【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォン、パソコン、自動車などさまざまな分野で使用されています。この半導体を製造するには、高度な技術が結集した専用の装置や部品が不可欠です。本稿では、半導体製造装置のメーカーと、それを構成する部品を供給するメーカーに注目し、それぞれの役割、業績の動向、そして投資のポイントについて詳しく解説します。

半導体製造装置メーカーの役割と主要企業

  • ASML(オランダ)
  • 東京エレクトロン(8035)
  • SCREENホールディングス(7735)
  • レーザーテック(6920)

半導体製造装置メーカーは、半導体の製造工程に必要な様々な装置を開発・製造しています。露光装置、エッチング装置、成膜装置、洗浄装置など、各工程に特化した装置を提供することで、半導体メーカーの生産性向上に貢献しているのです。

この分野では、オランダのASMLが露光装置で世界トップのシェアを誇ります。日本勢では東京エレクトロンSCREENホールディングスが、エッチング装置や洗浄装置などで高い競争力を持っています。

また、レーザーテックは半導体の検査装置で独自の地位を築いており、2023年度の上半期の売上高と利益は過去最高を更新しています。

 装置を構成する部品メーカーの重要性

  • アルバック(6728)
  • SMC(6273)
  • THK(6481)
  • ハーモニック・ドライブ・システムズ(6324)

半導体製造装置は、高度な技術の結晶ともいえる精密機器です。その性能と信頼性は、装置を構成する部品の品質に大きく左右されます。半導体製造装置メーカーは、高い技術力を持つ部品メーカーと緊密に連携することで、最先端の装置開発を実現しているのです。

例えば、真空ポンプや真空バルブ、ロボットアームなどの部品は、半導体製造装置の性能を左右する重要なコンポーネントです。これらの分野では、アルバックSMC 、THK 、ハーモニック・ドライブ システムズなどの日本企業が高いシェアを誇っています。彼らの高品質な部品が、世界の半導体製造を支えているのです。

出典:アルバック

装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント

2022年から2023年は半導体市況の調整局面を受けて、半導体製造装置メーカーの業績にも陰りが見られました。2023年の半導体製造装置の世界販売額は、前年比6.1%減の1,000億ドルにとどまる見通しです。

しかし、2024年以降は再び市場の拡大が見込まれています。米国や欧州、日本などで大規模な半導体工場の建設が相次いでおり、2025年には半導体製造装置およびFPD製造装置の需要が過去最高に達すると予測されているからです。また、AIやIoT、自動車の電動化などを背景に、半導体需要の中長期的な拡大トレンドに変わりはありません。

投資家としては、この需要拡大の恩恵を最も受けられる企業を見極めることが重要です。装置メーカーでは、最先端の技術を持つASMLや、成長分野に強みを発揮するレーザーテックなどが有望でしょう。部品メーカーでは、真空技術や精密位置決め技術など、半導体製造に不可欠な分野で競争力を持つ企業に注目です。

ただ、業績の振れ幅が大きい半導体業界では、株価変動リスクに注意が必要です。長期的な視点を持ち、企業の技術力や競争優位性を見極めながら、分散投資を心がけるようにしてください。

まとめ

半導体製造を支える装置と部品。その重要性は今後ますます高まっていくはずです。日本企業には、培ってきた高い技術力を武器に、世界の半導体産業の発展を牽引していくことが期待されます。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要 …

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インド株式市場は、世界の投資家から大きな注目を集めています。若い労働人口の増加と旺盛な消費に支えられた力強い経 …

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

米国株の決算発表では好決算が続き、株価も好調に推移しています。先週、ナスダックは1.43%、ダウは1.14%、 …

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

半導体製造の工程は、ウェーハ上に電子回路を形成する「前工程」と、完成したウェーハを個々のチップに分割し、外部と …

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈のカギを握る決算発表シーズンが始まりました。歴史的な賃上げと円安というコストアップ要因が企業にどの …

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

資産運用においては、金額に限らずマイナスになるのは、誰でも避けたいものです。ただし、資産の額が大きくなればなる …

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

半導体は現代社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしており、その複雑かつ高度な製造工程は、現代のテクノロジーの基 …

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

今週の米国の主要企業の決算発表を踏まえて、今後の米国株式市場の見通しについて解説します。 [ 目次 ]1 &n …

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

東証グロース市場250指数(グロース250)が年初来安値を更新するなど、グロース株の下落が目立っています。4月 …

【第1回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

近年、世界の株式市場の牽引役は間違いなく半導体企業でした。ただ、全ての半導体企業に対して広がった成長神話は、こ …

【第2回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

【第2回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

今回は、半導体業界を理解するために業界の概要と市場動向を見ていきます。 [ 目次 ]1 半導体業界の概要と市場 …

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

近年、日本企業の株主構成が変化し、外国人投資家の保有比率が増加傾向にある中で、企業に積極的に意見を述べるアクテ …

日米金利差が招く円安リスク〜日本経済への影響と日銀の舵取り〜 今後の見通しと注目ポイント

日米金利差が招く円安リスク〜日本経済への影響と日銀の舵取り〜 今後の見通しと注目ポイント

1990年6月以来、34年ぶりの1ドル=154円台に到達した力強い動きが続く米ドル円の今後の見通しは? [ 目 …

原油価格の高騰がインフレ再燃の引き金に?米国経済への影響は

原油価格の高騰がインフレ再燃の引き金に?米国経済への影響は

原油価格が再び上昇傾向にあり、米国を中心にインフレ再燃への懸念が高まっています。2022年後半から下落傾向にあ …

おすすめ記事