マーケットが本当に警戒している隠れたリスクについて

マーケットが本当に警戒している隠れたリスクについて


超保守的な資産管理チャンネルで配信中

本日も市場に潜むリスクを見ていきたいと思います。

影響の大きい選挙結果

本日は、1月の6日です。今現在、アメリカのジョージア州において上院議員の残り2議席の決戦選挙が今まさに行われている状況です。直前までの戦況は、リアルポルティクスというアメリカのリサーチ会社によると民主党が優位ではないか、2議席を獲るんではないかということでマーケットがすごくざわついた状況です。

また、さらに最新のレポートによると、エジソンリサーチという会社が、どうやら共和党が票を伸ばして接戦というような情報を出しており、どちらが勝つかのということになっています。

選挙後のリスク

ただ、そのような目先の選挙結果だけではなく、今後に潜むリスクということで今日は、改めてインフレ率、金利について昨日ヒントがありましたので見ていきたいなと思います。

インフレに関するニュースで言うと、3つあります。この3つを知ってもらうことで今後のポートフォリオの分析に使っていただけると思います。

まず1つ目が、もし民主党が2議席獲ったならばということなんですが、上院で民主党が2議席獲ると、共和党50席、民主党50席という結果になり、ちょうど過半数になります。しかし、最終投票権は副大統領が持つため、51対50ということで民主党が上院の過半数を占めるということになります。

大統領も上院も下院も民主党ということになることでマーケットがどうなるかというと、市場の多くの予想では、金利が上昇するんじゃないかなという風に予想されています。

金利が上昇する背景

なぜ金利が上昇するかと言うと、バイデン次期大統領がコロナ対策やクリーンエネルギー政策に積極的で対して、民主党の伝統である大きな政府として財政出動を積極的にやっていくことで、景気を回復させていく、伸ばしていくんだということを公言してるわけですよね。

一方で、その財源となる増税については、今の経済環境においては、公約であるキャピタルゲイン課税だとか、法人税の増税だとか、そういった増税策が今の状況では打ち出しにくいのではないかということで、歳出と歳入にタイムラグが生じる。つまり、それを埋めるために国債を大量に発行せざるを得ないと思われます。

国債の発行が先行するだろうということで金利が上がっていくのではないかとマーケットが折り込み始めているのが、まず1つ目の理由です。

ブレークイーブンインフレ率

昨日、BEIと書いてブレークイーブンインフレ率というのがあるのですが、アメリカの10年の利付国債の流通利回りから10年の物価連動債を引いたそのギャップがブレークイーブンインフレ率というもので、物価の上昇を予測するものです。

昨日、2018年以降、BEIが2年振りに2%を超えてきました。これは、将来の物価上昇を示しています。2年前のインフレ率くらいまで期待値が上がって来てるということで民主党政権が本当に実現すると、いよいよこの金利が2.5%に近くんじゃないかということをマーケットが嫌気してくる可能性が高まりそうです。

ISM製造業指数

今、マーケットが少し上値が重たくなっているのは、インフレ率が上がっているだけではなくて他にも要因があります。その1つの要因が、昨日発表があったISM製造業指数です。

この動画をご覧なってる方に何度かお伝えしているように、1月5日にとても重要なISM製造業指数が発表になりました。結果は、60.7ということで、12月はとても好調でした。予想は前月の57.5よりも下回るのではないかとされていましたが、ポジティブサプライズが起こりました。

これもブレークイーブンインフレ率と同じように2年振りの高水準になります。
ということは、製造業はこのコロナ禍にあっても量的緩和、金融緩和があることによって、とても先行きが明るいと見通していますし、現状も良いという風に感じているということです。

しかも、中身をよくよく見ていくと、これはすごいことに、受注残とか在庫とか顧客の在庫などが特に際立って良い数字でした。特に、顧客在庫が37.9ということで、中立の50から見ると、すごく下の水準です。

これは、顧客の在庫は全然足りてない状況で、いつでもこの在庫を積みますように、将来、生産依頼が増えるポテンシャルがあることを意味しています。今後、将来の在庫を増やしたいという意向が出てくれば伴って、製造業が潤うということが今回のISM製造業指数に現れていました。

これは、時代が時代であれば利上げを検討するようなレベルではないかと思うようなほど強い内容でした。ISM製造業指数が60を超えてくるような状況は2018年以来という風に言いましたが、2018年、米国は利上げをスタートした時です。

ということを考えると、今は2023年までまで利上げはしません、とFRBは言ってるいますが、今後少しニュアンスが変わってくる可能性がいよいよ近づいてるのではないかという警戒をマーケットがし始めたことが、この数日間の株価にも影響してるということもあります。

