【米国株】‌年始から上昇している米国の長期金利は今後低下してくるのか?【1/9 マーケット見通し】

【米国株】‌年始から上昇している米国の長期金利は今後低下してくるのか?【1/9 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

年初以降、アメリカの長期金利が落ち着かない印象です。特に雇用統計やISM非製造業指数が発表されてからの金利の動きからは、少し不思議な感じを受けています。株式市場にも大きな影響を与える金利が今後どうなるのかを確認したいと思います。

米国雇用にやや気になる点

11月JOLTSは賃金の落ち着きを示す内容

雇用統計の前に、3日のJOLTS(米求人件数)をご覧ください。11月のJOLTSは、賃金の落ち着きを示す内容でした。求人数が879万人と市場予想の882万人を下回っています。アメリカの求人が減っているということは、賃金が大きく上昇するような逼迫した状況ではないことがわかりました。

離職者の数も、先月の563万人から534万人まで減っていますし、自発的な離職者は362万人から347万人に減っています。新しい職場に移れば、給料が上がることをモチベーションに離職する人が減ってきていることがわかります。賃金の上昇がある程度落ち着いてきたこととなり、本来は長期金利が低下してもおかしくないですが、あまり材料視されませんでした。

雇用統計はまちまちの内容

次にこちらをご覧ください。5日に発表された雇用統計には、マーケットの注目が集まっていました。JOLTSの賃金上昇を裏付けるような内容だったかを確認するためです。結果としては、雇用統計が早期利下げを正当化するには至らなかった印象です。

まず非農業者部門の雇用者数をご覧ください。12月の結果は21.6万人と、市場予想の17.5万人を上回る結果です。これだけを見れば非常に雇用が強いですが、11月に2.6万人、10月に4.5万人の下方修正が入り、合計では7.1万人減となっています。12月の結果と合わせると、プラスマイナス0の印象があります。

次に家計調査をご覧ください。失業率は3.7%(前回3.7%)と、市場予想の3.8%を下回りました。労働参加率も62.8%から62.5%と、3年ぶりに低下しています。労働参加率が減っており、失業率が低いままということを考えると、利下げを正当化する内容ではなかった印象がありました。

平均時給はやや上昇も

ただ、平均受給を見ていくと少し面白いことがわかります。前月比の平均時給は34.27ドルと、前月から+0.43%となっており、前月の+0.35%と比べると増加していることがわかりました。

前年比では4.1%(前月の3.96%)と、こちらも増加しています。このように平均時給が上がっていることが、今回の家計調査からはわかりました。

賃金上昇が収まってきているとのJOLTSから受けた印象に対し、異なる印象を持つ方が多いと思いますが、UAW(自動車会社を中心とした賃上げ交渉)が終わり、結果を反映すると賃金が上昇したと言われています。そのため、賃金上昇は一過性のものではないかと思われます。

さらに細かく確認しましょう。フルタイムワーカーの雇用が減少しており、2020年4月以来で最大となっています。一方で、パートタイムワーカーの雇用は増加しています。フルタイムワーカーの雇用が減り、パートタイムワーカーで補うということは、企業側の雇用に対する自信があまりないことを表しています。今後フルタイムワークを増やす趨勢にないということは、賃金が上がりにくいことに繋がります。そのため、賃金の上昇は徐々に落ち着いてきていると判断できます。

雇用者数を見ると、強い部分はあります。一方で、平均時給は中身を見るとJOLTSと同じように賃金上昇は収まっています。インフレについては、ある程度FRBが自信を持てるような内容、利下げが前倒しになる可能性があると考えられる内容でした。

ISM非製造業指数の活動は急減速

さらにこちらをご覧ください。同日発表されたISMの非製造業数は、活動が急減速しています。非製造業指数は、今後の景況感を示すものとしてソフトデータを集めたものです。前回のFOMC以降、FRBはインフレよりも雇用と景気に舵を切ったとされていますので、この内容はどうかに注目が集まりました。

市場予想では52.5に対して50.6と、景気の境目である50に再び接近したということで、サービス業の活動が少し減速していることが確認できました。

新規受注も、予想の56.1を大きく下回る52.8となりました。まだ拡大していますが、50を割る可能性も見えてきています。景況感でいくと、あまり良くありません。利下げを正当化できる内容ではあると一応は言えます。

