個人の資産管理に「ファミリーオフィス」の利用が増えている理由

個人の資産管理に「ファミリーオフィス」の利用が増えている理由

近年、資産家の資産管理に「ファミリーオフィス」の利用が増えているとされています。大々的にファミリーオフィスを、資産管理を行っていると公にすることはまれであるため、その数は正確には把握されていませんが、資産家の間ではひそかに認知が広まっているようです。最近、その認知をさらに広めたのは、今年3月に破綻したアルケゴス・キャピタル・マネジメントによる多くの金融機関を巻き込んだ巨額損失事件でした。ファミリーオフィスの利用が増えている理由にはファミリーオフィス の本質にヒントがありそうです。

ファミリーオフィスとは

アルケゴス・キャピタルはファミリーオフィスなのか?

以前まではほぼ認知されていなかった「ファミリーオフィス」、金融機関に勤務する人でもアセットマネジメント業務に関わっていなければ知られていないような存在でした。

2021年の3月下旬、「アルケゴス・キャピタル」という投資ファンドとの取引により世界の金融機関が多額の損失が発生したと報じられその名が一気に広まりました。当初、アルケゴス・キャピタルはヘッジファンドであると伝えられていましたが、後にファミリーオフィスと伝えられる機会が多くなったからです。

アルケゴス・キャピタルとは、ヘッジファンドの元祖であるタイガー・マネジメントに勤め、過去にインサイダー取引でファンド運営に関わることが出来なくなった経歴を持つビル・ファン氏が設立した彼個人用の資産管理会社です。彼自身のファミリー資産を管理、運用していたことからヘッジファンドではなく、ファミリーオフィスと報じられています。

ファミリーオフィスの定義

2021年4月25日の日本経済新聞にファミリーオフィスに関する記事が掲載されています。その記事によると、ファミリーオフィスとは、「中世欧州で王の財産管理を執事が手掛けたのが起源とされる。近代的な形態としては、19世紀半ばに米国でロックフェラー家など富裕財閥が一家の資産を管理するために専門家による組織を設けた。」ひとつの富裕家の資産を管理運用するシングル型のほかに、複数の富裕家の資産管理を手掛けるマルチ型がある。(日経新聞社2021.4.25より引用)とされています。

ファミリーオフィス誕生についての諸説は色々とあるようですが、いずれにしろ富裕層が抱えるような複雑な問題を専門家により解決する個人向けの資産管理を目的とした形態をファミリーオフィスと定義しているようです。

このようなことから、アルケゴス・キャピタルもその形態は同じであることからファミリーオフィスとして伝えられるようになりました。

ファミリーオフィスとプライベートバンクの違い

プライベートバンクの起源

欧州では18世紀から19世紀にかけて、富裕層たちが自分のファミリーのための資産を運用、管理をするための個人用銀行としてプライベートバンクを設立していました。その後、その運用方針や資産管理方法があまりにも秀逸であったことから、幾つかの富裕層たちが資産をそのプライベートバンクに預けることで、現在のプライベートバンクのような世界の多くの富裕層から資産を預かる形態になっていきました。

ファミリーオフィスは銀行のためでなく家族のために働く

このようにプライベートバンクが広く活用されてる中、徐々にファミリーオフィスが広まってきている背景については、2021年4月25日の日本経済新聞の記事で以下のように掲載がされています。

英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのルナ・グルックスバーグ氏によると、ファミリーオフィスが注目されている背景として、「ファミリーオフィスは銀行のためでなく家族のために働くので、富裕層向けの金融サービスを提供する金融機関の担当者を使うのに比べて利点がある。そのため、ファミリーオフィスがそのインフラとしての役割が注目されている」(日経新聞社2021.4.25より引用)と指摘しています。

保守的な管理スタイル

このようにインフラと表現されるファミフィーオフィスの運営は、決して無理な投資をおこなうことはせず、自分たちの資産をいかに継承するかにフォーカスを当てた運営を徹底的していることが一番の特徴になります。その結果、何百年と資産を継承することを実現し、少数銘柄の株価の大幅下落で破綻したアルケゴス・キャピタルのようなアグレッシブな投機的スタイルとは真逆なものといえます。このようなことからアルケゴス・キャピタルの形態はファミリーオフィス であるとしても、本質は本来のファミリーオフィス とは似て非なるもだと言えそうです。

このように家族のために働く保守的なスタンスがファミリーオフィスの利用が広がってきている理由だと言えそうです。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

先週、ビッグイベントのFOMCを通過しました。通過後に株価は大きく下落。週間でNASDAQでマイナス5%、S& …

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

日本時間9月22日朝、9月のFOMCが終わりました。この会合において0.75%の利上げを決定され、S& …

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

16日、フェデックスという超大手物流会社が業績見通しを取り消しました。米株式指標は大きく下落すると思われました …

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

13日、市場で注目されていた米CPIが発表されました。予想よりも高く、今後もインフレが続きそうだということで、 …

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

先週、株価が大きく上昇しています。背景は二つあると言われています。年内FOMCにおける利上げ幅が、ある程度織り …

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

9月20日~21日に、次回FOMCが予定されています。その10日前からFRB高官、要人が発言できないブラックア …

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

9月に入り、アメリカのQTが月間950億ドルと前月の倍になりました。今後、マーケットにインパクトがを与えるので …

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

本日は米国の長期金利の見通しについてお話ししたいと思います。株式投資家も、債券投資家にも大きく関係のある米10 …

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

今後、株価に大きなインパクトを与える2023年の米国の企業業績、EPS(1株当たりの利益)は今後どうなっていく …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

8月26日23時に、ジャクソンホール会合でパウエル議長が講演を行いました。その発言に今後の金融政策を示す、多く …

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

本日は、過去のブル・ベアマーケットを分析し今後の投資戦略立案のヒントにしていきたいと思います。今年に入ってベア …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

日本時間の8月26日23時から、パウエル議長がジャクソンホール会合にて公演予定です。23時というのは、アメリカ …

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

17日、FOMC議事要旨が発表されました。その中身を受けて、マーケットではFOMCがハト派に転じたのではないか …

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

17日から、今月末にかけて金利が動く可能性があります。それがなぜか、お話ししたいと思います。 17日晩には、F …

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

6月中旬からS&P500が18%程度、NASDAQが22%程度上昇したとして、強気相場入りとのニュース …

おすすめ記事