ファミリーオフィスにファミリーミッション・ステートメントが必要な理由

ファミリーオフィスにファミリーミッション・ステートメントが必要な理由

ファミリーオフィスの運営には、ファミリーミッション・ステートメントというものがあります。資産管理に家族の価値観を資産管理の方法を組み入れている人がとても少ないですが、ファミリーミッション・ステートメントは、適切な資産管理を行うためには必ず欠かせないものとなっています。なぜ、ファミリーミッション・ステートメントは欠かせないのかも含めて、実際に策定までの流れを、説明していきます。

前回は、最近、ファミリーオフィスが多くのメディアで取り上げられているかをお伝えしました。合わせてご一読ください。

ファミリーミッションステートメント

ファミリーオフィスの憲章

歴史ある、300年を超えるようなプライベートバンクや、長い歴史を持つファミリーオフィスにおいても、ファミリーミッション・ステートメントは、必ず自身で考え、ルールを定める形で、策定されています。

そのように聞くと、ファミリーミッション・ステートメントというのは、難しそうだと思う方もいるかと思いますが、実際には、そこまで堅苦しいものではなく、個人の価値観(ビジョン)をまとめたものになります。将来にわたって家族や自分の資産について、こういうふうに管理したいという気持ちを表してもらうだけですので、決して難しいものではありません。

ただ、ファミリーオフィスを運営するにあたっては、ファミリーミッション・ステートメントは、憲法のような役割を果たすことになります。各国々にも憲法が存在し、その下に法律があり、国が運営されています。同じように、ファミリーオフィスにおいても、ファミリーミッション・ステートメントが憲法として存在しています。

例えば、お金をしっかりと守っていきたい、お金は全部使い切ってもいいけれども、家族で幸せに暮らしたい、代々受け継いだ会社や土地については、ずっと続けてほしいなど、簡単なもので結構です。想い、価値観をしっかりと守っていくための、憲法だと思ってください。

ファミリーミッション・ステートメント作成の注意点

ただし、作成に当たっては、まずご自身で考えていただくことが欠かせません。自分で考えたものでなければ、気持ちが入りません。長年運営の中心になる憲章ですので、やはり面倒でもご自身で作ってもらうことがポイントです。

さらに、もう1つポイントがあります。人材、知識、財産について、書いていただきたいということです。人材というのは、後継者にどうしたいか、ご家族でどうしたいか、自分がどうしたいかという、人に関わること。知識というのは、例えば、代々受け継いできた会社をどうしたい、地域に愛された知識や伝統的なものを引き継いでいきたいなどを指します。財産は、言うまでもなく、現金・預金・株・会社の株・土地を含めたものです。この3つの要素が入っていると、よりいいステートメントになりますので、そちらを入れて作成しましょう。

ファミリーミッション・ステートメントの作成に関する2つの事例

ここで皆さんに、ファミリーミッション・ステートメントが、どれくらい大事なのか、実際に、私がこの1年間で見た2つの例をお話しいたします。まず、ファミリーミッション・ステートメントを作らなかったことにより、あまり上手く資産管理が出来なかったケースです。

その方は、将来安心して過ごすには十分な資産を持っていました。そのため、将来はバタバタすることなく、安定的な生活を送りたいと思っていました。

しかし、資産を保有していることは金融機関では知られた方でしたが、ファミリーミッション・ステートメントを実際に作っていなかったこともあり、いろいろな提案を受けていく中で、すごく魅力的な提案と思える投資商品に出会い、実際に投資を行うことになりました。

そもそも、その方は、運用による価格変動などでバタバタしたくないので、現金をしっかり守っていけばいいと思っていたのですが、つい、運用をスタートすることになり、その後、コロナショックなどにより、大きく相場が動いてしまいました。結果的に、運用の成績がどうだったかはご想像におまかせいたしますが、本来、運用をせずにゆっくり過ごしたいと定めていれば、提案についても、揺れ動くことは無かったでしょう。

このように、ファミリーミッション・ステートメントを作っておくことは、自分のやりたいことに沿った資産管理を行うための指針となり、つい魔が差すような取引を回避することができるような効果がきたいできます。

次回は、もう一つの実例をお伝えします。

この内容は、セフルファミリーオフィス(無料)にて動画で視聴できます。実際の資産管理の方法を先に知りたい方は、動画のご視聴ください。
https://fa3ily-office.com/self_familyoffice/

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】景気先行指数が悪化。いつ株価に影響を与えるか?

【米国株】景気先行指数が悪化。いつ株価に影響を与えるか?

