【第2回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

【第2回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

今回は、半導体業界を理解するために業界の概要と市場動向を見ていきます。

半導体業界の概要と市場動向

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォンやパソコン、家電、自動車など幅広い分野で使われています。半導体は電気を通す「導体」と通さない「絶縁体」の中間の性質を持つ物質で、シリコンなどの材料が主に用いられます。半導体の主な種類としては、データを記憶するメモリ、電流を制御するトランジスタ、光を電気信号に変換するフォトダイオード、電気を光に変えるLEDなどがあります。

世界の半導体市場と企業別売上高ランキング

世界の半導体市場は2024年に約87兆円(883億ドル)の規模に達する見込みで、データ社会の進展によって中長期的に需要の拡大が見込まれています。2022年後半以降は景気減速の影響で市況が悪化しましたが、2024年には再び2桁成長に転じ、2030年には1兆ドル規模に達すると予測されています。市場をけん引するのはAI(人工知能)関連技術や車載用途での需要増加です。

そして、2023年の企業別半導体売上高ランキングは、以下の通りです。

順位国籍企業名 売上高
(10億ドル)
世界シェア
1インテル48,6649.1%
2サムスン電子39,9057.5%
3クアルコム29,0155.4%
4ブロードコム25,5854.8%
5エヌビディア23,9834.5%
6SKハイニックス22,7564.3%
7アドバンスト・マイクロ・デバイシズ22,3054.2%
8スイスSTマイクロエレクトロニクス17,0573.2%
9アップル17,0503.1%
10テキサス・インスツルメンツ16,5373.1%
出所:ガートナー

半導体市場の現状

日本の半導体産業は1990年代まで世界市場の約半分を占めていましたが、その後、韓国や台湾、中国などに主導権を奪われ、2019年のシェアは10%にまで低下しました。

出典:経済産業省「半導体戦略」

しかし、日本政府は令和4年度補正予算で約2兆円を半導体関連の強化に充てるなど、巻き返しを図っています。

出典:経済産業省「半導体・デジタル産業戦略」

海外勢では、ファウンドリ(半導体受託製造)の最大手である台湾のTSMCが日本での工場建設を進めるほか、韓国のサムスン電子、米国のインテル、マイクロン・テクノロジーなども大規模な投資を行っています。米国では、半導体の国内生産を促すCHIPS法が成立し、インテルなどに数十億ドル規模の補助金交付が見込まれています。

半導体の設計・製造基板の企業シェアはどうなっている?

2022年の・製造基板の企業シェアは、以下の通りです。

半導体の設計・製造基板の企業シェア(2022年)

出典:経済産業省「半導体・デジタル産業戦略

半導体産業は、先端ロジック半導体の設計能力(ファブレス)は米国、製造(ファウンドリー)は台湾、メモリ半導体(NAND・DRAM)は韓国企業が大きなシェアを占めつつも、パワー半導体は日本、欧州、米国が三極を占め、自動車用マイコンではルネサスが16%のシェアを持つなど、分野ごとに各国・地域の企業が強みを発揮しています。

一方、世界最大の半導体市場である中国は、米中対立の影響で先端技術へのアクセスが制限されつつあり、脱米依存と自給率向上を目指しています。ただ、最先端の7nm(ナノメートル)プロセス技術の量産には至っておらず、技術的な課題は多いようです。

半導体産業は各国の覇権争いの主戦場となっており、サプライチェーン(原材料から最終消費者までの一連の流れ)の再編が進んでいます。日本企業も、強みを持つ材料や製造装置の分野で存在感を高めつつあります。特に、日本の半導体製造装置メーカーは世界シェアの30%前後を長年維持しており、2020年には東京エレクトロン、アドバンテスト、SCREEN、日立ハイテクの4社が半導体製造装置メーカーの売上高ランキングトップ10に入っています。

半導体の重要性がますます高まるなか、業界の動向から目が離せません。

<< 【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜 >>

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要 …

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォン、パソコン、自動車などさまざまな分野で使用されてい …

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インド株式市場は、世界の投資家から大きな注目を集めています。若い労働人口の増加と旺盛な消費に支えられた力強い経 …

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

米国株の決算発表では好決算が続き、株価も好調に推移しています。先週、ナスダックは1.43%、ダウは1.14%、 …

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

半導体製造の工程は、ウェーハ上に電子回路を形成する「前工程」と、完成したウェーハを個々のチップに分割し、外部と …

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈のカギを握る決算発表シーズンが始まりました。歴史的な賃上げと円安というコストアップ要因が企業にどの …

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

資産運用においては、金額に限らずマイナスになるのは、誰でも避けたいものです。ただし、資産の額が大きくなればなる …

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

半導体は現代社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしており、その複雑かつ高度な製造工程は、現代のテクノロジーの基 …

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

今週の米国の主要企業の決算発表を踏まえて、今後の米国株式市場の見通しについて解説します。 [ 目次 ]1 &n …

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

東証グロース市場250指数(グロース250)が年初来安値を更新するなど、グロース株の下落が目立っています。4月 …

【第1回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

近年、世界の株式市場の牽引役は間違いなく半導体企業でした。ただ、全ての半導体企業に対して広がった成長神話は、こ …

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

近年、日本企業の株主構成が変化し、外国人投資家の保有比率が増加傾向にある中で、企業に積極的に意見を述べるアクテ …

【米国株】‌‌下落が続く米国株は、今回も普通の調整か、それともまだまだ下落が続くのか。【4/22 マーケット見通し】

【米国株】‌‌下落が続く米国株は、今回も普通の調整か、それともまだまだ下落が続くのか。【4/22 マーケット見通し】

本日はテーマは米国株です。先週は、米国株で下落が続きました。今回の下落も、通常の調整なのか、それとも、まだまだ …

日米金利差が招く円安リスク〜日本経済への影響と日銀の舵取り〜 今後の見通しと注目ポイント

日米金利差が招く円安リスク〜日本経済への影響と日銀の舵取り〜 今後の見通しと注目ポイント

1990年6月以来、34年ぶりの1ドル=154円台に到達した力強い動きが続く米ドル円の今後の見通しは? [ 目 …

おすすめ記事