米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

今週の米国の主要企業の決算発表を踏まえて、今後の米国株式市場の見通しについて解説します。

 決算内容とガイダンスのギャップに注意

マイクロソフト、メタ(メタプラットフォームズ)、アルファベット(Googleの親会社)などの大手ハイテク企業の第1四半期決算は、市場予想を上回る良好な内容となりました。しかし、これらの企業の中には、今後の見通しについて慎重な姿勢を示したところもあります。

特にメタは、第1四半期の好業績、1~3月期として過去最高の売上高にもかかわらず、第2四半期の売上高見通しが市場予想を下回ったことから、株価が大幅に下落しました。メタはメタバースやAI事業へ巨額の投資を行っていますが、それによって利益が期待ほど伸びないことが確認されたことで、今後の半導体関連企業への投資が細るのではないかという懸念が生じて、メタのみならず、半導体関連銘柄やテック企業などにもマイナスの影響を与えました。

この流れは今後もハイテク企業にも波及する可能性があります。現在の業績よりも、先行きの不透明感が意識されやすい相場展開になると予想されます。投資家は、足元の業績だけでなく、企業の将来見通し(ガイダンス)や成長戦略にも注目し、慎重に投資判断を行う必要があるでしょう。

メタで崩れかけた雰囲気を一転させたアルファベット

そんな中、26日にアルファベット(Google)の第1四半期の決算が発表になりました。売上げ高は、15.4%増の805.4億ドル(前年同月比)、事前予想は785.91億ドル。また、1株当たり利益(EPS)EPS(一株あたり利益)が61.5%増の1.89ドル、事前予想のEPSは1.51ドルでしたので、かなりのポジティブサプライズとなりました。

アルファベットといえば、ここ数回、売上高では事前予想を下回ることが続いていたため市場には明るい材料となりました。さらに、初めての配当実施を発表。それだけではなく自社株買いを700億ドル行うことも併せて発表しています。これは株価を上げるために、最もわかりやすいコーポレートアクションです。

しかし、マーケットに与えた一番の安心材料は、今後、データセンターに数10億ドル投資を行うこと、また、 生成AIが クラウドサービスの売り上げ増加つながったとコメントしていることです。これは、メタの決算で半導体関連企業、および生成AIへの成長神話への疑念が生じていただけに、ポジティブな材料になりました。このように、強弱入り乱れたメガテックの決算を終え、決算シーズンの後半戦へ突入していきます。

インフレ動向と金融政策への警戒感

さて、マクロ面ではどのような材料があったのでしょうか。25日に発表された米国の第1四半期GDP成長率は前期比1.6%増と市場予想(+2.4%)を下回り、景気減速感が意識されました。米1四半期のGDPは季節要因でブレが生じやす傾向がありますし、またハードデータ(過去の数字)ではありますので、相場に大きな影響を与えることはありませんでした。

出所:Reuters 

一方で、インフレ指標であるPCEコアデフレーターは前年比3.7%上昇(予想:3.5%)と高止まりしています。FRBは利上げを継続せざるを得ない状況が続いており、金融引き締めによる景気や企業業績への悪影響が懸念されます。市場では「昨年末からのピボット・パーティーは終わった」との見方が広がっています。ピボット・パーティーとは、FRBがタカ派からハト派に政策スタンスを転換(ピボット)したことで、株式市場と債券市場で資金流入が起こり、株価と債券価格が上昇した状況のことで、今後はFRBのタカ派姿勢が株式市場の上値を抑える可能性が高いでしょう。

個別企業の業績動向を注視

今後は、個別企業の業績動向がより重視されることになります。市場全体(指標)の上昇を期待するのではなく、AIなどの先端技術を活用して競争優位性を発揮する企業に注目です。マイクロソフトやエヌビディアなどがその例で、AI関連需要の拡大が期待されています。一方で、インフレや金利上昇の影響を受けやすい景気敏感セクターの企業には警戒が必要です。例えば、米キャタピラやIBMなどの決算はかなり芳しくない内容でしたので、徐々に景況見通しの雲行きが怪しくなっているようにも感じます。決算シーズンの全体像を見極めるには今しばらく時間がかかりそうです。

まとめ

米国株式市場は、大手ハイテク企業の決算内容と今後の見通しのギャップを受けて神経質な展開となりそうです。さらに、インフレの高止まりとFRBの金融引き締めも重石となるでしょう。

ただし、AIなど先端技術関連の有望銘柄には資金が集まりやすく、個別株の物色が活発化すると予想されます。中長期的な視点で、業績拡大が見込める銘柄を選別して投資することが重要です。市場の短期的な変動に惑わされることなく、企業の本質的な競争力や成長力を見極めることが今後の投資戦略のポイントになりそうです。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要 …

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォン、パソコン、自動車などさまざまな分野で使用されてい …

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インド株式市場は、世界の投資家から大きな注目を集めています。若い労働人口の増加と旺盛な消費に支えられた力強い経 …

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

米国株の決算発表では好決算が続き、株価も好調に推移しています。先週、ナスダックは1.43%、ダウは1.14%、 …

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

半導体製造の工程は、ウェーハ上に電子回路を形成する「前工程」と、完成したウェーハを個々のチップに分割し、外部と …

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈のカギを握る決算発表シーズンが始まりました。歴史的な賃上げと円安というコストアップ要因が企業にどの …

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

資産運用においては、金額に限らずマイナスになるのは、誰でも避けたいものです。ただし、資産の額が大きくなればなる …

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

半導体は現代社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしており、その複雑かつ高度な製造工程は、現代のテクノロジーの基 …

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

東証グロース市場250指数(グロース250)が年初来安値を更新するなど、グロース株の下落が目立っています。4月 …

【第1回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

近年、世界の株式市場の牽引役は間違いなく半導体企業でした。ただ、全ての半導体企業に対して広がった成長神話は、こ …

【第2回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

【第2回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

今回は、半導体業界を理解するために業界の概要と市場動向を見ていきます。 [ 目次 ]1 半導体業界の概要と市場 …

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

近年、日本企業の株主構成が変化し、外国人投資家の保有比率が増加傾向にある中で、企業に積極的に意見を述べるアクテ …

日米金利差が招く円安リスク〜日本経済への影響と日銀の舵取り〜 今後の見通しと注目ポイント

日米金利差が招く円安リスク〜日本経済への影響と日銀の舵取り〜 今後の見通しと注目ポイント

1990年6月以来、34年ぶりの1ドル=154円台に到達した力強い動きが続く米ドル円の今後の見通しは? [ 目 …

原油価格の高騰がインフレ再燃の引き金に?米国経済への影響は

原油価格の高騰がインフレ再燃の引き金に?米国経済への影響は

原油価格が再び上昇傾向にあり、米国を中心にインフレ再燃への懸念が高まっています。2022年後半から下落傾向にあ …

おすすめ記事