原油価格

3つ目ですね。OPECプラスという会合が昨日まで開かれ、方針が決定されました。元々は、OPECの会合は非会合。これまで、会議の内容は表に出てなかったため、中身がどのように話し合われてるかは、昔までオープンになっていませんでした。

そのため、発表の中身しか分かりませんでしたが、最近コロナの影響で、全員で集まる機会がなくなり、オンラインとかそういったもので開催されています。そのせいで、中身が結構漏れてるっていうような、ちょっと裏話もあります。

さて、今回、何が起こったかと言うと、OPECプラスの中心国であるサウジとロシアの両巨塔が今回協議をして、当初の方針としては今回もコロナがすごく広まっていて、タンカー輸送や、飛行機の乗る人が減ってるということもあり石油需要が低下、停滞してるということで、引き続きこれまでの通りの減産、つまり、多くの石油を供給しないような状態を続けて価格を高く維持しましょうねという方針が打ち出されてました。

増産部分よりも減産部分が多いということで原油価格は、需要と供給のバランスが取れた形になって、ついに50ドルを超えて来たという状況になっています。

サウジとしては、これからも高い原油の価格で売りたいという意向と、ロシアとしては少しでも多くの量を売りたいという思惑が出て来たことが分かりますが、
この協調体制というか、関係性が続けば、これからも原油価格が上がって行くことが想像されます。

アメリカは原油を大量に生産する国ではある一方で、使用量がとても多い国なので、原油価格が上がって来ると、インフレ期待でアメリカの金利が上がってきます。つまりインフレになる可能性があるということが言えます。

まとめ

さて、この3つの要因から金利が少しずつ上がって来ています。やはり今後も金融政策、財政政策を見ながら金利がどのように変化していくかということにしっかりと注目して行けば、今後のマーケットの株価の下落だったり、債券価格の上昇や下落だったりということが見えて来るかと思いますので、引き続き物価が上昇するようなきっかけ、金融政策の変更のきっかけを、しっかりこのチャンネルを通じて確認していただければと思います。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

10月12日から米国決算発表がスタートし、金融機関を中心に発表されました。バンクオブアメリカ、JPモルガンなど …

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

10月14日、米国株式市場は3指標全てが上昇しました。1.5%を超える大きな上昇です。この短期のリバウンドは続 …

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

本日はスタグフレーションについてです。最近、ニュースや記事等でスタグフレーションという言葉を頻繁に見かけます。 …

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

10月8日金曜日、雇用統計が発表されました。雇用者数が伸びておらず、内容もインフレ懸念を示すなど、今後の波乱要 …

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

最近、米国市場のボラティリティが上がっています。2022年は、株価がどう動いていくのか。2021年10月時点で …

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

米国株式市場は、10月に入ってからも不安定さが続いています。この不安定な状況は、10月末まで続く可能性がありま …

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減っています。過去、このような環境下で米国株のS&P500、米国債券がどのようなパ …

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国株式ETFと債券ETFが同時に下落する傾向が、最近多く見られます。 通常であれば、株と債券は逆相関の関係に …

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

アメリカの長期金利上昇が止まりません。10年金利が1.5%を超えた影響が、大きく株価にも出てきています。 本日 …

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

2021年に入って初めて、世界の株式市場から資金が流出したとのニュースが9月23日に流れました。世界全体で多く …

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

9月21~22日のFOMC後、S&P500などの米国株が大幅に反発しています。この上昇がこれからも続く …

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。 FOMCが非 …

中国エバーグランデ社のデフォルト懸念がFOMCに影響を与えるのか?

中国エバーグランデ社のデフォルト懸念がFOMCに影響を与えるのか?

本日は、月曜日から株式市場を大きく揺るがしている、 エバーグランデ(中国恒大集団)の今後の見通しについて見てい …

9月のFOMCの焦点は、経済見通し・インフレ見通し・利上げ時期の3点

9月のFOMCの焦点は、経済見通し・インフレ見通し・利上げ時期の3点

今月1番のビックイベントと言っても過言ではない9月21~22日のFOMC。さらに、その後に開かれるパウエル議長 …

米国株、海外投資家が2007年以来の大幅売り越し。今後も継続するのか?

米国株、海外投資家が2007年以来の大幅売り越し。今後も継続するのか?

アメリカから見た外国人投資家が、7月に米国株を売り越しています。今回は、その背景を分析し、現在の米国株式市場の …

おすすめ記事