米景気の先行き不安広がる〜ISM製造業・非製造業ともに50を割れ込み、週末の雇用統計に注目〜

米景気の先行き不安広がる〜ISM製造業・非製造業ともに50を割れ込み、週末の雇用統計に注目〜

ISM景気指数(製造業・非製造業)

 結果市場予想前回
製造業48.549.148.7
非製造業48.852.553.8
※市場予想はロイター

ISM製造業景気指数は3カ月連続で50割れ

7月1日(月)に米供給管理協会(ISM)が発表した6月の製造業景気指数は48.5と、5月の48.7から低下し、拡大・縮小の分岐点となる50を3カ月連続で下回りました。

ISM製造業景気指数は、製造業の景況感を示す主要な指標です。400以上の企業の購買担当者を対象としたアンケート調査に基づき、毎月第1営業日に発表されます。この指数は、新規受注(New Orders)、生産(Production)、雇用(Employment)、入荷遅延(Supplier Deliveries)、在庫(inventories)の5つの要素で構成され、50を超えると景気拡大を示し、50を下回ると景気後退を示します。

ISM製造業景気指数は、景気の先行指標として注目され、予想を上回る数値は米ドルにとって買い材料、予想を下回る数値は売り材料と解釈されます。

出典:ISM

総合指数の内訳では、5要素すべてが50割れとなりましたが、景気先行指標となる新規受注(New Orders)が前回の45.4から49.3へ改善しており、底堅い動きが見られる点はポジティブ材料でした。

しかし、サプライマネジメント協会 (ISM ® )製造業調査委員会の委員長であるTimothy R. Fiore氏は、「第 2 四半期末時点で、米国の製造業活動は引き続き縮小傾向にあった。需要は再び弱まり、生産量は減少し、投入量は引き続き緩和的だった」とコメントしています。このことから4-6期の米製造業の業績は、予想より苦戦している可能性があります。業績拡大を前提とした株式市場ではバリュエーションの調整が起こるかもしれません。また、サブインデックスの雇用でも鈍化傾向が見られました。雇用に対する懸念が徐々に広がりつつあり、これは今までの市場コンセンサスと異なったものです。

ISM非製造業景気指数は2カ月ぶりの50割れ

3日(水)に発表されたISM非製造業景気指数は48.8と、前回53.8から大きく低下。2020年5月以来、4年1カ月ぶりの低水準となりました。ISM非製造業景気指数は2カ月ぶりの50割れとなりましたが、今回の水準は、コロナ期の2020年5月(45.4)以来の低さとなっています。

ISM非製造業景気指数は、非製造業の景況感を示す指標です。370以上の企業の購買担当者を対象としたアンケート調査に基づき、毎月第3営業日に発表されます。この指数は、ISM製造業景気指数とともに、景気の先行指標として注目されています。

この指数は、事業活動(Business Activity/ Production)、新規受注(New Orders)、雇用(Employment)、入荷遅延(Supplier Deliveries)の4つの要素で構成され、50を超えると景気拡大を示し、50を下回ると景気後退と判断するのです。ISM非製造業景気指数はGDPへの影響が少ないものの、予想を上回る数値は米ドルにとって買い材料、予想を下回る数値は売り材料と解釈されます。

出典:ISM

内訳を見ると、落ち込みがひどかったのが事業活動(Business Activity/ Production)です(前回61.2→今回49.6)。さらに景気先行指数である新規受注(New Orders)も前回の54.1から47.3まで低下しました。

ISMサービス調査委員会の委員長であるミラー氏は、「6月の総合指数の低下は、ビジネス活動の著しい低下、2020年5月以来2度目の新規受注の減少、そして雇用の継続的な減少の結果です。また、ビジネスは横ばいまたは低下しており、インフレは緩和しているものの、一部の商品のコストが大幅に上昇している。サプライヤーの納品の遅れは、需要の増加ではなく、主に輸送上の課題によるものだと指摘しています。」と述べています。

ISM非製造業景気指数が明確に50を下回ったのはコロナ以来です。ただ、ISM非製造業指数は非常の変動の大きな指標であるため、6ヶ月移動平均などで見ていく必要がありますが、2022年以降、着実に50割れに向けて下落トレンドを形成しています。来月も連続して50割れで推移するかどうかに注目です。

ISM非製造業景気指数の結果を受けて債券は買いが優勢となり、米10年債利回りは4.36%で3日の取引を終えました。ISM製造業景気指数やISM非製造業景気指数の結果によって米経済の減速感が意識され、FRBが9月にも利下げするとの観測が広がっています。目先は利下げ期待による金利低下を好感するかもしれません。

しかし、ISMによる製造業・非製造業の両方の指標が明確に50を割り込んだことで景気後退への懸念が再び高まっていることには注意が必要です。同ケースでは過去リセッションを迎えたという歴史的な事実があります。また、今回、製造業、サービス業で共に雇用が減速しており、5日の米雇用統計の結果次第では、マーケットのコンセンサスである雇用に対する自信が崩れムードが変わる可能性が十分にあります。市場センチメントの変化は潮目が変わるトリガーになることも多く、注意しておく必要がありそうです。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

