iDeCo(イデコ)はすべての会社員が利用可能に~効果的な活用法を解説

iDeCo(イデコ)はすべての会社員が利用可能に~効果的な活用法を解説

5年に1度の年金財政見通しの結果、5月29日に年金改革法が成立し、6月2日に交付されました。年金はリタイア後の生活を支える長生きのための保険ですが、今回の改正ではその年金受給額を増やす選択肢が増えました。

年金やiDeCo(イデコ)はどのように変わるのか、どう活用していけばいいのかについて解説します。

iDeCo(イデコ)とは

イデコは確定拠出年金と呼ばれる制度の一種で、掛け金を自分で運用し、結果次第で60歳以降にもらうお金が変わってくる仕組みです。以前は自営業者などに加入者は限定されていましたが、2017年から加入対象が大きく拡大。会社員などの妻である専業主婦や公務員、務め先に企業年金のある会社員なども対象になったのです。

イデコのメリット

イデコには次の3つの税制優遇があります。

1.掛け金が全額所得控除される

イデコの掛け金は全額所得税や住民税の課税所得から差し引くことが可能。掛け金は所得税控除の対象となり、その年の所得税や翌年の住民税の負担が軽減されるのです。

2.利息や運用益が非課税になる

定期預金の利息や投資信託の運用益には20.315パーセントの税金がかかりますが、イデコはすべて非課税になります。たとえば運用益が10万円の場合、通常は20.315%の税金20,315円が税金で引かれますが、イデコなら10万円そのまま利益として受け取れるのです。

3.年金を受け取る時の税負担も軽減される

所得税や住民税は、退職金や年金にもかかります。しかしイデコでは、年金を受け取る時に所得控除が受けられます。定期的に受け取る年金には「公的年金控除」、一時金で受け取る時は「退職所得控除」という控除の対象となるので、税負担が軽減されるのです。

イデコはすべての会社員が利用できる時代へ

確定拠出年金(DC)というのは、投資信託や預貯金で運用し、運用成績次第で受給額が変わる私的年金。掛け金を会社が出すのが企業型で、個人が自分で掛け金を出すのがイデコです。

企業型DCは会社が掛け金を原則出しますが、イデコは自分で出し、運用時に非課税で増やせるのは同じ。ただ、イデコは掛け金を所得税や住民税の計算から控除できるので、税負担が減るというメリットがあるのです。

2020年5月末の年金の改正で、会社員全員がイデコを使えるようになりました。現在の企業型DCを導入している会社でイデコを併用するには、企業型の掛金の上限を下げる契約変更が必要です。そのため現在、企業型DCとイデコを併用している会社は4%だけでした。しかし2022年10月からは契約変更なしでイデコ併用が可能になるのです。

イデコを積極活用するかで、企業型DC加入者720万人の老後資金に大きな格差が生じる可能性もあります。

どの程度の会社員がイデコを利用するのか

実際にどのぐらいの会社員がイデコの上積みを実施するのでしょうか、参考になるのは企業型DCを導入している会社の一部で可能な「マッチング」。これは会社の掛け金に加え、社員が自分で掛け金を上積みする制度です。

上積み分は税金の対象外となり、イデコと同じような節税効果があります。マッチングを導入している会社で上積みを実際に選んでいる社員の割合は約3割。併用が可能になった場合、企業型DCを導入している企業の加入者720万人の約3割が、イデコでの上積みをする可能性があると考えられます。

イデコの運用は株式投資信託で

企業型DCやイデコで大切なのは、運用対象です。現在、イデコも企業型DCも半分は元本確保型の預貯金などが選ばれていますが、それでは利息がほとんどつかないので、非課税メリットが十分に活かされていません。

原則60歳まで引き出せない長期投資になるので、長期で資産が増える可能性の高い株式投資信託の比率を高めるようにしましょう。ただし、年齢が高くなるにつれ、株式投資信託の比率を下げていくようにします。

おすすめの比率は「100―年齢(%)」。たとえば、30歳なら株式投資信託の比率を70%にし、50歳なら50%にして、残りを預貯金などの安全資産にするのです。

受給開始時期を遅らせると年金が増える

今回の年金改正では、「公的年金の受給開始時期の選択肢の拡大」も大きな改正点。現在の年金の支給開始年齢は65歳になっていますが、必ずしも65歳からでないと受け取れない訳ではなく、60歳から70歳までの間で自由に受給開始時期を選べるようになっています。そして今回の改正では、75歳まで選択肢が拡大しました。

年金が75歳からしか受け取れないのではないかという声もありますが、これは間違いです。年金の受取開始年齢の選択肢が広がるだけなのです。

年金の受給開始時期を遅らせると支給額が積み増しされるというメリットがあります。1カ月遅れるごとに0.7%増額されるので、受給開始を75歳にすると、65歳から受給するのに比べ支給額が84%も増えるのです。

