ファミリーオフィス設立の大事なポイント

ファミリーオフィス設立の大事なポイント

ファミリーオフィスをつくりファミリーの資産管理を永続的に成長させる。

これがファミリーオフィスの究極的な目的です。
しかし、チームの作り方を間違えてしますと、混乱を招き、課題が増えるだけになる可能性があります。正しく、ポイントを抑えておく必要があります。

ファミリーオフィスの設立目的を定める

私たちは、いままで多くの資産管理に関するご相談を受けてきましたが、相談内容を聞いているとその多くは対策の手段ありきで目的が定まっていないことが多いように感じています。

まずは、ご自身の資産管理について現状と将来の課題分析を行い、目的を達成するための課題を明確にすることが不可欠です。

さらに、現在の課題と将来の展望も含めて包括的に考える必要があり、

機関 :どこの機関を利用するのか
期間 :どの程度の期間的猶予があるのか
専門家:どの専門家に相談すればいいか
手法 :そのような手法を用いるか
費用 :どの程度の費用が正しいのか
確認 :どこにセカンドオピニオンを頼むのか


などを含めてプランを定めていく必要があります。

誰でも作れるわけではない

とろこで、欧米のような完全型のファミリーオフィスは、資産管理的には理想的な運営といえますが、実際には、専属スタッフを永続的に雇い、報酬や運営コストを固定で負担するということは誰もが気軽に利用できるものではありません。

そのような背景もあり、ファミリーオフィスの強みである専門性の高い人材を案件ごとに雇い、チームを課題ごとに作り対応していくような簡易的ファミリーオフィスが資産家から求められるようになってきました。

簡易的なという言葉ではありますが、実は大きな成果を得ることができます。

簡易的でも効果的な理由

1)運営管理が不可欠

運営管理役がいるから短期間で高い成果を上げることができる。

資産管理を行うには、複雑に絡み合う問題を計画的に解きほぐし解決していく必要があります。その運営の進捗管理や修正を行うには、チームのコーディネーター役を務める担当がいるかいないいか、これがとても大きなポイントになります。

コーディネーターがいることで、簡単にできるだけの対策する「虫食い的な対策」になることを回避できます。専門家の意見や対策案を集約して、その中で最適な案を選ぶという対策の交通整理をすることで大きな効果が得られます。

2)実績を踏まえた紹介

世の中にすべて共通することではありますが、専門家が持つすごい知識や手法は、仕事を委託して初めて知ることになります。依頼して着手するまでは、能力が未知数な場合が多いものです。

だからこそ、ファミリーオフィス作る場合は、実際に依頼したことのある人からの口コミや知り合いからの紹介を頼る人が多く、その結果、期待通りの効果を得られています。残念ながら、経歴では能力は測れず実績で判断するべきです。

3)内部牽制を働かせる

複数人の専門家で作る簡易的なファミリーオフィスでは、各専門家の役割や手法をお互いに共有することになります。そのため、「お互いがお互いの対策について議論できる」チーム体制を構築され、互いに内部牽制機能が働き、最適な対策が選ばれる仕組みになっています。

このようにファミリーオフィスは、形式問わずとても効果的な資産管理手法といえます。ファミリーオフィスという言葉を意識していないにしても、自然にご自身のネットワークで専門家チームを作って上手に運営されている方もいます。

一方で、折角チームを作っても運営管理者がいなかったり、内部牽制が働いていない場合に運営がままならないケースも多く見てきました。

最も多く見られる問題は、知り合いに専門家を紹介してもらえないということです。良い人材を友人間で共有するとは限らないでようです。これは、独占欲というわけではないとおもいますが、自分の行なっている資産管理などが伝わってしまうのではないかと思われることなどの理由があるようです。

注意するべき3つのポイント

ここまでファミリーオフィスの設立のポイントを紐解いてきましたが、大きく3つの注意点が見えてきました。

注意その1管理運営者を見つける必要がある
注意その2専門家を探すコツは、経歴ではなく実績と口コミで選ぶ
注意その3チーム内で意見を集約して最適な案を選ぶ仕組みが必要

まずは、これらポイントでご自身の相続対策、事業承継、資産管理に備えてみてはいかがでしょうか。

ファミリーオフィスドットコムでは日本型のファミリーオフィスとしてこれらのメリットをより幅広くの方が恩恵にあずかれるよう、ファミリーオフィス型の資産管理を実施しています。

資産管理者やエキスパートへの質問も可能です。
興味がある方はファミリーオフィスドットコムのサービス内容を一度、ご覧になってください。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

米テック企業の決算発表に警戒感高まる。市場反応はいかに?

米テック企業の決算発表に警戒感高まる。市場反応はいかに?

今週は注目を集めるGAFAMの決算発表が集中してあります。 先週まで、アメリカの企業決算は総じて中身が良く、S …

ファンドマネージャー調査、債券投資配分が過去最低。今、個人投資家は債券投資は避けるべきか?

ファンドマネージャー調査、債券投資配分が過去最低。今、個人投資家は債券投資は避けるべきか?

毎月1回発表されるバンクオブアメリカのファンドマネージャー調査で、2000年以降、債券に対して最も弱気な状況で …

「ツイストフラットニング」発生。米イールドカーブが示唆する今後の株式市場の見通しとは

「ツイストフラットニング」発生。米イールドカーブが示唆する今後の株式市場の見通しとは

米国イールドカーブに、 ツイストフラットニング(金利が横になる状態)が現れました。 これは、10月16日と18 …

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

10月12日から米国決算発表がスタートし、金融機関を中心に発表されました。バンクオブアメリカ、JPモルガンなど …

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

10月14日、米国株式市場は3指標全てが上昇しました。1.5%を超える大きな上昇です。この短期のリバウンドは続 …

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

本日はスタグフレーションについてです。最近、ニュースや記事等でスタグフレーションという言葉を頻繁に見かけます。 …

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

10月8日金曜日、雇用統計が発表されました。雇用者数が伸びておらず、内容もインフレ懸念を示すなど、今後の波乱要 …

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

最近、米国市場のボラティリティが上がっています。2022年は、株価がどう動いていくのか。2021年10月時点で …

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

米国株式市場は、10月に入ってからも不安定さが続いています。この不安定な状況は、10月末まで続く可能性がありま …

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減っています。過去、このような環境下で米国株のS&P500、米国債券がどのようなパ …

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国株式ETFと債券ETFが同時に下落する傾向が、最近多く見られます。 通常であれば、株と債券は逆相関の関係に …

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

アメリカの長期金利上昇が止まりません。10年金利が1.5%を超えた影響が、大きく株価にも出てきています。 本日 …

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

2021年に入って初めて、世界の株式市場から資金が流出したとのニュースが9月23日に流れました。世界全体で多く …

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

9月21~22日のFOMC後、S&P500などの米国株が大幅に反発しています。この上昇がこれからも続く …

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。 FOMCが非 …

おすすめ記事