【米国株】CPI通過後は米国2年金利とSOX指数に注目

【米国株】CPI通過後は米国2年金利とSOX指数に注目

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

14日、1月CPIが発表されました。市場予想とほぼ同じで、マーケットにサプライズ、波乱はありませんでした。ただ、金利には少し影響が出ています。金利動向によっては、今後の株式市場に大きな影響が出るとも考えられます。そこで本日は6ヶ月、1年、2年の金利動向を解説します。

SOX指数についても、直近のニュースを踏まえ、お伝えしたいことがあります。ぜひ最後までご覧ください。

注目の米CPIの評価は分かれる

注目のCPIは評価が分かれる

最初に、CPIを見ていきます。左のチャートは、1月米CPIです。前月比+0.5%、前年同月比+6.4%と、ほぼ予想通りでした。前月比+0.5%で、まだまだ物価が落ち着いていないと確認できました。一方で、前月と比べて下がっているため、全体的には下落しています。下落傾向の中、まだまだ根強いところもある、強弱の分かれる形ですから、CPIについては評価の分かれるところでした。

ただ、左のチャートで分かる通り、青のサービス部門が伸びています。パウエル議長は、FOMC以降も財・住宅はディスインフレ―ションと言っていますが、サービスのインフレは続いているとしていました。今回もサービスのインフレが根強く続いています。右のチャートからも、特段変化は見られません。

今回のCPIは注目されていましたが、強弱が分かれ、マーケットの評価も分かれています。3月14日のCPIを見るまでは、なかなか判断が付かないというのが、マーケットのメインの考えとなるでしょう。今回のCPIでは、大きな方向感は出ませんでした。3月14日のCPIを確認し、3月22日のFOMCで、CPIを含めどういった金融政策を打ってくるかまで、結果が持ち越しになったと言えるでしょう。

予想FFレートは上昇

次に皆さんに知っていただきたいのは、FFレート先物、6ヶ月、1年、2年金利です。FFレートの先物予想、紫が今年2月1日時点のチャートです。1年以内に0.5%の利下げに転じること、3月に利上げが止まることを表しています。

低いターミナルレートの到達点は、5%に満たない予想となっています。ですが、雇用統計発表後、FRBメンバーのタカ派的発言が続いたことで、2月13日時点ではFF予想レートが引き上がっています。結果として、3月に加え、5月の利上げが予想されていますし、年内の利下げも0.25%に留まるのではと、先物予想が上がってきました。

さらに14日のCPIの結果を受けて、黄色のチャートのように利下げタイミングが後ろ倒しになるのではと表されています。FFレート引き下げが後倒しになると、株価にマイナスの影響があります。

気になるイールドカーブとSOX指数

利下げ期待の低下を受けてイールドカーブに変化

さらに詳しく見てみましょう。アメリカの6ヶ月金利が赤いチャート、1年金利が緑のチャート、2年金利が青いチャートです。短期金利をご覧になることは少ないでしょうが、このように見ると、一つの特徴が確認できます。

黄色網掛け箇所、赤いチャートをご覧ください。今年に入り株価が堅調だった理由は、緑のチャートの6ヶ月金利が、1年にとの差を広げていたことにあります。

1月時点では、2~3月に利上げを行うものの、その後利下げに転じるだろうと考えられていました。年後半の利下げを考え、6ヶ月金利は高いものの、1年金利が6ヶ月より低い状況が続いていました。こうした利下げ期待が強かったことで、株価は大きく上昇しました。

しかし、現在は6ヶ月金利と1年金利の金利がほぼ同じです。ここから分かるのは、6ヶ月後から12ヶ月後までの6ヶ月間では、利下げが行われないとマーケットが織り込んだことです。チャートの狭まりは、1年間での利下げ確率が減っていることを表します。金利が高いまま、今後PERが上がりにくい状況が続く、PER低下の可能性が高いことが6ヶ月、1年金利からは分かります。

青いチャートは2年金利です。こちらも6ヶ月、1年金利に近付いています。2年以内の利下げ確率が減り、高い金利で留まる可能性も高いです。今後、青いチャートが6ヶ月、1年により近付くようであれば、さらにタイトな状況、市場を抑圧する金融政策が続くことを意味します。

こういった金利の抑圧的な状態が続くと、PERは上がりにくくなります。歴史的に見ても、潜在成長率の4%を超える金利が長期間続くと、PERは低下しています。今後、青いチャートの2年金利が上昇するようであれば、PERが低下しやすいと、この段階では把握しておくべきでしょう。

現段階のPERは18.6倍と、過去10年間の18倍から比べても高い状態です。しかし、前回記事でもお伝えしたように、エクイティリスクプレミアム、国債利回りから株式に投資したとき、得られるメリットは、1.6%まで下がっています。これは過去平均の4%から見ると、投資してもリターンの期待値が非常に低いことを表します。

金利が上がる中、エクイティリスクプレミアムが狭い状態では、株価の調整が起きやすいと、歴史的にも確認できています。CPIの影響を受け、14日の株価の動きは少なかったものの、エクイティリスクプレミアム、2年金利の動向を見ると、まだまだ不安定な状況が続いています。今後、2年金利に注目していただければと思います。

