FRBが利上げサイクルへ。利上げ局面で資金が流入するETF&セクター分析

FRBが利上げサイクルへ。利上げ局面で資金が流入するETF&セクター分析

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

14~15日に控えるFOMCにおいて、テーパリング加速、来年以降の金融政策について言及があると注目を集めている状況です。

また、10日にもCPIの発表があり物価がどうなるのかなど、金利、金融政策に関する内容に注目が集まっています。

金融政策、金利がどうなるかによって、イールドカーブは形状を変えてきます。金融政策、金利の動きによってお金がどうサイクルするか、どういったセクターが有望視され、どういったところにお金が移っていくのかを、バンク・オブ・アメリカの資料を使いながらお伝えします。

最後までご覧いただければ、来年以降有望なセクターがどこか、債券を買うべきか、もしくは株がいいのかのヒントとなります。

米国10年金利と政策金利(FFレート)の関係

政策金利引き上げで長短金利が上昇の見込み

上のチャートから確認します。アメリカ10年金利を緑線。アメリカの政策金利、今回の利上げ対象だと言われているものはFFレートをオレンジ線で表しています。

皆さんに見ていただきたいのは赤掛け部分です。これはオレンジのFFレート、政策金利が引き上げられた、アメリカが利上げをしてくると言われる来年5月以降を参考として確認します。

過去3回の赤掛けを作っています。94年、2004年、2015年に利上げがスタートしたとき、オレンジと同じく緑も一緒に上がっています。利上げがスタートすると、短期金利が上昇し、10年の長期金利も同じく上昇することが事実として確認できます。

10年金利とFFレートのスプレッド

また、下の方に目を移してもらうと、スプレッドという10年金利引くことのFFレートの金利差を表したものです。例えば、1.6%の10年金利とFFレート0.25となってくると、その差は1.4ぐらいになるのが、このFFレートと10年金利のスプレッドです。

青網掛け部分に書いてあるような右肩下がりは、FFレート上昇に対して10年の上昇が鈍化する、つまり、短期金利が10年金利に追い付く状況です。

短期金利を引き上げることで将来の景気減速、もしくは過熱感の鎮静化ができることで、10年金利の上昇が留まっていきます。その中で、最終的には赤い網掛けのところでオレンジ線が緑の線に追い付いている状態となるのが、スプレッドの差が0になっている状況です。

ちなみに、FFレートが上になった状態を逆イールドと言います。そうなった後は景気減速が招かれ、株の大きな下落が約1年後に起こると言われています。今はその状況ではないとお考えください。

このチャートから見ると、これからオレンジの線が上がり、緑の10年金利も上がっていくことが予想されます。ただし、その差は縮まってくるだろうと金融としては言われています。これが大前提だとお考えください。

今はサイクルにおいてどの位置にいるのかを、次で見ていきたいと思います。こちらをご覧ください。

イールドカーブから見る四つの局面

金利相場によってイールドカーブの形を四つに分けました。今のポジションは青のベア・スティープニングから、赤のベア・フラットニングの中間ではないかと言われています。

ベア・スティープニング

青のベア・スティープニングからお伝えします。これは将来の景気がいい、景気回復局面と言われているものです。ベアとは債券が下がることを指します。これから景気が回復してくるということで、将来の金利上昇を受け、長期金利が上がるようなイールドカーブの形態となります。もちろん短期の金利も上昇します。

そんなときに注目されるセクターは、例えば需要が増えることでオイルや、イールドカーブが立ってくることで銀行株のBKX、米国大型中型株のETFであるEFAです。これがベア・スティープニング、景気回復局面においてよくあることです。

図に書かれているReopening Boomとは、コロナ蔓延が落ち着いてきたことによって外出することが多くなったこと、復活する、回復する、戻ってくるBoomによって景気回復が演出される状況を指します。

ベア・フラットニング

そこからサイクルは左の赤に回ります。バンク・オブ・アメリカは来年の初頭、もしくはこれからベア・フラットニングに入ると予測しています。

ベア・フラットニングは政策金利を引き上げることから短期金利が上がってきますが、その短期金利の引き上げが、いずれ景気の過熱感を抑えてくることから、長期金利の上昇は一定数に留まるということで、短期金利が長期金利を上回る状況を指します。

ただし、全体としての金利は上がってくる中で有望視されるのは、XLPと言われる生活必需品セクターだと言われています。例えば、P&Gやペプシコ、コカ・コーラやウォルマート、コストコなど、景気が減速しても生活が欠かせないものを買っていこうとするのです。また、XLVと言われる、ジョンソンエンドジョンソンなどのヘルスケアセクターも入ります。

景気が良くないので株価の上昇が留まってくる。でも、生活自体は続けなければならないと、生活必需品やヘルスケアを買っていこうとして、ベア・フラットニングと呼ばれる相場においてはお金が入ってくることが過去の事例から分かります。