ユーロ円、高値更新後の行方は? ECBの利下げ観測と米大統領選の影響

ユーロ円、高値更新後の行方は? ECBの利下げ観測と米大統領選の影響

欧州中央銀行(ECB)は18日、主要政策金利を据え置き、市場の予想通り9月までの様子見を決め込みました。市場の …

米小売売上高は予想外の堅調さ~コントロールグループが牽引

米小売売上高は予想外の堅調さ~コントロールグループが牽引

  6月結果 市場予想 前回 米小売売上高 0.00% -0.30% 0.30% 米国の6月小売売上高が7月1 …

【米国株S&P500】‌‌S&P500は今後どうなるか?警戒すべき市場経験則【7/16 マーケット見通し】

【米国株S&P500】‌‌S&P500は今後どうなるか?警戒すべき市場経験則【7/16 マーケット見通し】

米国株式のS&P500は、絶好調な状況が続いています。本日は、この状態で注目すべきS&P500 …

総合CPIは前月比でコロナ以来のマイナスに~今後のドル円に与える影響は?

総合CPIは前月比でコロナ以来のマイナスに~今後のドル円に与える影響は?

米CPI 6月結果 市場予想 総合CPI前年同月比 3.0% 3.1% 総合CPI前月比 -0.1% 0.1% …

米企業決算が本格化!注目の企業は?S&P500の予想EPSの見通しは?

米企業決算が本格化!注目の企業は?S&P500の予想EPSの見通しは?

7月10日のS&P500種株価指数は7営業日続伸となり、初めて5,600を上回りました。ハイテク株比率 …

【第3回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ポートフォリオ戦略の極意・長期・積立・分散投資の重要性〜

【第3回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ポートフォリオ戦略の極意・長期・積立・分散投資の重要性〜

多くの富裕層が、より効果的な運用方法を求めて日々悩んでいます。本記事では、富裕層のためのポートフォリオ戦略、特 …

【米国株】‌‌米国の景気減速傾向がさらに強まる中、まだ楽観論の継続で本当に大丈夫か?【7/8 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国の景気減速傾向がさらに強まる中、まだ楽観論の継続で本当に大丈夫か?【7/8 マーケット見通し】

本日のテーマは米国株です。先週1週間、ISMの製造業指数やISM非製造業指数、雇用に関する多くの経済指標が発表 …

6月の米雇用統計は失業率が4.1%に悪化~サーム・ルールのシグナルが点灯?

6月の米雇用統計は失業率が4.1%に悪化~サーム・ルールのシグナルが点灯?

 米雇用統計 6月結果 市場予想 非農業部門雇用者数 20.6万人増 19.0万人増 失業率 4.10% 4. …

【第2回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ゴールベース運用・資産を守りながら増やす資産運用戦略〜

【第2回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ゴールベース運用・資産を守りながら増やす資産運用戦略〜

富裕層にとって、資産運用は一層重要な課題です。そして、安定したリターンを確保しながらリスクを適切にコントロール …

サマーラリーと夏枯れ相場~投資家が知っておくべき夏季市場の動向と大統領選挙年の傾向

サマーラリーと夏枯れ相場~投資家が知っておくべき夏季市場の動向と大統領選挙年の傾向

サマーラリー(Summer Rally)は、株式市場におけるアノマリーの一つで、特に夏季に株価が上昇しやすい現 …

【第1回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜リスクとリターンのバランス・富裕層が考えるべき投資戦略〜

【第1回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜リスクとリターンのバランス・富裕層が考えるべき投資戦略〜

富裕層の投資戦略において、リスクとリターンのバランスを考えることは大切です。適切なポートフォリオを構築すること …

PCEデフレーターと金価格:インフレ率とFRB政策の影響を探る

PCEデフレーターと金価格:インフレ率とFRB政策の影響を探る

PCEデフレーターは、米国の個人消費支出(PCE)の価格変動を測定する重要な経済指標です。特に、食品とエネルギ …

金の輝きが世界を魅了~中央銀行の金買いと価格上昇の真相

金の輝きが世界を魅了~中央銀行の金買いと価格上昇の真相

21世紀になって、金の価格が上昇しています。2000年末から金の投資リターンは8倍強に達し、米国株や世界債券の …

【米S&P500】‌‌景気減速傾向で堅調に推移するS &P500。ただし、今週流れが変わる可能性も。【6/24 マーケット見通し】

【米S&P500】‌‌景気減速傾向で堅調に推移するS &P500。ただし、今週流れが変わる可能性も。【6/24 マーケット見通し】

先週、米経済で景気減速傾向が見られました。しかし、S&P500は堅調に推移しています。ただ、今週材料次 …

欧州政治危機が世界市場を揺るがすか?~日本株への影響〜

欧州政治危機が世界市場を揺るがすか?~日本株への影響〜

[ 目次 ]1 フランスの政治日程への危機感2 イギリスは総選挙に加えてCMBSの問題が表面化3 欧州投資家の …

おすすめ記事