ISM非製造業指数でも雇用の鈍化が示される

次にこちらをご覧ください。雇用に関しては、さらに鈍化しています。51の予想に対して43.3と、20年7月以来の低水準となり、かなりの驚きをもって捉えられました。JOLTSと雇用統計の中身を見ると、雇用があまり強くないことが見えてきました。さらに雇用指数を見ると低下している、サービス業を中心に雇用が鈍ってきていることがわかりました。

今週の注目ポイント

金利の反応は何を意味しているのか

こうした影響を受けて金利がどのように動いたかが、今後のマーケットの見通しを知るうえで、大事なポイントとなると思っています。

まず雇用統計の発表後、雇用者数が増えた初期反応として、長期金利は上昇しました。赤い網掛けが5日の動きですが、まずは10年の長期金利が大きく上昇しました。しかし、その後、雇用統計の内容はそこまで強くない、需給が上がったのは一時的だとわかりました。また、ISMのサービスを確認すると、今後の雇用に自信がないとして早期の利下げを正当化する可能性があると考えられ、長期金利が低下しました。

ただ、その後は再び金利が上昇したことはやや気になる動きです。本来ISMや雇用統計を見ると、金利は横ばいで推移してもおかしくありません。それが戻った背景には、今週の米国債の大量入札が控えていることからのポジション調整か、利下げ期待が昨年からそもそも高すぎることが考えられます。

右下のチャートをご覧ください。5日にも利下げ予想の回数が修正されていることがわかります。昨年のマーケットは、24年が6回程度の利下げだと期待していました。しかし、今は4~5回に向かって修正が入っています。

雇用統計やJOLTS、ISMを見ると、本来は期待が横ばいで推移してもおかしくありません。しかし、期待が修正されているということは、昨年からの過剰な利下げ期待に修正が続いていると言えるのではないでしょうか。そうであれば、今後は雇用統計などを上回る利下げ材料が出てこない限り、修正が若干続き、金利がなかなか下がりにくい状況が続く可能性があるでしょう。

その中で、8日にニューヨーク連銀が出した1年間のインフレ予想は、消費者マインドとしては2~3ヶ月ぶりの低水準となりました。そういった材料が出てくると金利が下がるという事実もありますから、しっかりとした材料が出てくるかどうかが今後の注目点です。ある程度予想の範囲であれば、金利は現在の水準で留まる可能性もあります。そのため、株式にとって大きなプラスとはなりにくい可能性があると思っています。

ちなみにインフレ期待に対するマーケットの金利の動きとは別に、今週は需給として米国債の入札ウィークとなっています。9日に3年債、10日に10年債、11日に30年債で総額1100億ドルの入札があります。今年起債額が大幅に増えることを考えると、無難に消化できるかどうかに注目が集まっています。これが不調であれば、金利が上昇します。インフレとは別に金利の上昇となれば、マーケットを混乱させる可能性があるため注目が必要です。

11日のCPIは注目が落ちてきていますが、しっかりと確認する必要があるでしょう。CPIが下がったうえで、再び利下げ期待が高まるようであれば金利も低下する可能性があります。今後も金利に注目していただければと思っています。

今週後半からいよいよ企業決算スタート

最後にこちらをご覧ください。5日から、大手金融機関を中心に決算がスタートします。現在の市場予想としては、23年の第4クォーターは前年比+3%で予想されていますが、元々6~7%あったものが修正されています。

アメリカの企業は、事前に下方修正した業績見通しを出し、結果で上方に修正する傾向があります。そのため、今回もかなりの下方修正が入っています。結果としては第4クォーターで3%を上回る結果になる可能性が高いですが、高い金利が23年続いたことが、企業業績に今後どう影響するかにマーケットは注目しています。24年は全てのクォーターで前年比プラスを予想していますし、年間を通じて9%~10%のプラス成長を見越しています。CEOのコメント、ガイダンスでいいものが出てくるかどうかに注目が集まります。12日からの決算にもご注目ください。

先週の雇用統計やJOLTS、ISM非製造業の雇用において、雇用に関するインフレが少し落ち着いてきたことが示されました。本来であれば、長期金利が下がってもおかしくありませんが、なかなか反応が薄い状況です。それを上回るような利下げを正当化する材料が今後出てくるかがマーケットの注目となりますし、金曜日から金利が大きく低下しないようであれば、企業業績、EPSが大きく上昇しているかどうかが株価に大きなインパクトを与えることとなります。その意味では、12日以降の決算に注目が集まり、年初の潮目が決まってくるかと思います。ぜひご注目いただければと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

おすすめ記事