米株の先行株価指数ラッセル2000が上昇中。まだ、本格的な上昇と言えない理由

米株の先行株価指数ラッセル2000が上昇中。まだ、本格的な上昇と言えない理由

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

10日にCPIの発表、14~15日にFOMCを控え、市場の材料もかなり薄くなってきていることから、マーケットは膠着状態が続いています。

そんな株価の動きの中で、先行性があると言われているRussell 2000が、S&P500を上回る動きをしています。こういった動きをすると、株価が底値を形成している可能性があるとして一部で注目されていますが、今後本格的な上昇になるかどうかを、過去のRussell 2000の動きも含め、分析していきたいと思います。

米国株指数Russell2000

炭鉱のカナリアとして有名なRussell 2000

下落局面に先行するとして、Russell 2000は炭鉱のカナリアだと言われています。こちらのチャートは、1年間のS&P500とRussell 2000を集めたものです。Russell 2000は小型株を集めたものですから、アメリカにおいてもかなり時価総額の小さなものが集まっています。

Russell 2000が下がるということは、景況感が悪くなる、小型株になかなかお金が回らないときです。そのため、S&P500よりも先行して下がる特徴があります。

直近1年を見ると、昨年11月Russell 2000が先に下落を初め、S&P500は今年に入って1月4日から下落しています。1ヶ月近く先行していたことが分かっています。これはあくまで結果論ですから、いつもそうなのかと言うと絶対ではありません。しかし、かなりの確率でRussell 2000が先行すると、ぜひ今後も覚えていただければと思います。

株価のボトム先行指標としても認知されています

そんなRussell 2000ですが、実はもう一つの顔を持っています。株価のボトムを示す先行指標としても認知をされているのです。

今回、チャートはRussell 2000とS&P500を集めたものです。Russell 2000、青いチャートはコロナショック後の大幅な上昇局面において、Russell 2000の方が先行した、上昇幅も大きかった傾向がありました。

一方、S&P500は大型株に遅れて、ゆっくりと追いかける形となっていました。今後Russell 2000がS&P500に先行して上昇すると、ボトムの形成をしているのではないかとの期待感が高まってきているのです。

では、ここ最近はRussell 2000とS&P500、どちらの方が上がっているのでしょうか。

ここ1ヶ月のリターンはRussell 2000

5月にいったん底値を付け、そこからリバウンドが始まっています。ここ1ヶ月間のパフォーマンスでは、Russell 2000の方が12.17%、S&P500が7.31%です。5月からのリターンを考えるとRussell 2000が上昇していることから、今回、もしかしたら5月に底値を付けて上昇局面に入っていくのではないかと、期待する向きもあります。

金融機関も、一部ではそんなに大きく下がらないとの声もあります。8月に向けて大きく下がっていくなど、いろいろな意見があります。今回、この事象から見ると、底値を売った可能性があると分析する必要があります。

では、本当に底を打ったのでしょうか? Russell 2000をさらに細かく分析します。

Russell 2000には、Russell 2000 Valueと、Russell 2000 Growthがあります。各ETFでIWN、IWOというものがあります。今回、5月底値からの戻り局面はRussell 2000が青、緑のチャートがValue、オレンジのチャートがGrowthです。Growth、Value、Russell 2000が変わることなく上昇しています。Value、Growthのどちらかが突出して上昇したわけではないと、1ヶ月のリターンからは分かっています。

実はここにヒントがあります。本来であれば、ここに差が出ていいのではないかと思っています。

Russell 2000 ValueとRussell 2000 Growth

本格的な回復だとは確信できない理由

こちらは年初からの下落率です。

年初から下落を大きくリードしてきたのは、Growth株。約23%近く下落しています。一方、Valueは7%の下落です。Russell 2000全体としては15.28%です。本来リターンリバーサル、大きく下落したものが上昇するという観点から見ると、年初来大きく下げてきた反動が、本来であればGrowthに出てもおかしくないところでもあります。

