日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈のカギを握る決算発表シーズンが始まりました。歴史的な賃上げと円安というコストアップ要因が企業にどのような影響を与えるか、注目のセクターはどこかについて解説します。

日本株の好調と課題

過去1年間で日本株は大きく上昇し、東証株価指数(TOPIX)は30%近くも上昇しました(2024年5月2日時点)。この上昇は、米国やドイツなどの主要国を上回るパフォーマンスです。好調の背景には、日本経済のインフレ局面への移行とコーポレートガバナンス改革の進展に対する期待があります。さらに、円安が進行したことで、輸出企業の業績向上にも寄与しています。

出所:Trading View
TOPIX(1年チャート)

しかし、日本株の上値を抑える懸念材料もあります。半導体関連銘柄の下落は日本株全体の上昇を阻む要因となっています。加えて、円安による原材料やエネルギーなどの輸入コストの上昇は、企業収益を圧迫するリスクがあります。日本企業の価格転嫁力の強化や生産性の向上、そして為替変動の影響を緩和する取り組みが求められます。同時に、日本経済の成長力を高めるための構造改革の加速も不可欠でしょう。

 今後の決算シーズンで注目すべき点

日本企業の3月期決算発表シーズンが本格化するなか、投資家の関心は内需セクターの業績動向に集まっています。日本株が一段高となるには、自動車など一部の輸出セクターだけでなく、内需セクターを含む幅広い業種の明るい業績見通しが必要不可欠だからです。

下のチャートは、青色は⽇経平均内需株50指数、緑色はTOPIXです。24年3月までの高値は、内需関連が牽引役となりました。今後、再び高値更新を狙うには、やはり内需関連の再上昇が欠かせない要素です。

特に、過去1年間でTOPIXをアンダーパフォームしてきたサービスや陸運、空運、小売り、食料品といった内需セクターの動向が注目されます。

出所:QUICK
緑色:TPOIX、青色:⽇経平均内需株50指数、赤色:小売、黄色:陸運、橙色:空運、紫色:サービス、白色:食料品

内需セクターは、歴史的な賃上げの恩恵を受けて個人消費が持ち直すことで、業績の改善が期待されています。ただし、物価上昇に賃上げが追いついていないことから、消費の本格回復にはまだ時間がかかりそうです。企業が値上げによってコスト増をカバーできるのか、中間決算で業績見通しの上方修正に踏み切れるのかどうかがポイントとなります。

内需関連銘柄のなかでも、小売大手の業績に注目です。堅調な消費動向が確認されれば、内需セクター全般に物色が広がる可能性があるからです。以下のチャートは小売ETF(1630:赤色)とTPOIX(緑色)のパフォーマンス比較です。24年3月の高値圏から、小売銘柄は大幅にTOPIXをアンダーパフォームしています。小売大手の業績動向、株価動向が回復し、小売ETFがTOPIXをアウトパフォームできるようであれば全体物色が強まりそうです。注目しましょう。

出所:QUICK

以下は、小売ETF(1630)の構成銘柄です。小売大手が多くを占めています。

出所:NEXT FUNDS 小売(TOPIX-17)上場投信 月次報告書より

決算内容と経営陣の先行きの見通し、そして実質賃金の改善度合いを見極めることが、日本株投資の指針になりそうです。内需セクターの業績回復が日本株全体の浮沈を左右する可能性は高いと言えるでしょう。

賃上げの影響と物価上昇と消費の現状

今年の春闘において、平均賃上げ率が30年以上ぶりの高水準となる5.20%となりました。この賃上げは、企業の販管費増加要因となる一方で、家計を潤し内需セクターの収益増加につながる可能性があります。

しかし、現状では賃上げが物価上昇に追いついておらず、消費者の財布のひもは緩んでいません。厚生労働省の「毎月勤労統計調査 令和6年2月分結果速報」によると、実質賃金は23カ月連続で年割れし、2023年10~12月期の実質GDPも2四半期連続でマイナスを記録しています。

まとめ

日本株の決算シーズンでは、歴史的な賃上げと円安によるコストアップ要因が企業業績にどう影響するかが焦点です。特に内需セクターの業績回復が日本株全体の浮沈を左右しそうです。しかし、現在の物価上昇に賃上げが追いついておらず、消費の本格的な回復にはまだ時間がかかる見込みです。企業が中間決算で業績見通しを上方修正できれば、内需以外の銘柄にも買いが波及すると予想されます。企業の決算内容と経営層の発言、そして実質賃金の動向を丹念にウォッチしていくことが、日本株投資の指針になるでしょう。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要 …

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォン、パソコン、自動車などさまざまな分野で使用されてい …

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インド株式市場は、世界の投資家から大きな注目を集めています。若い労働人口の増加と旺盛な消費に支えられた力強い経 …

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

米国株の決算発表では好決算が続き、株価も好調に推移しています。先週、ナスダックは1.43%、ダウは1.14%、 …

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

半導体製造の工程は、ウェーハ上に電子回路を形成する「前工程」と、完成したウェーハを個々のチップに分割し、外部と …

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

資産運用においては、金額に限らずマイナスになるのは、誰でも避けたいものです。ただし、資産の額が大きくなればなる …

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

半導体は現代社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしており、その複雑かつ高度な製造工程は、現代のテクノロジーの基 …

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

今週の米国の主要企業の決算発表を踏まえて、今後の米国株式市場の見通しについて解説します。 [ 目次 ]1 &n …

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

東証グロース市場250指数(グロース250)が年初来安値を更新するなど、グロース株の下落が目立っています。4月 …

【第1回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

近年、世界の株式市場の牽引役は間違いなく半導体企業でした。ただ、全ての半導体企業に対して広がった成長神話は、こ …

【第2回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

【第2回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

今回は、半導体業界を理解するために業界の概要と市場動向を見ていきます。 [ 目次 ]1 半導体業界の概要と市場 …

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

近年、日本企業の株主構成が変化し、外国人投資家の保有比率が増加傾向にある中で、企業に積極的に意見を述べるアクテ …

日米金利差が招く円安リスク〜日本経済への影響と日銀の舵取り〜 今後の見通しと注目ポイント

日米金利差が招く円安リスク〜日本経済への影響と日銀の舵取り〜 今後の見通しと注目ポイント

1990年6月以来、34年ぶりの1ドル=154円台に到達した力強い動きが続く米ドル円の今後の見通しは? [ 目 …

原油価格の高騰がインフレ再燃の引き金に?米国経済への影響は

原油価格の高騰がインフレ再燃の引き金に?米国経済への影響は

原油価格が再び上昇傾向にあり、米国を中心にインフレ再燃への懸念が高まっています。2022年後半から下落傾向にあ …

おすすめ記事