うちの会社はいくら?会社を譲渡する時の値段の決め方

うちの会社はいくら?会社を譲渡する時の値段の決め方

中小企業の経営者の高齢化が進み、事業承継の必要性が今、社会に高まっています。日本の中小企業は、事業者数では全事業者の99%以上、従業員の雇用者数でも全体の70%以上を占めており、このまま放置しておくと廃業により雇用を支えきれなくなってしまうからです。

事業承継の方法は大きく分けると3つあり、子供などの親族に事業を承継させる親族承継、社内の従業員などに事業を継がせる親族外承継、そして会社(もしくは事業の一部)を売却することにより事業を継続させるM&Aがあります。

これら3つの方法の中でもM&Aは、最近中小零細企業を問わず活発に行われており、政府も補助金制度などを拡充し、積極的に推進しています。

ではM&Aで会社を売却する場合、いったいどのような計算でその価格を決定し、最終的にはいくらで売ることになるのでしょうか?

本日は、M&Aで会社を譲渡する時の値段の決め方について解説していきます。

M&Aの値段にルールはない

実は、会社を譲渡する場合の値段には、特にルールがあるわけではありません。M&Aは交渉事ですから、相手が「欲しい」と思えば値段は上がりますし、「たいして欲しくない」と思えば値段は下がります。ですから、M&Aの値段は相手とのマッチング次第といえます。

ただし、何もない状態で相手と交渉をしても、どうやってどれくらいの値段をつけたらいいのかさっぱり分かりません。そこで、「ある一定の目安」として企業の価値を計算し、それを基に交渉を行います。この企業の価値の計算のことを、企業価値評価といいます。

企業価値評価の方法はざっくり2つ

企業価値評価の方法にはさまざまな種類がありますが、ここでは中小企業の企業価値評価で最も頻繁に使われている方法を2つご紹介します。

①コストアプローチ

コストアプローチとは、企業の純資産価値を基準とした評価方法です。会社の資産から負債を引いて、残った金額(=純資産価値)をその会社の価値とする方法です。

別の言い方をすると、その会社を買ってすぐに清算した場合、手元に最低いくら残るのかを求める方法がコストアプローチといえます。

②インカムアプローチ

インカムアプローチとは、企業の将来の収益やキャッシュフローの予想をもとに企業価値を評価する方法です。インカムアプローチにはさまざまな方法がありますが、最も多く用いられているのがDCF法(ディスカウントキャッシュフロー法)です。

DCF法とは、企業活動によって将来生み出される期待キャッシュフロー(フリーキャッシュフロー)の総和を、現在価値に割り引いて算出したもののことをいいます。

このフリーキャッシュフローの計算には数多くの式が用いられますが、一般的には以下の算式を用います。

  • フリーキャッシュフロー=営業利益×(1-法人税率)+減価償却費-運転資本増加額-設備投資額

この式を見ると難しいと感じるかもしれませんが、簡単に言うとフリーキャッシュフローとは、会社が1年間で稼いたお金のうち事業を維持するために必要な支出を差し引き、最終的に会社の手元に残る金のことをいいます。

この式で算出したフリーキャッシュフローを3~5年分合計したものを会社の企業価値とする方法をDCF法といいます。

別の言い方をすると、その会社を買ったら3~5年でいくら利益が上がるのかを求めるのがDCF法といえます。

最後に「のれん」代を加える

コストアプローチで算出した金額とDCF法で算出した金額は、当然ながら同じではありません。この2つの指標で算出された会社の企業価値を基に、いくらの金額が妥当なのかを決めていきます。

そして最後に「のれん」代を加えたものが、最終的な会社の値段となります。

「のれん」とは

「のれん」とは、会社の持っている技術力やノウハウ、大手企業との取引口座や質の高い従業員などのように決算書上では表すことはできなくても会社が持っているプレミアムな価値の総体のことをいいます。

最後にこの「のれん」代がいくらになるのかを算出し、それを加えた金額が最終的な売却価格の基準値となります。

最後に

M&Aの企業価値評価にはさまざまな方法がありますが、最終的に会社の譲渡価格を高くするかどうかを決めるのは「のれん」です。「のれん」とは、特許などの特殊技術だけでなく、大口の顧客を抱えているかどうか、技術力のある従業員がいるのかどうかなども「のれん」の対象となります。

ご自身の会社に一体どれくらいの値段がつくのか本格的に知りたいと思われた方は、ぜひ一度専門家に問い合わせてみてください。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