支給額が増えると社会保険料や税金も増えるので、実際の手取りが84%増える訳ではありませんが、かなり大きな数字ではないでしょうか。

イデコで運用した余裕資金があれば、公的年金の受給開始時期を75歳まで遅らせるという選択肢も十分考えられるでしょう。

まとめ

5月29日に成立した年金改革法により、すべての会社員がイデコでの運用ができるようになりました。イデコを積極活用するかどうかで、企業型DC加入者720万人の老後資金に大きな差が生じる可能性があるのです。

また、公的年金の受給開始時期の選択肢が75歳まで拡大し、受給額を増やすことも可能になりました。イデコでの運用を併用している人は公的年金の受給を遅らせることで、どれだけ長生きしても高い金額が支給されるという安心感を得られるようになったのです。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

ユーロ円、高値更新後の行方は? ECBの利下げ観測と米大統領選の影響

ユーロ円、高値更新後の行方は? ECBの利下げ観測と米大統領選の影響

欧州中央銀行(ECB)は18日、主要政策金利を据え置き、市場の予想通り9月までの様子見を決め込みました。市場の …

米小売売上高は予想外の堅調さ~コントロールグループが牽引

米小売売上高は予想外の堅調さ~コントロールグループが牽引

  6月結果 市場予想 前回 米小売売上高 0.00% -0.30% 0.30% 米国の6月小売売上高が7月1 …

米企業決算が本格化!注目の企業は?S&P500の予想EPSの見通しは?

米企業決算が本格化!注目の企業は?S&P500の予想EPSの見通しは?

7月10日のS&P500種株価指数は7営業日続伸となり、初めて5,600を上回りました。ハイテク株比率 …

米景気の先行き不安広がる〜ISM製造業・非製造業ともに50を割れ込み、週末の雇用統計に注目〜

米景気の先行き不安広がる〜ISM製造業・非製造業ともに50を割れ込み、週末の雇用統計に注目〜

ISM景気指数(製造業・非製造業)   結果 市場予想 前回 製造業 48.5 49.1 48.7 非製造業 …

サマーラリーと夏枯れ相場~投資家が知っておくべき夏季市場の動向と大統領選挙年の傾向

サマーラリーと夏枯れ相場~投資家が知っておくべき夏季市場の動向と大統領選挙年の傾向

サマーラリー(Summer Rally)は、株式市場におけるアノマリーの一つで、特に夏季に株価が上昇しやすい現 …

PCEデフレーターと金価格:インフレ率とFRB政策の影響を探る

PCEデフレーターと金価格:インフレ率とFRB政策の影響を探る

PCEデフレーターは、米国の個人消費支出(PCE)の価格変動を測定する重要な経済指標です。特に、食品とエネルギ …

欧州政治危機が世界市場を揺るがすか?~日本株への影響〜

欧州政治危機が世界市場を揺るがすか?~日本株への影響〜

[ 目次 ]1 フランスの政治日程への危機感2 イギリスは総選挙に加えてCMBSの問題が表面化3 欧州投資家の …

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 [ 目次 ]1 市場は日 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

日経VI:今後の日経平均や株式市場への影響と注意点

日経VI:今後の日経平均や株式市場への影響と注意点

最近、中東情勢の緊張と原油価格の上昇によってリスクオフムードが高まり、日経平均ボラティリティ・インデックス(日 …

バブル期の高値を更新し、44%の上昇率を記録した日経平均株価:2023年度のマーケットを振り返る

バブル期の高値を更新し、44%の上昇率を記録した日経平均株価:2023年度のマーケットを振り返る

2024年4月から新年度に入りました。2023年度のマーケットを振り返ると、改めて日本の株式市場は記録的な1年 …

【米国債券投資】‌6月利下げの可能性が高まる中、利下げ開始後の債券ETF投資戦略について【3/25 マーケット見通し】

【米国債券投資】‌6月利下げの可能性が高まる中、利下げ開始後の債券ETF投資戦略について【3/25 マーケット見通し】

先週のFOMCを受け、6月の利上げ可能性が高まってきました。その影響で、今後の長期金利低下などが期待される中で …

【米国株】‌いよいよ米国経済に変調の兆し。3月FOMCが米国株へ与える影響に注意【3/18 マーケット見通し】

【米国株】‌いよいよ米国経済に変調の兆し。3月FOMCが米国株へ与える影響に注意【3/18 マーケット見通し】

先週の経済指標のいくつかは、アメリカの経済に、いよいよ変調の兆しがありと考えさせられるものでした。本日は、先週 …

【米国株】‌節目を突破したS&P500。このような時こそ注意しておきたい2つの死角【2/13 マーケット見通し】

【米国株】‌節目を突破したS&P500。このような時こそ注意しておきたい2つの死角【2/13 マーケット見通し】

本日のテーマは、節目を突破した強いアメリカの株式市場についてです。S&P500が5,000という節目を …

【米国株】‌上昇相場が続く中でトレンド転換の見定め方【2/5 マーケット見通し】

【米国株】‌上昇相場が続く中でトレンド転換の見定め方【2/5 マーケット見通し】

本日のテーマは、上昇相場が続く中でトレンド転換をどのように見定めるかについて見ていきたいと思います。 先週、注 …

おすすめ記事