来年以降有望視されるのはXLPやXLVですが、もう一つ。SGOVと言われる米国債の0~3カ月までの超短期米国債券もいいのではないかと考えています。

金利が上昇すると債券価格は下落するので、超短期を持った方がいいと、赤の部分で言っています。

ブル・フラットニング

ただ、ここで注意してほしいのは、前回の記事でもお伝えしましたが、FRBがインフレ加速を今まで放置したことで、非常に遅れた状態となっていることです。

今後急いで金利を上げてきた場合、政策ミスが起こって来年株価が非常に悪くなるのではないかと予測する人たちもいます。

そうなってくると、今度は上の黄色部分のブル・フラットニング、景気減速局面に赤をほとんど経験することなく突入するのではないかとの見通しを立てる人もいます。

結果としてブル・フラットニングは長期間での減速が出て長期金利が低下し、今後利上げを止め、もしくは利下げに入ってくることが予想され短期も下がり、全体的に金利が下がってくる局面になるかもしれないと言うのです。FRBの政策ミスがあれば、意外と近い将来に入るのではないかと言う人もいます。

そういったときに買われるのは、TLT、アメリカの20年国債を集めたETFや、世の中が景気減速をしてくるので、低格付けのものよりも高格付け企業の社債を買った方が安心ではないかとLQD(適格社債)を買ったりします

もしくは金利が下がることで高成長株の割安感が出てきて買われるのが、NASUDAQのQQQです。これがブル・フラットニングで買われるものです。

ブル・スティープニング

かなり先のことなりそうですが、その後は緑に移ります。景気が減速し、景気後退の段階になってくると、短期政策金利を引き下げることで短期金利が大きく下がりますが、短期金利が下がったことで回復するかもしれないとの期待感から、長期金利の下げが少なくなってきます。

そんなときには、HYGという低格付け社債を集めたものや、半導体の需要が増えてくるだろう、景気が回復するだろうとSOX指数や、新興国の株であるEEMや、IWM、小型のRussell2000が先んじて買われます

そこから金利が下がり、今度は景気回復局面の青いところにもう一度戻ってきます。

・本日のまとめ

来週のFOMCにおいて、恐らくテーパリングの話は決まり、来年の利上げについては状況を見て判断すると言うのですが、マーケットの期待値としては5月利上げの確率が70%を超えてきていますので、80~90%となってくると間違いなく5月ごろに催促される形で利上げを行います。

そうなると、ベア・フラットニング、短期金利が上がり、10年金利も少しずつ上がっていく状況となれば、ディフェンシブセクターにお金が移る可能性が高いと思っています。

さらに、利上げが来年3回と言われていたものが4回起これば、FRBの政策ミスとして、TLTなどのよりディフェンシブなもの、LQDや一部のQQQにお金が行きます。そういったセクターサイクルがこれから起こってくる可能性が十分にあることが、今回のFOMCや本日のCPIで判断する材料となります

マーケットはこういった過去の歴史、もしくはセクターサイクルを意識した上でセクターを選んでいます。ぜひ、これを参考にしていただき、今後の投資活動に使っていただきたいと思っています。

また、実は昨日、新規失業保険件数が52年ぶりの低水準になったと、かなり話題になっています。恐らく景気がかなりいい状態となってきているとして、短期金利を上げてくると言われています。来週のFOMCには非常に注目が集まっていますので、ぜひ、本日の内容を踏まえて参考にしていただければと思います。本日もありがとうございました。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

先週、ビッグイベントのFOMCを通過しました。通過後に株価は大きく下落。週間でNASDAQでマイナス5%、S& …

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

日本時間9月22日朝、9月のFOMCが終わりました。この会合において0.75%の利上げを決定され、S& …

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

16日、フェデックスという超大手物流会社が業績見通しを取り消しました。米株式指標は大きく下落すると思われました …

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

13日、市場で注目されていた米CPIが発表されました。予想よりも高く、今後もインフレが続きそうだということで、 …

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

先週、株価が大きく上昇しています。背景は二つあると言われています。年内FOMCにおける利上げ幅が、ある程度織り …

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

9月20日~21日に、次回FOMCが予定されています。その10日前からFRB高官、要人が発言できないブラックア …

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

9月に入り、アメリカのQTが月間950億ドルと前月の倍になりました。今後、マーケットにインパクトがを与えるので …

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

本日は米国の長期金利の見通しについてお話ししたいと思います。株式投資家も、債券投資家にも大きく関係のある米10 …

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

今後、株価に大きなインパクトを与える2023年の米国の企業業績、EPS(1株当たりの利益)は今後どうなっていく …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

8月26日23時に、ジャクソンホール会合でパウエル議長が講演を行いました。その発言に今後の金融政策を示す、多く …

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

本日は、過去のブル・ベアマーケットを分析し今後の投資戦略立案のヒントにしていきたいと思います。今年に入ってベア …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

日本時間の8月26日23時から、パウエル議長がジャクソンホール会合にて公演予定です。23時というのは、アメリカ …

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

17日、FOMC議事要旨が発表されました。その中身を受けて、マーケットではFOMCがハト派に転じたのではないか …

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

17日から、今月末にかけて金利が動く可能性があります。それがなぜか、お話ししたいと思います。 17日晩には、F …

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

6月中旬からS&P500が18%程度、NASDAQが22%程度上昇したとして、強気相場入りとのニュース …

おすすめ記事