原油価格の高騰がインフレ再燃の引き金に?米国経済への影響は

原油価格の高騰がインフレ再燃の引き金に?米国経済への影響は

原油価格が再び上昇傾向にあり、米国を中心にインフレ再燃への懸念が高まっています。2022年後半から下落傾向にあった原油価格は、最近1バレル=80ドル台後半まで上昇。この原油高が物価上昇圧力を強め、米国経済に大きな影響を与える可能性があります。本記事では、原油価格上昇の背景、インフレへの影響、金利と株価への懸念、今後の見通しについて解説します

原油価格上昇の背景

WTI価格推移(Trading View)

原油価格の上昇の主な理由は、サウジアラビアとロシアが主導する産油国による減産です。サウジアラビアは2023年7月から日量100万バレルの自主減産を開始し、ロシアも供給量を調整しています。世界的な脱炭素の流れの中で、化石燃料への投資が滞り、新規の油田開発が進まないことが、産油国が市場をコントロールしやすくなっている背景にあります。

さらに、地政学リスクの再燃が、原油価格上昇のもう一つの要因です。中東では、シリア首都ダマスカスに位置するイラン大使館周辺がイスラエルによって空爆されました。さらに、イエメンの親イラン武装組織がサウジアラビアの石油関連施設を攻撃し、海上輸送の要であるホルムズ海峡を通じた供給ネットワークに支障が出るリスクが高まっています。

ロシアに関しても、状況は緊迫しています。ウクライナは今年に入ってから、ロシアの少なくとも7地域にある石油関連施設をドローンで攻撃しました。これにより、ロシアの石油精製能力はすでに約10%低下していると見られています。

原油高が米国のインフレ率に及ぼす影響

米国労働省が4月10日に発表した3月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比で3.5%上昇しました。これは2カ月連続の伸びの拡大を示しています。原油価格の高騰によりエネルギー価格が1年ぶりに上昇に転じ、さらにエネルギーと食品を除いたコア指数も予想を上回りました。高インフレの抑制には足踏みが続いています。

出典:米国労働統計局
※All items 総合
※All items less food and energy エネルギーと食品除く

原油価格の上昇は、米国の消費者物価指数(CPI)を押し上げる可能性があります。エネルギーは米CPIの約6.7%を占めており(2024年3月時点)、原油価格の高騰はエネルギー価格を通じて物価全体を押し上げる効果があるからです。2022年にはエネルギー価格の上昇がインフレ加速に大きく寄与した経緯があり、今回の原油価格の高騰がFRBのインフレ抑制政策に逆風をもたらす可能性が高まっています。

原油価格上昇による金利上昇と株価低下への懸念

インフレ圧力の高まりは、FRBによる金融引き締め政策の長期化を促す要因となり得ます。実際、市場では年内の利下げ観測が後退しています。FRBのパウエル議長は、インフレ率が持続的に2%に向かっているとの確信を強めるまでは利下げが適切にならないとの見解を示しており、市場の早期利下げ期待をけん制しています。

金利の上昇が企業の業績を圧迫し、株価低下のリスクを招く可能性があります。また、インフレの持続的な高水準と金利上昇が相まって、株式市場が調整局面に入るリスクが増加していると言えます。この「ダブルパンチ」の影響は、投資家にとって懸念材料です。

日本においても、原油価格の高騰による物価上昇圧力が懸念されています。日銀が金融緩和政策の修正を余儀なくされる場合、円高と株安を招く可能性があります。輸入物価の上昇により貿易赤字が再拡大するリスクも考えられるでしょう。

今後の原油価格の見通し

原油価格の先行きは不透明です。需要面では、米国経済の減速懸念や中国経済の回復が不確実であることから、原油需要の伸び悩みが指摘されています。需給バランスが緩む可能性があれば、原油価格の上昇幅は限定的になる可能性があります。

ただ、地政学的リスクには注意が必要です。イラン革命防衛隊が4月13日夜、イスラエルに対してドローンやミサイルを発射しました。イランがイスラエルを直接攻撃するのはこれが初めてです。イスラエル軍はこの攻撃をほぼ完全に迎撃し、発射された約300の攻撃のうち99%を阻止しましたが、軍事基地が軽微な被害を受け、女児が負傷しました。イスラエルはこれに対してさらなる報復を行う方針で、この事態は中東地域での広範囲な紛争へと発展する恐れがあります。

2024年11月の米大統領選挙を控え、バイデン政権にとってインフレ抑制は重要な課題です。原油価格の動向は、物価、金融政策、さらには景気の行方を左右する鍵を握っています。今後も、エネルギー価格の動向から目を離せない状況が続くでしょう。


続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要 …

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォン、パソコン、自動車などさまざまな分野で使用されてい …

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インド株式市場は、世界の投資家から大きな注目を集めています。若い労働人口の増加と旺盛な消費に支えられた力強い経 …

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

米国株の決算発表では好決算が続き、株価も好調に推移しています。先週、ナスダックは1.43%、ダウは1.14%、 …

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

半導体製造の工程は、ウェーハ上に電子回路を形成する「前工程」と、完成したウェーハを個々のチップに分割し、外部と …

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈のカギを握る決算発表シーズンが始まりました。歴史的な賃上げと円安というコストアップ要因が企業にどの …

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

資産運用においては、金額に限らずマイナスになるのは、誰でも避けたいものです。ただし、資産の額が大きくなればなる …

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

半導体は現代社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしており、その複雑かつ高度な製造工程は、現代のテクノロジーの基 …

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

今週の米国の主要企業の決算発表を踏まえて、今後の米国株式市場の見通しについて解説します。 [ 目次 ]1 &n …

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

東証グロース市場250指数(グロース250)が年初来安値を更新するなど、グロース株の下落が目立っています。4月 …

【第1回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

近年、世界の株式市場の牽引役は間違いなく半導体企業でした。ただ、全ての半導体企業に対して広がった成長神話は、こ …

【第2回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

【第2回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

今回は、半導体業界を理解するために業界の概要と市場動向を見ていきます。 [ 目次 ]1 半導体業界の概要と市場 …

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

近年、日本企業の株主構成が変化し、外国人投資家の保有比率が増加傾向にある中で、企業に積極的に意見を述べるアクテ …

【米国株】‌‌下落が続く米国株は、今回も普通の調整か、それともまだまだ下落が続くのか。【4/22 マーケット見通し】

【米国株】‌‌下落が続く米国株は、今回も普通の調整か、それともまだまだ下落が続くのか。【4/22 マーケット見通し】

本日はテーマは米国株です。先週は、米国株で下落が続きました。今回の下落も、通常の調整なのか、それとも、まだまだ …

おすすめ記事