23日、カンファレンスボードによる景気先行指数(LEI)が発表されました。今後の先行きを見通すものとして注目さ …

【米国株】もし、米国がディスインフレになった場合に有望な株式セクターは?【1/23 マーケット見通し】

【米国株】もし、米国がディスインフレになった場合に有望な株式セクターは?【1/23 マーケット見通し】

2023年がディスインフレーションになればというテーマで、本日はお伝えします。ディスインフレーションとは、金融 …

【米国株】今の米国株は、今後の景気後退と企業業績の悪化をすでに織り込んでいるのか?

【米国株】今の米国株は、今後の景気後退と企業業績の悪化をすでに織り込んでいるのか?

今週は、企業業績の悪化や経済指標の軟化の発表を受け、株価が下落しています。最近のマーケットコメントでは、今の株 …

【米国債券】米ハイイールド債券上昇。今後も上昇は続くのか、今は買い時なのか。

【米国債券】米ハイイールド債券上昇。今後も上昇は続くのか、今は買い時なのか。

本日は、米国のハイイールド債券を取り上げます。ハイイールド債券は炭鉱のカナリアと呼ばれ、下がるようであれば株式 …

【米国株】今の株価水準は割安か、それとも割高か?

【米国株】今の株価水準は割安か、それとも割高か?

今年に入り、株式市場が徐々に上昇をしています。今後も上昇が続くのかどうかが、皆さんの関心事だと思います。では、 …

【米国株】いよいよ利上げサイクルの後半戦。株価は過去どのように動いたのか、また、今後の注目点について

【米国株】いよいよ利上げサイクルの後半戦。株価は過去どのように動いたのか、また、今後の注目点について

1月6日の雇用統計、ISM非製造業指数を受け、3~5月の利上げ停止の期待が高まった結果、株価が上昇しています。 …

富裕層の資産タイプ別 〜資産管理会社の設立と活用のポイント〜

富裕層の資産タイプ別 〜資産管理会社の設立と活用のポイント〜

企業オーナーや資産家にとって、資産の運用管理に個人ではなく資産管理会社を利用することは珍しくないありません。た …

【米国株】年明け後から軟調な経済指標。ベアマーケットは続くのか?

【米国株】年明け後から軟調な経済指標。ベアマーケットは続くのか?

今週に入り、米国の株式市場の方向感はあまり定まっていない印象です。一方、マーケットでは警戒感が高まっている印象 …

【米国株】2023年、米株の株価はいつごろ底打ちするのか?

【米国株】2023年、米株の株価はいつごろ底打ちするのか?

本日は、2023年の米国株式市場のボトム時期について考えてみますが、リセッションに入った場合を想定していますの …

【米国債券】2023年の債券投資戦略。米国債と適格社債のどちらがパフォーマンスを期待できるか?

【米国債券】2023年の債券投資戦略。米国債と適格社債のどちらがパフォーマンスを期待できるか?

今年もいよいよ終わりに近づき、23年の投資戦略を立てている方も多いのではないかと思います。今年、22年に関しま …

【米国株】日銀サプライズで米国の長期金利上昇。上昇の背景と今後への影響

【米国株】日銀サプライズで米国の長期金利上昇。上昇の背景と今後への影響

20日、日銀の金融政策決定会合が開かれ、大きなサプライズとなりました。日本の長期金利の誘導目標を±0.25%か …

【米国株】マーケットはFOMCの内容をミスリード?不確実性によるリスク上昇に要注意

【米国株】マーケットはFOMCの内容をミスリード?不確実性によるリスク上昇に要注意

本日のテーマは、15日に開催されたFOMCです。市場予想よりもタカ派的な内容と評価されていますが、その日はあま …

【米国株】市場に景気後退懸念。FOMCでFRBは懸念を払拭できるか?

【米国株】市場に景気後退懸念。FOMCでFRBは懸念を払拭できるか?

今、マーケットでは2023年のリセッション入りが懸念されています。14日に開かれるFOMCにおいて、マーケット …

【米国株】今後の流れを決定づける重要なFOMC。FOMCで確認すべき5つのポイント

【米国株】今後の流れを決定づける重要なFOMC。FOMCで確認すべき5つのポイント

12月FOMCが、13~14日に開催されます。0.5%の金融引き下は、マーケットのコンセンサスなので、恐らく間 …

【米国株】米大手金融機関CEOが23年の厳しい経済見通しを示唆。23年の株価への影響について

【米国株】米大手金融機関CEOが23年の厳しい経済見通しを示唆。23年の株価への影響について

先日、米国で金融関連のカンファレンスが開かれました。ウォールストリートの重鎮と言われるような金融大手のCEOが …

おすすめ記事