欧州政治危機が世界市場を揺るがすか?~日本株への影響〜

欧州政治危機が世界市場を揺るがすか?~日本株への影響〜

フランスの政治日程への危機感

フランスの政治危機への警戒感が強まり、世界的に投資家のリスク回避姿勢が高まっています。その影響を受け、景気敏感株の代表格とされる日本株も大きく売られました。17日の東京株式市場では、日経平均株価が6月に入って最大の下落を記録し、一時800円以上も下げる場面がありました。フランスでは、マクロン大統領が総選挙の実施を表明しましたが、極右政党の支持率上昇が注目されています。この状況が欧州全体の不安定化につながるとの懸念から、フランスCAC40指数も大幅に下落し、世界の金融市場に動揺が広がっているのです。

また、このような欧州のゴタゴタは、米国株にも影響を及ぼしています。下左のチャートは、米国対欧州のシクリカル/ディフェンシブの相関を示しています。21日間の相関は+80%に急上昇しています。これは3月23日以来の高い水準です。下右のチャートでも米国、欧州ともにシクリカル銘柄が売られ、ディフェンシブ銘柄が買われていることがわかります。この背景は、やはりフランス選挙に対する懸念が原因とされています。

出典:Zero Hedge

フランスの下院選挙は6月30日に第1回投票、7月7日に決選投票が予定されています。この政治イベントを控え、市場には買い手が現れにくく、選挙結果が出るまでは金融市場の不安定な状況が続く可能性が高いでしょう。

フランスの財政悪化懸念により、先週の仏国債市場は急変動しました。独国債との金利差は約0.75%に拡大し、2017年の大統領選以来の水準となりました。週間の拡大幅は0.3%弱で、2011年の欧州債務危機以来の大きな振れ幅を記録しています。欧州株式市場も大きく下落し、投資家の不安が高まっています。

イギリスは総選挙に加えてCMBSの問題が表面化

さらに、イギリスでも7月4日に総選挙が行われる予定で、フランスだけでなくイギリスの政治リスクが高まっています。日本経済新聞によると、6月第2週にフランスと英国の国債に関するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の保証料率が急騰し、株価も急落しました。特にフランスの5年物CDSは14日に0.387%まで上昇し、1週間で0.156%も上昇して約4年1カ月ぶりの高水準となりました。英国のCDSも0.258%に上昇し、0.03%の上昇を記録。これらの動きは、両国の国債に対する市場の懸念が高まっていることを示しています。

さらに、英国のショッピングモールを裏付けとするCMBS(商業用不動産ローン担保証券)で、最上位格付けの部分が損失に直面する可能性があり、金融危機以降初のケースとなりそうです。英国の地方ショッピングモールは、オンラインショッピングの台頭やコロナ禍の影響で苦境に立たされており、空室率の改善が進まず、資金調達コストの上昇も状況を悪化させています。

欧州投資家のリスク許容度が影響を与える可能性

欧州投資家のリスク負担能力が低下すると、日本株に対する売りが増える可能性があります。欧州の投資家が日本株に対する、海外投資家の年間売買代金の76.4%を占めているからです。

東京証券取引所の発表によると、6月第2週(10〜14日)の投資部門別株式売買動向で、海外投資家は4週連続で現物株式を売り越しました。この傾向の背景には、日本銀行の金融政策正常化に関する不確実性があります。ただ、今後も欧州での不安定な状況が続くようだと、欧州投資家の売りが強まる可能性もあるので、警戒が必要です。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

ユーロ円、高値更新後の行方は? ECBの利下げ観測と米大統領選の影響

ユーロ円、高値更新後の行方は? ECBの利下げ観測と米大統領選の影響

欧州中央銀行(ECB)は18日、主要政策金利を据え置き、市場の予想通り9月までの様子見を決め込みました。市場の …

米小売売上高は予想外の堅調さ~コントロールグループが牽引

米小売売上高は予想外の堅調さ~コントロールグループが牽引

  6月結果 市場予想 前回 米小売売上高 0.00% -0.30% 0.30% 米国の6月小売売上高が7月1 …

【米国株S&P500】‌‌S&P500は今後どうなるか?警戒すべき市場経験則【7/16 マーケット見通し】

【米国株S&P500】‌‌S&P500は今後どうなるか?警戒すべき市場経験則【7/16 マーケット見通し】

米国株式のS&P500は、絶好調な状況が続いています。本日は、この状態で注目すべきS&P500 …

総合CPIは前月比でコロナ以来のマイナスに~今後のドル円に与える影響は?

