コロナ後の経済で一番変わるのは中央銀行かもしれない

コロナ後の経済で一番変わるのは中央銀行かもしれない

最近の市場関係者での流行り言葉は、世界の各中央銀行が「最後の貸し手から最後の買い手」になったです。

この言葉は、世界各国の中央銀行が新型コロナウイルスとの戦いを「戦時」と表現し、かつてない規模で金融緩和策を行なっただけにとどまらずに企業金融の資産購入を行う今まで行なってこなかった禁断の領域に踏み込んだ姿勢を形容したものです。

ということでコロナをきっかけに大きく変わったのは、国民の生活様式だけではなく中央銀行も同じかもしれません。

中央銀行の役割、つまりマンデートは、物価安定させること

これまで米国のFRB(中央銀行に準ずる)は、物価の安定に雇用の安定を加えたダブルマンデート(2つの使命)をこれまで遵守しつつ経済運営を行ってきました。

ところが、今回のコロナ対策を通じてFRBの主たる目的は、この2つのマンデートに加え自国の国債市場を安定させつつ、積極財政の維持・支援を行うことを加わったようです。

今後当面は、消費需要や企業の設備投資の減少により物価上昇は穏やかになることが予測され、物価上昇による金利上昇の見込みは少ないのですが、一方で、財政出動のためにおこなわれる国債増発による金利上昇が起こり得ることから、FRBとしてはその金利上昇は抑えなければならないという新たな「使命」が加わったと考えておくべきです。

さらに、FRBは冒頭にお伝えしたとおり企業金融の資産購入にまで踏み込んできました。

中央銀行が企業の借金を担う「企業ファイナンス」

これは、前述のとおり、政府が経済対策として発行する国債、つまり政府の借金を中央銀行が賄うという「財政ファイナンス」を行なっています。それに加え、中央銀行が企業の社債やCPなどをMMFを通じて購入し借金を肩代わりする「企業ファイナンス」に直接乗り出すことになりました。

そこで冒頭の「最後の貸し手から最後の買い手」という言葉が生まれました。これは今まで米国ではなかったことです。

今回の危機においてこのような対応は現時点では効果的でした。リーマン・ショック時は、金融機関の経営懸念に対する信用不安から景気後退が生じましたので、その不安を封じ込めるという意味では一定の効果があったといえます。

しかし、今後の株価市場や企業活動において、「中央銀行がなにがあっても助けてくれる」といった甘えに近いモラルハザードが生じる可能性があります。そうならないためにも運営やルールの制定がいずれ求められます。

これらのルールの制定や修正が行われる時には、株式市場や金利、為替がどのように反応するのか、今の段階からしっかりと考えて対応策を講じることが投資家として大切になります。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

10月12日から米国決算発表がスタートし、金融機関を中心に発表されました。バンクオブアメリカ、JPモルガンなど …

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

10月14日、米国株式市場は3指標全てが上昇しました。1.5%を超える大きな上昇です。この短期のリバウンドは続 …

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

本日はスタグフレーションについてです。最近、ニュースや記事等でスタグフレーションという言葉を頻繁に見かけます。 …

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

10月8日金曜日、雇用統計が発表されました。雇用者数が伸びておらず、内容もインフレ懸念を示すなど、今後の波乱要 …

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

最近、米国市場のボラティリティが上がっています。2022年は、株価がどう動いていくのか。2021年10月時点で …

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

米国株式市場は、10月に入ってからも不安定さが続いています。この不安定な状況は、10月末まで続く可能性がありま …

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減っています。過去、このような環境下で米国株のS&P500、米国債券がどのようなパ …

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国株式ETFと債券ETFが同時に下落する傾向が、最近多く見られます。 通常であれば、株と債券は逆相関の関係に …

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

アメリカの長期金利上昇が止まりません。10年金利が1.5%を超えた影響が、大きく株価にも出てきています。 本日 …

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

2021年に入って初めて、世界の株式市場から資金が流出したとのニュースが9月23日に流れました。世界全体で多く …

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

9月21~22日のFOMC後、S&P500などの米国株が大幅に反発しています。この上昇がこれからも続く …

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。 FOMCが非 …

中国エバーグランデ社のデフォルト懸念がFOMCに影響を与えるのか?

中国エバーグランデ社のデフォルト懸念がFOMCに影響を与えるのか?

本日は、月曜日から株式市場を大きく揺るがしている、 エバーグランデ(中国恒大集団)の今後の見通しについて見てい …

9月のFOMCの焦点は、経済見通し・インフレ見通し・利上げ時期の3点

9月のFOMCの焦点は、経済見通し・インフレ見通し・利上げ時期の3点

今月1番のビックイベントと言っても過言ではない9月21~22日のFOMC。さらに、その後に開かれるパウエル議長 …

米国株、海外投資家が2007年以来の大幅売り越し。今後も継続するのか?

米国株、海外投資家が2007年以来の大幅売り越し。今後も継続するのか?

アメリカから見た外国人投資家が、7月に米国株を売り越しています。今回は、その背景を分析し、現在の米国株式市場の …

おすすめ記事