だれにでも真似できる富裕層の資産運用術

だれにでも真似できる富裕層の資産運用術

私たちは、頻繁に「富裕層などのような運用をしているのですか?」「自分たちにはどのような運用が良いですか?」「金額が富裕層ほど多額でなくても良い運用はできるのでしょうか?」という質問を頂きます。正直にお答えすると、富裕層が行っている資産運用は、真似することができます。また、例えば1000万円とか500万円の投資資金にもそのまま応用できると言えます。また、プライベートバンクから提案などがなくても、富裕層が行うような投資を自分で行うことは可能です。

超富裕層が行っている資産運用のイメージとは

本当の富裕層が行っている運用をお伝えする前に、まずは、皆さんの「富裕層の運用」というイメージについて確認してみたいと思います。よくイメージとしてよくお聞きするのは、富裕層に限定された取引、「仕組債券」「オプション取引」、または、「高度なレバレッジ取引」「私募ファンド」などで、常に高収益を実現していそう、というものです。

私は、これについては事実でもあり間違いでもあると思います。その理由は、金融取引には必ず、リターンにはリスクが伴うという「トレードオフ」という原則があります。つまり、多くの皆さんがイメージしている高収益(高リターン)な取引には、必ず高リスクが伴っています。

では、超富裕層がそのような高リスクの取引を本当にメインに行っているかと言えば、ほぼ「NO」と言えます。その意味で、多くの皆さんがイメージされていることは残念ながら間違いだと言えるかもしれません。ちなみに、ほぼ「NO」とお伝えしたのは、伝統的な富裕層ではなく、若くして短期間で資産を気付いた人は、リスク許容度が極端に高く、資産運用でもとても大きなリスクを取る人もいるので「ほぼ」とさせていただきました。

リスクをコントロールできる資産こそがメイン資産

さて、話を戻します。例えば、100億円を保有する富裕層がいたとします。その富裕層が60億円とか70億円の資産の大部分を、仕組債券や私募ファンドと言われているようなリスクの高い金融商品へ「単一」で投資を行うでしょうか。リターンが年率で20〜30%狙える期待値が高い投資であるとすればリスクはそれだけ高く、もし70億円投資をして30%マイナスの21億円もの損失が生じたらと想像すれば誰でも投資を回避します。これは、私も数多くの富裕層を担当してきて実体験として間違いない事実です。

このようなことから高収益期待の投資は、メインの資産ではなく、あくまでのサブのサテライト資産(私たちはこのようなサブの資産をサテライト資産といいます)、運用資産額の約20%〜30%程度以内におさめて取引を行うことが多いと言えます。

では、コア資産(私たちはメインとなる資産をコア資産と呼びます)は、どのような運用をしているかというと、自ずとリスクの低い商品で運用を行うことになります。ただ、リスクの低い運用を目指すコア資産とはいえ、ある程度のリスクを取らないとリターンを得られないということも事実です。これは、前述でお伝えした通り「トレードオフ」の原則から、ローリスクでハイリターンはとても都合のいい話であり得ません。つまり、富裕層の資産運用でもある程度のリスクは取っていく必要があるのす。まずこの点は、皆さんの運用にも同じことが言えると思います。

リスクはコントロールできる

とはいえ、コア資産では大きな損失を出したくないものです。そのため、「リターンはコントロールできないが、リスクはコントロールできる」という手法をコア資産の運用に適用しています。このリスクコントロールこそが、「異なった値動きをする銘柄を束ねてコア資産の価値のブレをコントロールする」という「分散投資」と呼ばれるものです。また、分散投資の話では欠かせない、ポートフォリオという「複数の異なる値動きをする資産を組み合わせる」という手法を使いリスクをコントロールしながら資産運用を進めています。これこそが、皆さんに活用していただきたい手法になります。

なんだ、ポートフォリオ運用はすでに広く知れ渡っていると思いの方も多いかと思います。ここでは、その効果を改めてご理解いただき、メインの資産運用にお役立て頂きたいと思います。特徴を一言で言えば、「性格の異なった複数の銘柄へ投資することにより、より安定した収益を上げるための投資の方法」と言えます。プロの投資家や機関投資家、もちろん富裕層のコア資産運用も、このポートフォリオ運用を基本としています。

個別の銘柄は、マーケット環境の悪化や企業業績の変動により、株価の大幅な変動を避けられないことが多くあります。しかし、性格の異なった複数の銘柄を組み合わせは、一銘柄の株価が急落しても他の銘柄がそれを補うことができることで下落に強いという特徴があります。様々な業種や銘柄への分散投資により、株式市場全体の成長を幅広くとらえることがポートフォリオ運用のメリットになります。

避けることができるリスクとできないリスク

とはいえ投資の世界では、「避けることができるリスクと避けることができないリスク」があります。例えば、個別銘柄の株価は二つの要因で値動きをしています。一つ目は、銘柄固有の要因によるものです。これは分散投資によって相殺することができるリスクです。

しかし、二つ目のリスクは避けることができないリスクです。それは、市場全体のリスクで、株式市場に投資をしている以上避けることのできないリスク(システミックリスク)です。株式相場自体が大きく下げている中では、全部の株が下がることがあるので分散をしても効果がない場合もあります。

