が想定されています。過去の例を見ると景気後退が起こりうる、高い水準にあります。

実質金利が潜在成長率を超えてくると

FRBの実質金利とコアPCEの推測からは、現在取られている金融政策が非常に抑制的であり、リセッション(経済の後退)が起こり得る状況にあることが理解できます。パウエル議長は記者会見で、ソフトランディングに自信を示しつつも、ハードランディングの可能性についても言及しました。

これまではFFレートが高止まりしたことで抑制的な経済政策を取ってきました。インフレが少し落ち着いてきたため、経済を優先してFFレートを下げる動きがあるものの、来年も洗剤成長を上回る抑制的な金融政策を取り続ける中で、ソフトランディングが達成されるかどうかは、今後の経済指標を見て判断する必要があります。

市場ではソフトランディングありきのシナリオが考えられていますが、今後、経済指標をしっかりと見て、その判断を行うことが重要です。年末にかけて商いが薄くなってきていますが、来年にかけての経済動向を注視していただければと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

おすすめ記事