相続の時誰が相続人になるのかスッキリ分かる方法

相続の時誰が相続人になるのかスッキリ分かる方法

相続がおこったら、最初にやるべきことの一つが相続人の特定です。誰が相続人になるのかには明確なルールがあり、状況に応じて判断しなければならないのですが、意外と複雑なうえに、相続人の組み合わせによって相続分も変わってきます。

そこで本日は、相続の時に誰が相続人になり、相続分はどれだけになるのかがスッキリと分かる方法について解説していきます。

相続における相続順位について

相続には、誰が相続人となるのかを決めるための相続順位があります。相続順位は以下のように定められています。

  • 第一順位・・・直系卑属(子供もしくは孫)
  • 第二順位・・・直系尊属(父母もしくは祖父母)
  • 第三順位・・・兄弟姉妹

亡くなった方の相続人は必ず相続人となり、それに加えて第一順位の相続人が存在していれば第一順位の相続人が相続し、いなければ第二順位、それでもいなければ第三順位へと相続の優先順位が繰り下がっていきます。

つまり、

相続人=配偶者+相続順位が一番上の相続人(注)

となるわけです。

(注)相続開始時に亡くなっている相続人に子や孫などの直系卑属がいる場合は、代襲相続人として財産を相続する権利が与えられます。このテーマについては別の機会に解説します。

相続順位と相続割合について

相続順位によって、財産の相続割合が以下のように決められています。

  • 第一順位・・・相続財産の1/2(1/2は配偶者)
  • 第二順位・・・相続財産の1/3(2/3は配偶者)
  • 第三順位・・・相続財産の1/4(3/4は配偶者)

たとえば、亡くなった方に配偶者と2名の子供(長男・長女)のがいた場合は、以下のように財産を分けます。

  • 配偶者・・・相続財産の1/2
  • 長男・・・相続財産の1/2×1/2=1/4
  • 長女・・・相続財産の1/2×1/2=1/4

遺言書と相続人について

民法では、上述のように亡くなった方の血縁者のうち、一定の範囲内を法定相続人として定めています。しかし、亡くなった方が遺言書を残していた場合には、遺言書で指定された相続人が法定相続人に優先して相続人となります。

そのため、「全財産を慈善団体に寄付する」という遺言書が遺されていた場合には、基本的に法定相続人は誰も財産を相続することができません。

遺留分侵害額請求について

しかし、いくら亡くなった人の遺志を優先するからといっても、相続財産をあまりにも偏った方法で分配されてしまっては、これまで故人を支えてきた親族にとってはたまったものではありません。

そこで、一定の範囲内の法定相続人に限り、最低限の相続分を相続ずる権利が保障されています。この相続分のことを「遺留分(いりゅうぶん)」といい、この遺留分を相続人に請求することを遺留分侵害額請求といいます。

なお、法定相続人に認められている遺留分割合は以下のとおりです。

相続人の組み合わせ遺産の総額に対する遺留分
配偶者のみ1/2
配偶者と子供配偶者1/4、子供1/4(複数いる場合は均等割り)
子供のみ1/2(複数いる場合は均等割り)
配偶者と直系尊属配偶者1/3、直系尊属:1/6(複数いる場合は均等割り)
配偶者と兄弟姉妹配偶者1/2、兄弟姉妹はなし
直系尊属のみ直系尊属:1/3(複数いる場合は均等割り)
兄弟姉妹のみなし

ごらんのように、相続順位が第三位の兄弟姉妹には、遺留分が認められていません。そのため、亡くなった方の法定相続人が兄弟姉妹の場合には、遺言書が遺されていれば遺言書で指定されている相続人が相続し、遺言書が遺されていなければ、兄弟姉妹が法定則続人として財産を相続することになります。

まとめ

配偶者以外の相続人には相続のための優先順位が定められています。また、その順位によって相続割合が定められているため、相続順位と相続割合さえ頭に入れておけば、誰が相続人で相続割合がどれくらいになるのかが瞬時に理解できるようになります。

ただし、遺言書が遺されている場合には、相続できる財産が遺留分によってことなるため、注意しなければなりません。

また、実際にはさまざまな例外もあるため、ご心配な方は税理士などの専門家にできるだけ早い段階でご相談されることをおすすめします。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

先週、ビッグイベントのFOMCを通過しました。通過後に株価は大きく下落。週間でNASDAQでマイナス5%、S& …

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

日本時間9月22日朝、9月のFOMCが終わりました。この会合において0.75%の利上げを決定され、S& …

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

16日、フェデックスという超大手物流会社が業績見通しを取り消しました。米株式指標は大きく下落すると思われました …

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

13日、市場で注目されていた米CPIが発表されました。予想よりも高く、今後もインフレが続きそうだということで、 …

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

先週、株価が大きく上昇しています。背景は二つあると言われています。年内FOMCにおける利上げ幅が、ある程度織り …

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

9月20日~21日に、次回FOMCが予定されています。その10日前からFRB高官、要人が発言できないブラックア …

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

9月に入り、アメリカのQTが月間950億ドルと前月の倍になりました。今後、マーケットにインパクトがを与えるので …

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

本日は米国の長期金利の見通しについてお話ししたいと思います。株式投資家も、債券投資家にも大きく関係のある米10 …

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

今後、株価に大きなインパクトを与える2023年の米国の企業業績、EPS(1株当たりの利益)は今後どうなっていく …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

8月26日23時に、ジャクソンホール会合でパウエル議長が講演を行いました。その発言に今後の金融政策を示す、多く …

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

本日は、過去のブル・ベアマーケットを分析し今後の投資戦略立案のヒントにしていきたいと思います。今年に入ってベア …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

日本時間の8月26日23時から、パウエル議長がジャクソンホール会合にて公演予定です。23時というのは、アメリカ …

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

17日、FOMC議事要旨が発表されました。その中身を受けて、マーケットではFOMCがハト派に転じたのではないか …

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

17日から、今月末にかけて金利が動く可能性があります。それがなぜか、お話ししたいと思います。 17日晩には、F …

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

6月中旬からS&P500が18%程度、NASDAQが22%程度上昇したとして、強気相場入りとのニュース …

おすすめ記事