ITmediaオンライン 渋谷豊の投資の教室より引用

このように、単一の資産クラス(例えば、株とか債券のみ)への投資では、どうしても市場リスク(システマティックリスク)を回避できません。そこで、富裕層のコアアセット運用に活用されているのは、株や債券、コモディティなど多様な資産に分散を行う国際分散投資です。このように守りを固めなければならないメイン資産の運用では、市場全体の下落により避けられない市場リスクを、その他の資産でカバーするということが重要視されています。

それでもなかなか正しく理解をされていない現状

ただ実際のところ、この運用の効果を多くの人に正しく理解されているかと言えば、そうとは言えないのが現状です。資産規模が大きく、ポートフォリオ運用が不可欠な状況にある人は、必要にかられて国際分散投資を行いその実績を体験して効果を充分に理解されていると思います。

しかし、「興味を引きつけやすい、できるだけ魅力的に見える商品」、私たちは「飛び道具」と揶揄したりしますが、そのような商品ばかりが皆さんの目に止まるような仕組みになっており、分散投資と縁がない状態になっている方がとても多いと思います。また、分散投資について本質を正しく理解し説明をできる担当者も少ないという問題もあります。そのため、分散投資については認知しているけれど、実際に資産運用に活用されているケースはまだまだ少ないと言えます。

そこでご参考までに以下のチャートを添付しました。このチャートは、1994年からの「負けない投資」と命名した分散投資(株・債券・コモディティの5つのアセットに分散)と株式集中投資(米国株100%)の比較です。運用開始から27年経ち、結果的には株式集中型の方が良いパフォーマンスを上げています。

しかし、注目してただきたいのは、各大幅下落局面では、株式集中投資はそれまでの上昇分を吐き出すような大きな下落を出してしまう点です。一方で分散投資は、安定的に年率7.8%での運用、さたに変動率は株式集中型の約半分までコントロールされたコアアセットの運用としては十分な役割を果たしています。

このような、大きな変動を伴いながらショックのたびに追いつかれるリスクの高い運用よりも、安定的な成長を実現するポートフォリオ運用は、多くのみなさまに活用いただける運用だとお伝えしています。

パフォーマンスが良くないという誤解

「退屈な運用」「大きく儲けることができない運用」と誤解されがちなポートフォリオ運用ですが、このようにコアアセットには欠かせない強みがあることをご理解いただけたかと思います。尚、このようにコアアセットに利用されているモデルポートフォリオを専門家たちは数十種類から使い分けていますが、みなさんもご自身のリスクリターンに合わせて探すことができれば、より良い結果に結び付けていくことができます。是非、長期で安定した資産形成術をこれを機会に検討してはいかがでしょうか。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

米テック企業の決算発表に警戒感高まる。市場反応はいかに?

米テック企業の決算発表に警戒感高まる。市場反応はいかに?

今週は注目を集めるGAFAMの決算発表が集中してあります。 先週まで、アメリカの企業決算は総じて中身が良く、S …

ファンドマネージャー調査、債券投資配分が過去最低。今、個人投資家は債券投資は避けるべきか?

ファンドマネージャー調査、債券投資配分が過去最低。今、個人投資家は債券投資は避けるべきか?

毎月1回発表されるバンクオブアメリカのファンドマネージャー調査で、2000年以降、債券に対して最も弱気な状況で …

「ツイストフラットニング」発生。米イールドカーブが示唆する今後の株式市場の見通しとは

「ツイストフラットニング」発生。米イールドカーブが示唆する今後の株式市場の見通しとは

米国イールドカーブに、 ツイストフラットニング(金利が横になる状態)が現れました。 これは、10月16日と18 …

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

10月12日から米国決算発表がスタートし、金融機関を中心に発表されました。バンクオブアメリカ、JPモルガンなど …

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

10月14日、米国株式市場は3指標全てが上昇しました。1.5%を超える大きな上昇です。この短期のリバウンドは続 …

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

本日はスタグフレーションについてです。最近、ニュースや記事等でスタグフレーションという言葉を頻繁に見かけます。 …

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

10月8日金曜日、雇用統計が発表されました。雇用者数が伸びておらず、内容もインフレ懸念を示すなど、今後の波乱要 …

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

最近、米国市場のボラティリティが上がっています。2022年は、株価がどう動いていくのか。2021年10月時点で …

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

米国株式市場は、10月に入ってからも不安定さが続いています。この不安定な状況は、10月末まで続く可能性がありま …

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減っています。過去、このような環境下で米国株のS&P500、米国債券がどのようなパ …

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国株式ETFと債券ETFが同時に下落する傾向が、最近多く見られます。 通常であれば、株と債券は逆相関の関係に …

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

アメリカの長期金利上昇が止まりません。10年金利が1.5%を超えた影響が、大きく株価にも出てきています。 本日 …

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

2021年に入って初めて、世界の株式市場から資金が流出したとのニュースが9月23日に流れました。世界全体で多く …

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

9月21~22日のFOMC後、S&P500などの米国株が大幅に反発しています。この上昇がこれからも続く …

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。 FOMCが非 …

おすすめ記事