日経VI:今後の日経平均や株式市場への影響と注意点

日経VI:今後の日経平均や株式市場への影響と注意点

最近、中東情勢の緊張と原油価格の上昇によってリスクオフムードが高まり、日経平均ボラティリティ・インデックス(日経VI)が上昇しました。この記事では、日経VIについて解説し、投資家が今後注意すべき点を詳しく説明します。

日経平均ボラティリティ・インデックス(日経VI)と日経平均の関係性

日経平均ボラティリティ・インデックス(日経VI)とは

日経平均ボラティリティ・インデックス(日経VI)は、市場参加者が日経平均株価の将来の変動に対する期待を示す指標です。このインデックスは、オプション取引のプレミアムを基に計算され、プレミアムが高ければ、市場参加者はより大きなリスクを感じ、株価が将来大きく動くと予想していると解釈されます。したがって、日経VIの値が高いほど、市場が今後大きく変動すると予想されています。

日経VIと日経平均株価の関係性

日経VIには以下のような特徴があり、日経平均株価とは逆相関関係にあるとされています。

1.日経平均株価が大きく下落する際、日経VIは急激に上昇する傾向があります。これは市場の不安感の高まりを反映しています。

2.日経VIが高値を示している時は、市場関係者が今後1ヶ月の日経平均株価の変動幅が大きくなると予想していることを意味します。

3.日経VIが急上昇した後には、通常、一定範囲に戻ることが多いです。これは市場の不安感が一時的であることを示しています。

日経VIの過去の動向

過去に大規模な市場変動イベントが発生した際、例えばリーマンショックや東日本大震災、コロナショックの時に、日経VIは顕著に上昇しました。これは市場の不確実性が増加していることを示しています。例えば、2020年のコロナショック時には日経VIが50近辺まで上昇しました。

出典:日経プロフィル

日経VIは下落トレンドからの底打ちを見極めるのにも役立つ

出典:Trading View

補足になりますが、今後、VIが大きく上昇し、日経平均が大きく下落した際は、VIのピークアウトに注目すると、底打ちシグナルになるかもしれません。

今後の注意点

2024年4月5日の東京株式市場では、日経平均株価が大幅に下落し、一時1,000円近く下げ、3万9000円を割り込む事態が発生しました。この下落は、中東情勢の緊張化と原油価格の上昇によるものです。市場参加者の不安感が高まり、日経VIは約3ヶ月ぶりの高水準である22に到達しました。また、米国株の予想変動率を示すVIX指数も上昇し、これは米国市場における不安や不確実性の増大を意味しています。

そして、2024年に日経VIが上昇する主な出来事として、以下のポイントが挙げられます。

1.米大統領選

11月の本選に向けて、民主党のバイデン大統領や共和党のトランプ前大統領などの候補者選びが本格化します。選挙結果による政策の混乱が予想され、日経VIを押し上げる可能性があります。

2.米金利の動向

FRBによる利上げの継続や利下げの開始タイミングを巡る不透明感から日経VIが上昇する可能性があります。金利見通しの修正などで日経VIが変動することも考えられます。

3.中東情勢

イスラエルとパレスチナの衝突激化など、中東情勢の不安定化が日経VIを上昇させる恐れがあります。

4.日銀の金融政策

日銀が2024年3月19日にマイナス金利政策を解除したことで、今後の金融政策の方向性に注目が集まっています。インフレ率の動向次第では、追加の金融引き締め策が実施される可能性もあり、その場合、日経VIが上昇するリスクがあります。

これらのポイントは、政治・地政学リスクや金融政策を巡る不透明感が原因で、2024年も様々な局面で日経VIが上昇する可能性を示しています。投資家は、これらの要因を注視し、リスク管理に努めることが重要です。

まとめ

日経VIの最近の上昇は、市場の変動に対する投資家の不安を映し出しています。投資家は日経VIの動向を密に監視し、中東情勢や原油価格の変動など外部要因による市場の不確実性に備える必要があります。ただし、日経VIの動きから市場の方向性を読み解く際には、その相関関係が完全ではないことを理解し、他の経済指標やニュースと併せて分析することが重要です。具体的には、GDP成長率や失業率、インフレ率などの基本的な経済指標や、専門的な金融ニュース、各国中央銀行の発表といった情報も分析に取り入れましょう。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要 …

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォン、パソコン、自動車などさまざまな分野で使用されてい …

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インド株式市場は、世界の投資家から大きな注目を集めています。若い労働人口の増加と旺盛な消費に支えられた力強い経 …

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

米国株の決算発表では好決算が続き、株価も好調に推移しています。先週、ナスダックは1.43%、ダウは1.14%、 …

ファミリーオフィスとは  〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ファミリーオフィスとは 〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ここ最近、「ファミリーオフィス」という言葉を、新聞や雑誌記事などで見かけることも多くなってきました。そこでは、 …

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

半導体製造の工程は、ウェーハ上に電子回路を形成する「前工程」と、完成したウェーハを個々のチップに分割し、外部と …

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈のカギを握る決算発表シーズンが始まりました。歴史的な賃上げと円安というコストアップ要因が企業にどの …

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

資産運用においては、金額に限らずマイナスになるのは、誰でも避けたいものです。ただし、資産の額が大きくなればなる …

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

半導体は現代社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしており、その複雑かつ高度な製造工程は、現代のテクノロジーの基 …

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

今週の米国の主要企業の決算発表を踏まえて、今後の米国株式市場の見通しについて解説します。 [ 目次 ]1 &n …

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

東証グロース市場250指数(グロース250)が年初来安値を更新するなど、グロース株の下落が目立っています。4月 …

【第1回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

近年、世界の株式市場の牽引役は間違いなく半導体企業でした。ただ、全ての半導体企業に対して広がった成長神話は、こ …

【第2回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

【第2回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

今回は、半導体業界を理解するために業界の概要と市場動向を見ていきます。 [ 目次 ]1 半導体業界の概要と市場 …

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

近年、日本企業の株主構成が変化し、外国人投資家の保有比率が増加傾向にある中で、企業に積極的に意見を述べるアクテ …

おすすめ記事