S&P500がベアマーケットに接近。金利動向に変化の兆しも

S&P500がベアマーケットに接近。金利動向に変化の兆しも

27日、ザラ場中S&P500が直近高値から20%以上下落し、ベアマーケット相場入りと盛り上がりました。 …

年初来でパフォーマンスが好調な米国高配当株。今後の注意点

年初来でパフォーマンスが好調な米国高配当株。今後の注意点

19日も米株式市場は3指標そろって下落しました。前日の5%ほどではありませんでしたが、下落トレンドが続くという …

今後の株価は今まで以上に景気指標に左右されそう

今後の株価は今まで以上に景気指標に左右されそう

17日、米株式市場が上昇しました。17日は小売売上高、鉱工業生産、パウエル議長のコメントと、かなり注目度の高い …

金曜日のリバウンドは続くのか?今週注目すべき重要経済指標

金曜日のリバウンドは続くのか?今週注目すべき重要経済指標

13日、インフレの懸念が少し後退したということもあり、若干の金利低下と大きく株高になりました。特にNASDAQ …

下落が続く米国株。2018年下落局面と比較した今後の見通し

下落が続く米国株。2018年下落局面と比較した今後の見通し

今週PPI、CPIという物価に関する重要な指標が発表されました。この結果は皆さんもご存知だと思います。CPIが …

【米国株】S&P500が年初来安値を更新。今の株価は割安か?

【米国株】S&P500が年初来安値を更新。今の株価は割安か?

今月に入っての最注目材料といっても過言ではない、アメリカのCPI、消費者物価指数の発表が日本時間の夜9時半に発 …

【米国株】雇用統計で賃金インフレへの懸念高まる。米CPIが予想通り鈍化でも上値の重さが続く可能性。

【米国株】雇用統計で賃金インフレへの懸念高まる。米CPIが予想通り鈍化でも上値の重さが続く可能性。

5月6日雇用統計が発表されました。内容を受けてマーケットは賃金インフレ懸念で、FRBが再びタカ派となり、前回0 …

【米国株】FOMC後に乱高下。金利上昇をもたらしたパウエル議長の一言とは

【米国株】FOMC後に乱高下。金利上昇をもたらしたパウエル議長の一言とは

4日にFOMCが開催されました。その後のパウエル議長の記者会見において0.75%の利上げは考えておらず、0.5 …

【米国株】米国株大幅下落。決算内容から今後の見通しは?

【米国株】米国株大幅下落。決算内容から今後の見通しは?

先週1週間で、メガテック企業と呼ばれる大手ハイテク企業の決算発表が出揃いました。ご存知の通りまちまちではありま …

NASDAQが年初来安値を割り込む。反転のきっかけはメガテックの動向次第

NASDAQが年初来安値を割り込む。反転のきっかけはメガテックの動向次第

4月26日、NASDAQが4%近く大きく下落をしています。そして年初来安値を更新しています。3月に付けた安値を …

【米国株】米国メガテック企業の決算。発表後の動向で今後の展開を見極めよう!

【米国株】米国メガテック企業の決算。発表後の動向で今後の展開を見極めよう!

今週一番の注目点は、米メガテック企業の企業決算です。メガテック企業以外もかなり多くの企業決算が予定されています …

【米国株レビュー】下落トレンドは続くのか?今後の見通し

【米国株レビュー】下落トレンドは続くのか?今後の見通し

この1週間、株価があまり堅調ではありません。 3月の年初来安値を目指すようなトレンドになっているのではないかと …

【米国金利】米国長期金利が急上昇。金利の上限目処は?

【米国金利】米国長期金利が急上昇。金利の上限目処は?

先週から米10年長期金利が大きく上昇してきています。19日は2.9%を超え、ゴールドマン・サックスの年末予想2 …

2022年1Q、米国企業の決算は強弱まちまち。今後の株価はどうなるのか?

2022年1Q、米国企業の決算は強弱まちまち。今後の株価はどうなるのか?

アメリカの決算発表がいよいよスタートしました。前半戦は金融機関の発表となります。金融機関の今期決算内容は、債券 …

決算発表シーズン突入。株価の動向を決める売上高利益率(Profit Margin)に注目!

決算発表シーズン突入。株価の動向を決める売上高利益率(Profit Margin)に注目!

JPモルガンの決算発表が始まり、いよいよ本格化する決算内容について取り上げたいと思います。 その前に、注目材料 …

おすすめ記事