総合CPIは前月比でコロナ以来のマイナスに~今後のドル円に与える影響は?

米CPI 6月結果 市場予想 総合CPI前年同月比 3.0% 3.1% 総合CPI前月比 -0.1% 0.1% …

米企業決算が本格化!注目の企業は?S&P500の予想EPSの見通しは?

米企業決算が本格化!注目の企業は?S&P500の予想EPSの見通しは?

7月10日のS&P500種株価指数は7営業日続伸となり、初めて5,600を上回りました。ハイテク株比率 …

【第3回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ポートフォリオ戦略の極意・長期・積立・分散投資の重要性〜

【第3回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ポートフォリオ戦略の極意・長期・積立・分散投資の重要性〜

多くの富裕層が、より効果的な運用方法を求めて日々悩んでいます。本記事では、富裕層のためのポートフォリオ戦略、特 …

【米国株】‌‌米国の景気減速傾向がさらに強まる中、まだ楽観論の継続で本当に大丈夫か?【7/8 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国の景気減速傾向がさらに強まる中、まだ楽観論の継続で本当に大丈夫か?【7/8 マーケット見通し】

本日のテーマは米国株です。先週1週間、ISMの製造業指数やISM非製造業指数、雇用に関する多くの経済指標が発表 …

6月の米雇用統計は失業率が4.1%に悪化~サーム・ルールのシグナルが点灯?

6月の米雇用統計は失業率が4.1%に悪化~サーム・ルールのシグナルが点灯?

 米雇用統計 6月結果 市場予想 非農業部門雇用者数 20.6万人増 19.0万人増 失業率 4.10% 4. …

米景気の先行き不安広がる〜ISM製造業・非製造業ともに50を割れ込み、週末の雇用統計に注目〜

米景気の先行き不安広がる〜ISM製造業・非製造業ともに50を割れ込み、週末の雇用統計に注目〜

ISM景気指数(製造業・非製造業)   結果 市場予想 前回 製造業 48.5 49.1 48.7 非製造業 …

【第2回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ゴールベース運用・資産を守りながら増やす資産運用戦略〜

【第2回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ゴールベース運用・資産を守りながら増やす資産運用戦略〜

富裕層にとって、資産運用は一層重要な課題です。そして、安定したリターンを確保しながらリスクを適切にコントロール …

サマーラリーと夏枯れ相場~投資家が知っておくべき夏季市場の動向と大統領選挙年の傾向

サマーラリーと夏枯れ相場~投資家が知っておくべき夏季市場の動向と大統領選挙年の傾向

サマーラリー(Summer Rally)は、株式市場におけるアノマリーの一つで、特に夏季に株価が上昇しやすい現 …

【第1回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜リスクとリターンのバランス・富裕層が考えるべき投資戦略〜

【第1回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜リスクとリターンのバランス・富裕層が考えるべき投資戦略〜

富裕層の投資戦略において、リスクとリターンのバランスを考えることは大切です。適切なポートフォリオを構築すること …

PCEデフレーターと金価格:インフレ率とFRB政策の影響を探る

PCEデフレーターと金価格:インフレ率とFRB政策の影響を探る

PCEデフレーターは、米国の個人消費支出(PCE)の価格変動を測定する重要な経済指標です。特に、食品とエネルギ …

金の輝きが世界を魅了~中央銀行の金買いと価格上昇の真相

金の輝きが世界を魅了~中央銀行の金買いと価格上昇の真相

21世紀になって、金の価格が上昇しています。2000年末から金の投資リターンは8倍強に達し、米国株や世界債券の …

【米S&P500】‌‌景気減速傾向で堅調に推移するS &P500。ただし、今週流れが変わる可能性も。【6/24 マーケット見通し】

【米S&P500】‌‌景気減速傾向で堅調に推移するS &P500。ただし、今週流れが変わる可能性も。【6/24 マーケット見通し】

先週、米経済で景気減速傾向が見られました。しかし、S&P500は堅調に推移しています。ただ、今週材料次 …

おすすめ記事