ですが、実際にはValueとGrowthのリターンがほぼ同じ。リターンリバーサルが起こっているような状況ではないと言えます。

さらにこちらをご覧ください。

こちらを見ると、コロナ後の相場をリードしたものはGrowthだったと分かります。前半部分、2022年に入るまではGrowth株がリードしながら、Valueが少し遅れる形を取っています。本格的な経済、株価の回復局面であれば、通常Growthが上がりやすい状況です。

にもかかわらず、今回の1ヶ月に関してはGrowthとValueがあまり変わっていない状況です。

こういった観点から見ていくと、今回の1ヶ月の上昇が本格的な株価上昇かどうかは、Russell 2000からはなかなか判断しづらいと言えます。

大事な観点としては、バリュエーションのどちらがいいか、悪いかをしっかりと見ていくと、さらに深い分析ができるのではないかということです。そこで、GrowthとValueのPERを見てみました。

こちらは2003年以降のRussell 2000のGrowthとValue、PERを示したものです。赤いチャートがRussell 2000、青いチャートがRussell 2000のGrowth、緑色がRussell 2000のValueです。

これを見ても分かる通り、全ての指数でPERが低下しています。Russell 2000としては、18.1倍まで低下しています。この水準はコロナショックの水準ですから、かなり割安になってきたと言えます。

ただ、ここで注意して見たいことがあります。青い線のGrowthです。30.9倍と水準感としては高いものの、コロナショック時も30倍程度で底を打ちました。コロナ以来本当に割安に入ってきていると、Growthからは言えます。

一方、緑のValueです。13.4倍まで下がってきていますが、コロナ時は10倍まで下がりました。まだ3.4倍ほど割高、底値よりは高いです。そう考えると、普通はリターンリバーサルから考えても、Growthの方が割安で上がりやすいと言えます。

そんな状況にもかかわらず、Growth、Valueが変わらないということは、積極的に小型のGrowthを買っていこうという動き、大きなお金が動いていると確認できないわけです。特に今は出来高が細くなってきている状態です。売った分をリバランスで買い戻している程度に収まっていると分かります。

積極的にGrowthを買っていく状況となれば、株価は本格的な復調となります。しかし、今のようにGrowthとValueが変わらない状態では、まだ本格的な上昇ではないと、Russell 2000だけを見ると言えるでしょう。

ぜひ、今後GrowthとValueの動きを見ていただければと思います。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

先週、ビッグイベントのFOMCを通過しました。通過後に株価は大きく下落。週間でNASDAQでマイナス5%、S& …

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

日本時間9月22日朝、9月のFOMCが終わりました。この会合において0.75%の利上げを決定され、S& …

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

16日、フェデックスという超大手物流会社が業績見通しを取り消しました。米株式指標は大きく下落すると思われました …

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

13日、市場で注目されていた米CPIが発表されました。予想よりも高く、今後もインフレが続きそうだということで、 …

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

先週、株価が大きく上昇しています。背景は二つあると言われています。年内FOMCにおける利上げ幅が、ある程度織り …

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

9月20日~21日に、次回FOMCが予定されています。その10日前からFRB高官、要人が発言できないブラックア …

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

9月に入り、アメリカのQTが月間950億ドルと前月の倍になりました。今後、マーケットにインパクトがを与えるので …

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

本日は米国の長期金利の見通しについてお話ししたいと思います。株式投資家も、債券投資家にも大きく関係のある米10 …

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

今後、株価に大きなインパクトを与える2023年の米国の企業業績、EPS(1株当たりの利益)は今後どうなっていく …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

8月26日23時に、ジャクソンホール会合でパウエル議長が講演を行いました。その発言に今後の金融政策を示す、多く …

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

本日は、過去のブル・ベアマーケットを分析し今後の投資戦略立案のヒントにしていきたいと思います。今年に入ってベア …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

日本時間の8月26日23時から、パウエル議長がジャクソンホール会合にて公演予定です。23時というのは、アメリカ …

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

17日、FOMC議事要旨が発表されました。その中身を受けて、マーケットではFOMCがハト派に転じたのではないか …

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

17日から、今月末にかけて金利が動く可能性があります。それがなぜか、お話ししたいと思います。 17日晩には、F …

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

6月中旬からS&P500が18%程度、NASDAQが22%程度上昇したとして、強気相場入りとのニュース …

おすすめ記事