ファミリーオフィスの機能とは?運用上の課題や担当者の役割も解説

ファミリーオフィスの機能とは?運用上の課題や担当者の役割も解説

ファミリーオフィスの代表的な役割は「資産家一族の資産を保全・運用・管理すること」ですが、これに伴う形でさまざまな機能が果たされることで、結果として資産家一族に多くのメリットをもたらします。

とはいえ、ファミリーオフィスの運営には課題も多く残されているため、導入前に把握しておかなければなりません。

そこで今回は、ファミリーオフィスの機能について、運用上の課題を交えて紹介します。担当者に求められる役割も把握して、適切な構成員・環境のもとでファミリーオフィスを導入しましょう。

ファミリーオフィスが果たす機能

ファミリーオフィスの代表的な役割は資産家一族の資産を保全・運用・管理することですが、これに伴う形で以下のような機能を果たすことになります。

ファミリーオフィスの機能概要
投資に関するアドバイス金融資産・不動産の投資に関するアドバイスだけでなく、金融機関を見張り、顧客の資産が搾取されるトラブルを防ぐ。
事務や経理の作業資産家一族の資産に関する事務・会計業務・税務申告などを包括的に実施する。
資産(事業)承継に関する計画策定・実施欧米諸国と比べて相続税の負担が大きいとされる日本の資産家一族に対して、資産(事業)承継における効果的な相続的対策を立案・実行する。
資産家一族が受ける医療・教育サービスに関するアドバイス例えば、資産家一族が最先端の医療技術を受ける場合や、その子供に教育を受けさせる場合などに役割を担う。 単なるアドバイスにとどまらず、サービスを提供する外部業者を選んだうえで見張る業務も兼ねる。
資産家一族の人間関係を良好に保つ事業承継において、後継者に経営権を確実に引き継ぎたいケースなどで役割を担う。

上記の業務を通じて、ファミリーオフィスは顧客である資産家一族の資産を管理します。

ファミリーオフィスを運営するうえでの課題

ここでは、ファミリーオフィスの運営上の課題をまとめました。

ファミリーオフィスの課題概要
運営責任者の業務引き継ぎ問題運営業務は属人的性質が高いため、責任者の交代が上手くいかないケースも多い。 特定個人の能力・ノウハウに依存しない体制を構築する必要がある。
信頼できる運営スタッフを採用する難しさ運営スタッフにはある程度プライベートを開示する必要があるため。
外部専門家との関係を維持する難しさ外部の専門家は永続的に存在するわけでもないため、代替可能でなければならない。
新型コロナウイルス拡大に伴うリモートワーク需要の増加感染症拡大を受けて、現在は運営業務のリモートワーク化が求められている。

顧客となる資産家一族の資産を適切に管理していくためには、上記の課題を解決する必要があります。

ファミリーオフィスの担当者の役割

ここまで紹介した機能・課題を踏まえると、ファミリーオフィスの担当者には以下のような役割が求められています。

  • 資産の管理やコンサルティングを行う
  • 資産家一族や外部専門家などと円滑に意思疎通を取る
  • 資産家一族の想いを汲み取りながら適切な判断を提案する
  • 専門知識(事務・会計・節税対策・資産運用など)のもとでアドバイスを行う

専門会社・金融機関などが提供するコマーシャルタイプのファミリーオフィスでは、上記の役割を責任者などの内部スタッフ・外部専門家がそれぞれ分担するケースが主流です。

まとめ

ファミリーオフィスは、単純に資産そのものだけでなく、医療・教育など資産家一族のライフスタイルサービスに関するアドバイス・管理も担当します。

そのため、顧客である資産家一族が得られるメリットは多岐にわたりますが、一方で適切に運営するためには、責任者の業務引き継ぎ・スタッフの採用・コロナウイルスへの対応などの側面で課題が残されており注意しなければなりません。

「ファミリーオフィスの導入についてもっと詳しく知りたい」「自分が導入する場合のメリット・デメリットにはどのようなものがあるか知りたい」という経営者・資産家の方は、ぜひファミリーオフィスドットコムにご相談ください。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

米テック企業の決算発表に警戒感高まる。市場反応はいかに?

米テック企業の決算発表に警戒感高まる。市場反応はいかに?

今週は注目を集めるGAFAMの決算発表が集中してあります。 先週まで、アメリカの企業決算は総じて中身が良く、S …

ファンドマネージャー調査、債券投資配分が過去最低。今、個人投資家は債券投資は避けるべきか?

ファンドマネージャー調査、債券投資配分が過去最低。今、個人投資家は債券投資は避けるべきか?

毎月1回発表されるバンクオブアメリカのファンドマネージャー調査で、2000年以降、債券に対して最も弱気な状況で …

「ツイストフラットニング」発生。米イールドカーブが示唆する今後の株式市場の見通しとは

「ツイストフラットニング」発生。米イールドカーブが示唆する今後の株式市場の見通しとは

米国イールドカーブに、 ツイストフラットニング(金利が横になる状態)が現れました。 これは、10月16日と18 …

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

10月12日から米国決算発表がスタートし、金融機関を中心に発表されました。バンクオブアメリカ、JPモルガンなど …

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

10月14日、米国株式市場は3指標全てが上昇しました。1.5%を超える大きな上昇です。この短期のリバウンドは続 …

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

本日はスタグフレーションについてです。最近、ニュースや記事等でスタグフレーションという言葉を頻繁に見かけます。 …

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

10月8日金曜日、雇用統計が発表されました。雇用者数が伸びておらず、内容もインフレ懸念を示すなど、今後の波乱要 …

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

最近、米国市場のボラティリティが上がっています。2022年は、株価がどう動いていくのか。2021年10月時点で …

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

米国株式市場は、10月に入ってからも不安定さが続いています。この不安定な状況は、10月末まで続く可能性がありま …

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減っています。過去、このような環境下で米国株のS&P500、米国債券がどのようなパ …

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国株式ETFと債券ETFが同時に下落する傾向が、最近多く見られます。 通常であれば、株と債券は逆相関の関係に …

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

アメリカの長期金利上昇が止まりません。10年金利が1.5%を超えた影響が、大きく株価にも出てきています。 本日 …

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

2021年に入って初めて、世界の株式市場から資金が流出したとのニュースが9月23日に流れました。世界全体で多く …

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

9月21~22日のFOMC後、S&P500などの米国株が大幅に反発しています。この上昇がこれからも続く …

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。 FOMCが非 …

おすすめ記事