【第8回】半導体銘柄への投資戦略 〜生成AIが切り拓く未来〜注目セクターと企業の動向を徹底分析

【第8回】半導体銘柄への投資戦略 〜生成AIが切り拓く未来〜注目セクターと企業の動向を徹底分析

近年、人工知能(AI)技術の急速な発展により、生成AIが注目を集めています。生成AIとは、大量のデータを学習し、新しいコンテンツを生成するAIのことです。この技術は、社会に大きな影響を与え、様々な産業に変革をもたらすことが予想されています。

本記事では、生成AIが社会に与える影響と変化、影響を受けると予想されるセクター、特に半導体関連と、その他のAI関連セクターについて詳しく解説します。

生成AIが社会に与える影響と変化

生成AIは、テキスト、画像、音声、動画など、様々なコンテンツを自動生成できます。この技術は、コンテンツ制作の効率化や、新たな創造性の発掘に貢献すると期待されています。例えば、ニュース記事の自動生成や、デザイン案の提案、音楽の作曲など、幅広い分野での活用が想定されているのです。

また、生成AIは個人の嗜好に合わせたパーソナライズされたコンテンツの提供が可能です。これにより、ユーザーエクスペリエンス(ユーザーが製品やサービスを利用する際の総合的な体験)の向上や、マーケティングの精度向上が期待できます。

一方で、生成AIの普及に伴い、著作権や知的財産権の問題、偽情報の拡散など、新たな課題にも直面することが予想されます。社会全体で、生成AIの適切な活用方法を模索していく必要があるでしょう。

生成AIの発展により関連が予想されるセクター(半導体関連)

生成AIの発展に伴い、関連する産業の成長が見込まれます。特に、AIの処理を担う半導体関連企業への注目が高まっています。

主な半導体関連企業

NVIDIA:GPU(グラフィックスの処理装置)で世界をリードするNVIDIAは、生成AIの学習や推論に欠かせない高性能なGPUを提供しています。同社のGPUは、OpenAIやStability AIなど、生成AI分野のトップ企業に採用されており、今後の需要増加が期待されます。

AMD:NVIDIAと並ぶGPUメーカーであるAMDも、生成AIの発展により恩恵を受けると予想されています。同社は、コストパフォーマンスに優れたGPUを提供しており、幅広い企業での採用が期待できるからです。

インテル:CPUで世界トップシェアを誇るインテルは、生成AIの学習や推論に特化したAI向けプロセッサ「Habana」を開発。同社は、データセンター向けのAIソリューションを強化しており、生成AI市場でのプレゼンス拡大を狙っています。

TSMCなどのファウンドリー(半導体製造サービスを提供する企業):生成AIの発展に伴い、AI向け半導体の需要増加が見込まれています。TSMCをはじめとするファウンドリー企業は、これらの半導体の製造を担うことで、業績拡大が期待できます。

半導体製造装置・材料関連企業

アプライドマテリアルズ、ラムリサーチ:半導体製造装置大手の2社は、生成AI向け半導体の需要増加により、受注拡大が期待されています。これらの企業は、最先端の製造技術を提供し、半導体産業の発展を支えているのです。

信越化学工業、SUMCO:半導体材料を供給する信越化学工業やSUMCOも、生成AI関連の半導体需要増加の恩恵を受けます。高品質な材料の安定供給が、半導体産業の成長に不可欠だからです。

半導体以外で注目すべきAI関連セクター

生成AIの発展は、半導体関連企業以外にも、様々なセクターに影響を与えると予想されます。

クラウドサービス

Amazon Web Services (AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform (GCP):生成AIの学習や推論には、膨大な計算リソースが必要です。クラウドサービス大手の3社は、AIの処理に最適化された環境を提供し、生成AI関連企業の成長を支えると期待されています。

ソフトウェア・サービス

OpenAI、Anthropic、Stability AI:生成AIのアルゴリズムやモデルを開発するソフトウェア企業は、技術の進歩と普及に重要な役割を果たします。これらの企業は、生成AIの性能向上や新たな応用分野の開拓に注力しており、今後の成長が期待されるでしょう。

Adobe:生成AIを活用したコンテンツ制作ツールを提供するソフトウェア企業も注目されています。Adobeは、デザインや映像制作の分野で生成AIを活用。具体的には「Adobe Firefly」という生成AIを開発し、Adobe Creative Cloudの一部として提供しています。Adobe Fireflyはテキストベースのプロンプトから画像やベクター作品を生成でき、ユーザーが自由に創作できる環境を提供しています。

メディア・エンターテインメント

Netflix、ディズニー、ソニー:生成AIは、映画やアニメーション、ゲームなどのコンテンツ制作にも活用されると予想されています。大手メディア・エンターテインメント企業は、生成AIを導入することで、制作の効率化や新たな表現の探求を進めることが期待できるでしょう。

ソフトバンクのAI革命に注目

ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長が掲げる「AI革命」が動き出しています。SBGはAI向け半導体の開発・製造にファブレス形式で参入し、データセンターやロボット、発電事業にも進出する計画で、投資額は最大で10兆円規模となる見通しです。

AI向け半導体市場は急拡大が見込まれ、SBGは収益拡大のチャンスと捉えています。孫氏はAIがあらゆる産業に革新をもたらすと確信しており、SBGを「世界で最もAIを活用するグループ」へと脱皮させようとしています。しかし、AI半導体の開発やデータセンターの運営には人材やノウハウの蓄積が必要であり、巨額投資のリスクも伴います。

OpenAIが新型AI「GPT-4o」を発表

対話型AI「ChatGPT」を手がける米OpenAIは5月13日に、新型AI「GPT-4o」を発表しました。GPT-4oは従来に比べ処理スピードを2倍に高速化し、運用コストを半減。声で話しかけると、人間の反応速度と同じレベルで会話ができるようになりました。新しいAIは50の言語に対応し、文字、画像、音声を認識。リアルタイム翻訳や感情読み取り、ジョークへの対応など、より自然な会話が可能になっています。基本料金は変わらず、音声機能は月20ドルの有料課金利用者向けに数週間以内に提供開始する予定です。生成AIをめぐっては各社が新技術を投入しており、性能競争が激化しています。

まとめ

生成AIは社会に大きな影響を与え、様々な産業に変革をもたらす可能性を秘めています。特に、半導体関連企業は、生成AIの発展により大きな恩恵を受けると予想されます。NVIDIAやAMD、インテルといった半導体大手や、TSMCなどのファウンドリー企業、アプライドマテリアルズなどの製造装置・材料企業は、生成AI関連の需要増加により、業績拡大が見込めるでしょう。

また、半導体以外でも、クラウドサービス、ソフトウェア・サービス、メディア・エンターテインメントなど、様々なセクターで生成AIの活用が進むと予想されます。これらの企業は、生成AIを取り入れることで、新たな価値の創出や競争力の強化を図ることが期待されています。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

おすすめ記事