【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要な役割を担うロジックICとメモリICの違いと主な用途、半導体製造を担うファウンドリーの役割と主要企業、そして半導体の種類ごとの市場動向と有望企業について詳しく解説します。

ロジックICとメモリICの違いと主な用途

半導体デバイスは大きく分けて、ロジックICとメモリICの2種類に分類されます。ロジックICは演算や制御を行うための回路が組み込まれたICで、CPUやGPUなどが代表例です。これらはデータを処理するための「脳」のような役割を果たします。

一方、メモリICはデータを記憶するためのICで、DRAMやNANDフラッシュなどが含まれます。これらは情報を一時的に保存したり、長期的に保持したりするための「記憶」の役割を果たします。


ロジックICの主な用途

1.マイクロプロセッサ(CPU):パソコンやサーバー、スマートフォンなどの心臓部となる演算処理装置で、データを処理し、指示に従ってタスクを実行します。

2.画像処理プロセッサ(GPU):ゲーム機や高性能コンピュータに使われる高速な並列演算処理装置で、高度なグラフィックス処理と並列計算を可能にします。

メモリICの主な用途

1.DRAM:パソコンやサーバーの主記憶装置として用いられる高速な揮発性メモリです。電源が切れると情報が失われます。

2.NAND型フラッシュメモリ:スマートフォンやSSD、USBメモリなどの大容量ストレージに用いられる不揮発性メモリです。電源が切れても情報が保持されます。

3.SRAM:キャッシュメモリなどに用いられる高速な揮発性メモリです。DRAMよりも高速ですが、製造コストが高いため、限られた用途(主にキャッシュメモリ)で使用されます。

ファウンドリーの役割と主要企業

ファウンドリーは、半導体産業において重要な役割を担っています。ファウンドリーとは、自社での半導体設計を行わず、他社の設計した半導体の製造に特化した企業です。ファウンドリーの登場により、半導体の設計と製造が分業化され、参入障壁が下がりました。これにより、多くの半導体ベンチャーが誕生し、多様な半導体製品が市場に提供されるようになっています。ファウンドリーは、技術革新と市場の活性化に貢献し、半導体産業を支えていると言えるでしょう。

主要なファウンドリー企業

台湾積体電路製造(TSMC)は、世界最大の半導体受託製造企業(ファウンドリー)です。最先端の5nmプロセス技術を提供し、半導体業界をリードしています。サムスン電子は、韓国の大手電機メーカーであり、ファウンドリー事業でTSMCに次ぐ世界2位の企業です。

United Microelectronics Corporation (UMC) は、特殊用途向けの半導体製造に強みを持つ台湾の主要なファウンドリーです。グローバルファウンドリーズは、アメリカのファウンドリー企業で、7nmプロセスの量産に注力しています。これらの企業は、世界のファウンドリー業界で重要な役割を果たしており、半導体製造における技術革新と競争を促進しています。

半導体の種類ごとの市場動向と有望企業

ロジックICとメモリICの有望企業を紹介します。

ロジックIC市場

ロジックIC市場は、5G通信の普及やAI、IoTの発展に伴い、今後も高い成長が期待できます。特に、データセンター向けの需要増加が見込まれ、CPUやGPUを供給するインテルやNVIDIAなどの企業が注目を集めています。5G関連では、通信用ICでクアルコムやメディアテックなどのファブレス企業が活躍し、最新技術の発展を支えています。これらの企業は、5GやAI、IoTといった次世代技術の鍵を握っており、今後の動向から目が離せません。

メモリIC市場

メモリIC市場は、スマートフォンやデータセンター向けの需要増加を背景に、堅調な成長を続けています。DRAM市場では、サムスン電子、SKハイニックス、マイクロンの3社が主要なプレイヤーとして知られており、競い合っています。

NAND型フラッシュメモリ市場でも、サムスン電子、キオクシア(旧東芝メモリ)、ウエスタンデジタルの3社が上位を占めています。これらの企業は、メモリIC市場で高いシェアを維持し、技術革新と大規模生産によって市場をリードしています。

国内企業の動向

日本企業は、ロジックIC市場で存在感を示しています。ソニーはイメージセンサーで世界トップのシェアを誇り、ルネサスエレクトロニクスは車載用マイコンで強みを発揮しています。

メモリ市場では、キオクシアがNAND型フラッシュメモリで存在感を示しており、日本の技術力が貢献しています。さらに、材料や製造装置の分野でも、信越化学工業や東京エレクトロンなどの日本企業が世界をリードしており、これらの分野で日本の強みが活かされているといえるでしょう。

まとめ

現代社会の基盤を支える重要な役割を担う半導体。半導体装置は、ロジックICとメモリICの2つに大別されます。また、ファウンドリーの登場は、半導体産業の門戸を広げ、イノベーションの加速に大きく貢献しました。

5G、AI、IoTの急速な普及は、ロジックIC市場とメモリIC市場の双方に高い成長の可能性をもたらしています。日本企業は、イメージセンサーや車載用マイコン、さらには材料や製造装置の分野において、世界的な半導体産業の発展に大きく貢献してきました。

半導体産業は、目まぐるしく技術革新が進み、競争の激しい業界です。日本企業がさらなる活躍を果たすためには、継続的なイノベーションの創出が鍵となります。グローバル市場における存在感を高め、業界をリードしていくことに期待しています。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

おすすめ記事