相続の時誰が相続人になるのかスッキリ分かる方法

相続の時誰が相続人になるのかスッキリ分かる方法

相続がおこったら、最初にやるべきことの一つが相続人の特定です。誰が相続人になるのかには明確なルールがあり、状況に応じて判断しなければならないのですが、意外と複雑なうえに、相続人の組み合わせによって相続分も変わってきます。

そこで本日は、相続の時に誰が相続人になり、相続分はどれだけになるのかがスッキリと分かる方法について解説していきます。

相続における相続順位について

相続には、誰が相続人となるのかを決めるための相続順位があります。相続順位は以下のように定められています。

  • 第一順位・・・直系卑属(子供もしくは孫)
  • 第二順位・・・直系尊属(父母もしくは祖父母)
  • 第三順位・・・兄弟姉妹

亡くなった方の相続人は必ず相続人となり、それに加えて第一順位の相続人が存在していれば第一順位の相続人が相続し、いなければ第二順位、それでもいなければ第三順位へと相続の優先順位が繰り下がっていきます。

つまり、

相続人=配偶者+相続順位が一番上の相続人(注)

となるわけです。

(注)相続開始時に亡くなっている相続人に子や孫などの直系卑属がいる場合は、代襲相続人として財産を相続する権利が与えられます。このテーマについては別の機会に解説します。

相続順位と相続割合について

相続順位によって、財産の相続割合が以下のように決められています。

  • 第一順位・・・相続財産の1/2(1/2は配偶者)
  • 第二順位・・・相続財産の1/3(2/3は配偶者)
  • 第三順位・・・相続財産の1/4(3/4は配偶者)

たとえば、亡くなった方に配偶者と2名の子供(長男・長女)のがいた場合は、以下のように財産を分けます。

  • 配偶者・・・相続財産の1/2
  • 長男・・・相続財産の1/2×1/2=1/4
  • 長女・・・相続財産の1/2×1/2=1/4

遺言書と相続人について

民法では、上述のように亡くなった方の血縁者のうち、一定の範囲内を法定相続人として定めています。しかし、亡くなった方が遺言書を残していた場合には、遺言書で指定された相続人が法定相続人に優先して相続人となります。

そのため、「全財産を慈善団体に寄付する」という遺言書が遺されていた場合には、基本的に法定相続人は誰も財産を相続することができません。

遺留分侵害額請求について

しかし、いくら亡くなった人の遺志を優先するからといっても、相続財産をあまりにも偏った方法で分配されてしまっては、これまで故人を支えてきた親族にとってはたまったものではありません。

そこで、一定の範囲内の法定相続人に限り、最低限の相続分を相続ずる権利が保障されています。この相続分のことを「遺留分(いりゅうぶん)」といい、この遺留分を相続人に請求することを遺留分侵害額請求といいます。

なお、法定相続人に認められている遺留分割合は以下のとおりです。

相続人の組み合わせ遺産の総額に対する遺留分
配偶者のみ1/2
配偶者と子供配偶者1/4、子供1/4(複数いる場合は均等割り)
子供のみ1/2(複数いる場合は均等割り)
配偶者と直系尊属配偶者1/3、直系尊属:1/6(複数いる場合は均等割り)
配偶者と兄弟姉妹配偶者1/2、兄弟姉妹はなし
直系尊属のみ直系尊属:1/3(複数いる場合は均等割り)
兄弟姉妹のみなし

ごらんのように、相続順位が第三位の兄弟姉妹には、遺留分が認められていません。そのため、亡くなった方の法定相続人が兄弟姉妹の場合には、遺言書が遺されていれば遺言書で指定されている相続人が相続し、遺言書が遺されていなければ、兄弟姉妹が法定則続人として財産を相続することになります。

まとめ

配偶者以外の相続人には相続のための優先順位が定められています。また、その順位によって相続割合が定められているため、相続順位と相続割合さえ頭に入れておけば、誰が相続人で相続割合がどれくらいになるのかが瞬時に理解できるようになります。

ただし、遺言書が遺されている場合には、相続できる財産が遺留分によってことなるため、注意しなければなりません。

また、実際にはさまざまな例外もあるため、ご心配な方は税理士などの専門家にできるだけ早い段階でご相談されることをおすすめします。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

10月12日から米国決算発表がスタートし、金融機関を中心に発表されました。バンクオブアメリカ、JPモルガンなど …

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

10月14日、米国株式市場は3指標全てが上昇しました。1.5%を超える大きな上昇です。この短期のリバウンドは続 …

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

本日はスタグフレーションについてです。最近、ニュースや記事等でスタグフレーションという言葉を頻繁に見かけます。 …

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

10月8日金曜日、雇用統計が発表されました。雇用者数が伸びておらず、内容もインフレ懸念を示すなど、今後の波乱要 …

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

最近、米国市場のボラティリティが上がっています。2022年は、株価がどう動いていくのか。2021年10月時点で …

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

米国株式市場は、10月に入ってからも不安定さが続いています。この不安定な状況は、10月末まで続く可能性がありま …

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減っています。過去、このような環境下で米国株のS&P500、米国債券がどのようなパ …

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国株式ETFと債券ETFが同時に下落する傾向が、最近多く見られます。 通常であれば、株と債券は逆相関の関係に …

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

アメリカの長期金利上昇が止まりません。10年金利が1.5%を超えた影響が、大きく株価にも出てきています。 本日 …

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

2021年に入って初めて、世界の株式市場から資金が流出したとのニュースが9月23日に流れました。世界全体で多く …

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

9月21~22日のFOMC後、S&P500などの米国株が大幅に反発しています。この上昇がこれからも続く …

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。 FOMCが非 …

中国エバーグランデ社のデフォルト懸念がFOMCに影響を与えるのか?

中国エバーグランデ社のデフォルト懸念がFOMCに影響を与えるのか?

本日は、月曜日から株式市場を大きく揺るがしている、 エバーグランデ(中国恒大集団)の今後の見通しについて見てい …

9月のFOMCの焦点は、経済見通し・インフレ見通し・利上げ時期の3点

9月のFOMCの焦点は、経済見通し・インフレ見通し・利上げ時期の3点

今月1番のビックイベントと言っても過言ではない9月21~22日のFOMC。さらに、その後に開かれるパウエル議長 …

米国株、海外投資家が2007年以来の大幅売り越し。今後も継続するのか?

米国株、海外投資家が2007年以来の大幅売り越し。今後も継続するのか?

アメリカから見た外国人投資家が、7月に米国株を売り越しています。今回は、その背景を分析し、現在の米国株式市場の …

おすすめ記事