ファミリーオフィスのメリットとは?

ファミリーオフィスのメリットとは?

ファミリーオフィスとは、欧州や米国では広く認知されており、資産管理においてはとても優れたシステムだと周知されています。

あまり知られていないファミリーオフィス

一言で言えば、資産家の資産に関することにのみならず、一族の関わる全ての問題を解決するために専属でサポートする組織のことをファミリーオフィスといいます。

また、ファミリーオフィスには資産家から運営を任されているゲートキーパー(番頭さん)役が必ず存在しており、専属のスタッフのマネジメントや運営管理などの責任を持ち、資産家への報告を蜜に行います。

このチーム体制こそが、資産管理、法律、税務、事業承継などを全てコントロールしていく、まさに資産家のニーズから発生した資産管理システムとされています。

このような欧米における完全型のファミリーオフィスの実態は、守秘義務もありますので我々にはその全容は伝わってはこないのですが、優れたファミリーオフィスには、他の資産家から資金が預けられたり、運営を委託されたりしているマルチファミリーオフィスという仕組み全世界で広がりつつあることからすると、とても素晴らしい運営がなされていることがうかがい知れます。

永続的な発展のために

さて、マルチファミリーオフィスが広く浸透しているほど、優れた機能を持つ完全型のファミリーオフィスですが、実は資産を増やすことは最大の目的にはしていないようです。

目的は、資産を増やすというより、

資産の保全

承継、家業の継承

に重点が置かれています。

また、それだけではなく次世代の育成もふくめたサポートを重点的に行う、まさにファミリーの永続的な発展にフォーカスをあてた運営がなされています。

永続性を確実に築くためには、次世代の育成が不可欠で、早い段階から海外経験を積むために海外のボーディングスクールに進学したり、夏休み期間全てを使い次世代後継者だけが参加するビジネスキャンプに参加したり、自社でベンチャーキャピタルを立ち上げ投資判断を手伝ったりと、まさに帝王学を学んできます。

さらには、国際政治学者や経済学者、環境問題やSDGs権威などから直接学び見識を高める機会が設けられているそうです。

目的ファースト

このようにファミリーオフィスの本当の強みは、資産を保全し事業の永続的と発展を守ることだといえます。事業を永続させるために時代に合わせて変化を恐れず取り組んできたからこそ300年近く発展し続けるファミリーが存在できるのです。

ファミリーオフィスといえば、資産を守るだけというイメージをもたれがちなのですが、真髄は「永続することにフォーカスする」という考え方です。

ファミリーオフィスではこの永続するという目的を「ファミリー憲章」と呼び、その憲章を遵守するため様々な手段をファミリーオフィスメンバーが粛々と実行していく、この本質を見失わない運営こそが未来永劫ファミリーが永続できる理由になります。

見えてくる3つのメリット

このようにファミリーオフィスの機能を紐解いていくと、大きく3つのメリットが見えてきました。

1つ目が 家族の目的が明確になり将来に課題を残さない

2つ目が 目的と手段が明確になり無駄なコストかからない

3つ目が 事業承継や相続という問題を包括的に解決できる

まずは、これらのメリットを自身の資産管理にも加えてみてはいかがでしょうか。

ファミリーオフィスドットコムでは日本型のファミリーオフィスとしてこれらのメリットをより幅広くの方が恩恵にあずかれるよう、ファミリーオフィス型の資産管理を実施しています。

興味がある方はファミリーオフィスドットコムのサービスを一度、ご覧になってください。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

10月12日から米国決算発表がスタートし、金融機関を中心に発表されました。バンクオブアメリカ、JPモルガンなど …

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

10月14日、米国株式市場は3指標全てが上昇しました。1.5%を超える大きな上昇です。この短期のリバウンドは続 …

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

本日はスタグフレーションについてです。最近、ニュースや記事等でスタグフレーションという言葉を頻繁に見かけます。 …

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

10月8日金曜日、雇用統計が発表されました。雇用者数が伸びておらず、内容もインフレ懸念を示すなど、今後の波乱要 …

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

最近、米国市場のボラティリティが上がっています。2022年は、株価がどう動いていくのか。2021年10月時点で …

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

米国株式市場は、10月に入ってからも不安定さが続いています。この不安定な状況は、10月末まで続く可能性がありま …

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減っています。過去、このような環境下で米国株のS&P500、米国債券がどのようなパ …

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国株式ETFと債券ETFが同時に下落する傾向が、最近多く見られます。 通常であれば、株と債券は逆相関の関係に …

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

アメリカの長期金利上昇が止まりません。10年金利が1.5%を超えた影響が、大きく株価にも出てきています。 本日 …

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

2021年に入って初めて、世界の株式市場から資金が流出したとのニュースが9月23日に流れました。世界全体で多く …

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

9月21~22日のFOMC後、S&P500などの米国株が大幅に反発しています。この上昇がこれからも続く …

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。 FOMCが非 …

中国エバーグランデ社のデフォルト懸念がFOMCに影響を与えるのか?

中国エバーグランデ社のデフォルト懸念がFOMCに影響を与えるのか?

本日は、月曜日から株式市場を大きく揺るがしている、 エバーグランデ(中国恒大集団)の今後の見通しについて見てい …

9月のFOMCの焦点は、経済見通し・インフレ見通し・利上げ時期の3点

9月のFOMCの焦点は、経済見通し・インフレ見通し・利上げ時期の3点

今月1番のビックイベントと言っても過言ではない9月21~22日のFOMC。さらに、その後に開かれるパウエル議長 …

米国株、海外投資家が2007年以来の大幅売り越し。今後も継続するのか?

米国株、海外投資家が2007年以来の大幅売り越し。今後も継続するのか?

アメリカから見た外国人投資家が、7月に米国株を売り越しています。今回は、その背景を分析し、現在の米国株式市場の …

おすすめ記事