うちの会社はいくら?会社を譲渡する時の値段の決め方

うちの会社はいくら?会社を譲渡する時の値段の決め方

中小企業の経営者の高齢化が進み、事業承継の必要性が今、社会に高まっています。日本の中小企業は、事業者数では全事業者の99%以上、従業員の雇用者数でも全体の70%以上を占めており、このまま放置しておくと廃業により雇用を支えきれなくなってしまうからです。

事業承継の方法は大きく分けると3つあり、子供などの親族に事業を承継させる親族承継、社内の従業員などに事業を継がせる親族外承継、そして会社(もしくは事業の一部)を売却することにより事業を継続させるM&Aがあります。

これら3つの方法の中でもM&Aは、最近中小零細企業を問わず活発に行われており、政府も補助金制度などを拡充し、積極的に推進しています。

ではM&Aで会社を売却する場合、いったいどのような計算でその価格を決定し、最終的にはいくらで売ることになるのでしょうか?

本日は、M&Aで会社を譲渡する時の値段の決め方について解説していきます。

M&Aの値段にルールはない

実は、会社を譲渡する場合の値段には、特にルールがあるわけではありません。M&Aは交渉事ですから、相手が「欲しい」と思えば値段は上がりますし、「たいして欲しくない」と思えば値段は下がります。ですから、M&Aの値段は相手とのマッチング次第といえます。

ただし、何もない状態で相手と交渉をしても、どうやってどれくらいの値段をつけたらいいのかさっぱり分かりません。そこで、「ある一定の目安」として企業の価値を計算し、それを基に交渉を行います。この企業の価値の計算のことを、企業価値評価といいます。

企業価値評価の方法はざっくり2つ

企業価値評価の方法にはさまざまな種類がありますが、ここでは中小企業の企業価値評価で最も頻繁に使われている方法を2つご紹介します。

①コストアプローチ

コストアプローチとは、企業の純資産価値を基準とした評価方法です。会社の資産から負債を引いて、残った金額(=純資産価値)をその会社の価値とする方法です。

別の言い方をすると、その会社を買ってすぐに清算した場合、手元に最低いくら残るのかを求める方法がコストアプローチといえます。

②インカムアプローチ

インカムアプローチとは、企業の将来の収益やキャッシュフローの予想をもとに企業価値を評価する方法です。インカムアプローチにはさまざまな方法がありますが、最も多く用いられているのがDCF法(ディスカウントキャッシュフロー法)です。

DCF法とは、企業活動によって将来生み出される期待キャッシュフロー(フリーキャッシュフロー)の総和を、現在価値に割り引いて算出したもののことをいいます。

このフリーキャッシュフローの計算には数多くの式が用いられますが、一般的には以下の算式を用います。

  • フリーキャッシュフロー=営業利益×(1-法人税率)+減価償却費-運転資本増加額-設備投資額

この式を見ると難しいと感じるかもしれませんが、簡単に言うとフリーキャッシュフローとは、会社が1年間で稼いたお金のうち事業を維持するために必要な支出を差し引き、最終的に会社の手元に残る金のことをいいます。

この式で算出したフリーキャッシュフローを3~5年分合計したものを会社の企業価値とする方法をDCF法といいます。

別の言い方をすると、その会社を買ったら3~5年でいくら利益が上がるのかを求めるのがDCF法といえます。

最後に「のれん」代を加える

コストアプローチで算出した金額とDCF法で算出した金額は、当然ながら同じではありません。この2つの指標で算出された会社の企業価値を基に、いくらの金額が妥当なのかを決めていきます。

そして最後に「のれん」代を加えたものが、最終的な会社の値段となります。

「のれん」とは

「のれん」とは、会社の持っている技術力やノウハウ、大手企業との取引口座や質の高い従業員などのように決算書上では表すことはできなくても会社が持っているプレミアムな価値の総体のことをいいます。

最後にこの「のれん」代がいくらになるのかを算出し、それを加えた金額が最終的な売却価格の基準値となります。

最後に

M&Aの企業価値評価にはさまざまな方法がありますが、最終的に会社の譲渡価格を高くするかどうかを決めるのは「のれん」です。「のれん」とは、特許などの特殊技術だけでなく、大口の顧客を抱えているかどうか、技術力のある従業員がいるのかどうかなども「のれん」の対象となります。

ご自身の会社に一体どれくらいの値段がつくのか本格的に知りたいと思われた方は、ぜひ一度専門家に問い合わせてみてください。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

おすすめ記事