さらに加速するデジタル化を投資に活かすには

さらに加速するデジタル化を投資に活かすには

コロナ蔓延の影響により惨劇とも言える目先の経済指標の悪化などに気持ちが奪われがちですが、一方でデジタル化は影響を受けるどころかますます加速しています。これからの経済と景気をけん引役を担うデジタル化。その拡大を数字で追ってみましょう。

一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)が発表した「5Gの世界需要額見通し」によると、今後5G市場の世界需要額は年平均63.7%増で成長し、2030 年には 168.3 兆円と、2018 年と比べると約300倍に拡大する見通しだそうです。(前述レポートより引用)

出典:一般社団法人電子情報技術産業協会

Iot機器とは、スマートフォン、タブレット、PC、自動運転、ドローンなどのことです。
また、ソリューションサービスとは、ソフトウェア開発やSI開発(システムインテグレーション開発:経済活動や企業運営にはさまざまな課題が存在しており、IT技術を活用し解決するシステム)などをいいます。

拡大する5G市場

さて、当レポートではすさまじい5G市場の拡大を数字として実感することが出来るわけですが、実は2019年12月18日に発表されたものです。つまり、コロナウイルスが蔓延する前に予測された数字であり、コロナウイルスの影響は加味されていません。コロナ後の世界の変化に関しては、数多くのレポートや調査が発表されていますが、企業が企業活動再開後に取り組むことは、テレワークの導入、コミュニケ−ションツールの導入、ネットワークインフラの増強、社内文書の電子化、デジタル人事制度導入などデジタル化に向けた取り組みが中心になると予測されています。

このようなことから、間違いなくデジタル化が加速するわけですが、その恩恵を受ける産業はどこなのでしょうか。

IoT機器の主な需要先は、コネクテッドカーの普及によりIoT化の進展が見込まれる「自動車・輸送機器」デジタルヘルスケアの市場が拡大している「医療」スマート工場やスマートシティが拡大する「産業用途(工場、インフラ、物流)」などの分野が予測されています。

一方で、ソリューションサービスでは、今回、非接触により需要の高まりが期待される流通・物流、また、製造や金融なども需要を牽引すると予測されています。

このような需要先のどこに注目すればいいのでしょうか。

5Gの導入により業績の成長性、営業利益の成長性が逓増する、売上営業利益率が上昇するなどの変化が生じてきます。その変化が企業価値の向上につながり株価が上昇するきっかけになります。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】今の米国株は、今後の景気後退と企業業績の悪化をすでに織り込んでいるのか?

【米国株】今の米国株は、今後の景気後退と企業業績の悪化をすでに織り込んでいるのか?

今週は、企業業績の悪化や経済指標の軟化の発表を受け、株価が下落しています。最近のマーケットコメントでは、今の株 …

【米国債券】米ハイイールド債券上昇。今後も上昇は続くのか、今は買い時なのか。

【米国債券】米ハイイールド債券上昇。今後も上昇は続くのか、今は買い時なのか。

本日は、米国のハイイールド債券を取り上げます。ハイイールド債券は炭鉱のカナリアと呼ばれ、下がるようであれば株式 …

【米国株】今の株価水準は割安か、それとも割高か?

【米国株】今の株価水準は割安か、それとも割高か?

今年に入り、株式市場が徐々に上昇をしています。今後も上昇が続くのかどうかが、皆さんの関心事だと思います。では、 …

【米国株】いよいよ利上げサイクルの後半戦。株価は過去どのように動いたのか、また、今後の注目点について

【米国株】いよいよ利上げサイクルの後半戦。株価は過去どのように動いたのか、また、今後の注目点について

1月6日の雇用統計、ISM非製造業指数を受け、3~5月の利上げ停止の期待が高まった結果、株価が上昇しています。 …

【米国株】年明け後から軟調な経済指標。ベアマーケットは続くのか?

【米国株】年明け後から軟調な経済指標。ベアマーケットは続くのか?

今週に入り、米国の株式市場の方向感はあまり定まっていない印象です。一方、マーケットでは警戒感が高まっている印象 …

【米国株】2023年、米株の株価はいつごろ底打ちするのか?

【米国株】2023年、米株の株価はいつごろ底打ちするのか?

本日は、2023年の米国株式市場のボトム時期について考えてみますが、リセッションに入った場合を想定していますの …

【米国債券】2023年の債券投資戦略。米国債と適格社債のどちらがパフォーマンスを期待できるか?

【米国債券】2023年の債券投資戦略。米国債と適格社債のどちらがパフォーマンスを期待できるか?

今年もいよいよ終わりに近づき、23年の投資戦略を立てている方も多いのではないかと思います。今年、22年に関しま …

【米国株】日銀サプライズで米国の長期金利上昇。上昇の背景と今後への影響

【米国株】日銀サプライズで米国の長期金利上昇。上昇の背景と今後への影響

20日、日銀の金融政策決定会合が開かれ、大きなサプライズとなりました。日本の長期金利の誘導目標を±0.25%か …

【米国株】マーケットはFOMCの内容をミスリード?不確実性によるリスク上昇に要注意

【米国株】マーケットはFOMCの内容をミスリード?不確実性によるリスク上昇に要注意

本日のテーマは、15日に開催されたFOMCです。市場予想よりもタカ派的な内容と評価されていますが、その日はあま …

【米国株】市場に景気後退懸念。FOMCでFRBは懸念を払拭できるか?

【米国株】市場に景気後退懸念。FOMCでFRBは懸念を払拭できるか?

今、マーケットでは2023年のリセッション入りが懸念されています。14日に開かれるFOMCにおいて、マーケット …

【米国株】今後の流れを決定づける重要なFOMC。FOMCで確認すべき5つのポイント

【米国株】今後の流れを決定づける重要なFOMC。FOMCで確認すべき5つのポイント

12月FOMCが、13~14日に開催されます。0.5%の金融引き下は、マーケットのコンセンサスなので、恐らく間 …

【米国株】米大手金融機関CEOが23年の厳しい経済見通しを示唆。23年の株価への影響について

【米国株】米大手金融機関CEOが23年の厳しい経済見通しを示唆。23年の株価への影響について

先日、米国で金融関連のカンファレンスが開かれました。ウォールストリートの重鎮と言われるような金融大手のCEOが …

【米国株】金融各社の2023年株価見通しに大きなブレ。個人投資家動向はソフトランディングシナリオ?

【米国株】金融各社の2023年株価見通しに大きなブレ。個人投資家動向はソフトランディングシナリオ?

今年も12月に入りました。金融機関各社から、2023年のS&P500の年末予想が出てきました。本日は、 …

【米国株】パウエル議長のハト派的な発言の真意は景気後退懸念を示唆したものか?

【米国株】パウエル議長のハト派的な発言の真意は景気後退懸念を示唆したものか?

11月30日、FRBのパウエル議長が、ブルッキングス研究所で経済見通し、雇用に関する講演を行いました。前回のF …

【米国株】長期金利が低下しても株価の上値が重たい理由

【米国株】長期金利が低下しても株価の上値が重たい理由

先週から、FRBメンバーの要人発言が続いています。かなりタカ派的な発言内容であるにもかかわらず、FFレートの先 …

おすすめ記事