市場はバークシャーのTSMC売却の影響に注視

最後に、こちらをご覧ください。濃い緑のチャートはSOX指数、黄色はNASDAQ、薄緑がS&P500です。2023年に入ってからは、SOX指数、半導体の指数が大きくマーケットをけん引し、NASDAQがS&P500を上回ってきました。

今後も半導体を中心にNASDAQが大きく上昇すると、期待が高まっていました。14日もMicrosoft、NVIDIA、PalantirといったAIに関する企業の株価が、大きく上昇していました。ChatGPTなどが広がることで、半導体需要が増えるだろうと考えられ、半導体メーカーに関する業績回復が、非常に期待されていました。

マーケットが終わった後、ウォーレンバフェット率いるバークシャー・ハサウェイが、台湾のTSMC保有しているADRの86%を売却しています。ただ、売却した時期は10~12月。一番半導体セクターの株価、SOX指数も下がっていた状態でした。悪いことを見越して売ったのか、今年にかけて半導体需要が大きく下がると見越して売ったのかは、現在はマーケットが思慮している最中です。

特にバフェットが買った銘柄は、かなり長い期間保有すると言われる中での短期売買でした。何か思惑があるとされています。今年に入りマーケットをけん引してきたSOX指数が今後売られるようであれば、金利上昇と共に株価が崩れやすくなる可能性もあります。半導体指数が今晩以降どうなるか、2年金利がどうなるか、ぜひ注目していただければと思います。

注目されていたFOMC、CPIも過ぎ、金融政策がどうなるかはまちまちで判断がつきません。マーケットとしては、当面気迷いのある状況が続くと思われます。3月中旬以降まで、CPI、FOMCは開催されませんので、金利、SOX指数がどういう動きをするかを見ないと、なかなか大きな材料は拾いにくくなります。SOX指数、2年金利を中心に見ていただければと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日経VI:今後の日経平均や株式市場への影響と注意点

日経VI:今後の日経平均や株式市場への影響と注意点

最近、中東情勢の緊張と原油価格の上昇によってリスクオフムードが高まり、日経平均ボラティリティ・インデックス(日 …

【米国株】‌今週末から米国企業決算が本格的にスタート。S&P500の現状分析と注目点。【4/8 マーケット見通し】

【米国株】‌今週末から米国企業決算が本格的にスタート。S&P500の現状分析と注目点。【4/8 マーケット見通し】

本日のテーマは米国株です。12日から米国金融機関を中心に、2024年度第1Qの決算発表がスタートします。 今年 …

【2024年最新】NISA口座開設・利用状況から見える投資家動向 

【2024年最新】NISA口座開設・利用状況から見える投資家動向 

2024年に入ってから、NISA(少額投資非課税制度)の利用が大幅に拡大しました。本記事ではまず、NISA口座 …

バブル期の高値を更新し、44%の上昇率を記録した日経平均株価:2023年度のマーケットを振り返る

バブル期の高値を更新し、44%の上昇率を記録した日経平均株価:2023年度のマーケットを振り返る

2024年4月から新年度に入りました。2023年度のマーケットを振り返ると、改めて日本の株式市場は記録的な1年 …

【米国株投資】‌なぜ今年は米国小型株に注目する人が多いのか?【4/1 マーケット見通し】

【米国株投資】‌なぜ今年は米国小型株に注目する人が多いのか?【4/1 マーケット見通し】

本日は、米国株投資を取り上げます。今年に入り、米国小型株、ラッセル2000に注目する人が増えています。最近は、 …

【米国債券投資】‌6月利下げの可能性が高まる中、利下げ開始後の債券ETF投資戦略について【3/25 マーケット見通し】

【米国債券投資】‌6月利下げの可能性が高まる中、利下げ開始後の債券ETF投資戦略について【3/25 マーケット見通し】

先週のFOMCを受け、6月の利上げ可能性が高まってきました。その影響で、今後の長期金利低下などが期待される中で …

【米国株】‌いよいよ米国経済に変調の兆し。3月FOMCが米国株へ与える影響に注意【3/18 マーケット見通し】

【米国株】‌いよいよ米国経済に変調の兆し。3月FOMCが米国株へ与える影響に注意【3/18 マーケット見通し】

先週の経済指標のいくつかは、アメリカの経済に、いよいよ変調の兆しがありと考えさせられるものでした。本日は、先週 …

【米国株】‌米国の雇用は本当に強いのか?それとも弱いのか?株価に与える影響大【3/11 マーケット見通し】

【米国株】‌米国の雇用は本当に強いのか?それとも弱いのか?株価に与える影響大【3/11 マーケット見通し】

先週金曜日、アメリカの雇用統計が発表されました。それ以外にも、先週は、JOLTSやISM非製造業の雇用など、雇 …

【米国株】‌堅調な米国株式相場。目先の市場リスク要因は?【3/4 マーケット見通し】

【米国株】‌堅調な米国株式相場。目先の市場リスク要因は?【3/4 マーケット見通し】

本日は堅調に推移する米国株式市場ですが、目先にある市場リスクについて考えてみたいと思います。 先週までの企業決 …

【米国REIT】‌商業不動産への懸念がある中、今後の米REITの見通しについて【2/26マーケット見通し】

【米国REIT】‌商業不動産への懸念がある中、今後の米REITの見通しについて【2/26マーケット見通し】

本日は、米国REITを取り上げます。ここ最近はアメリカの株式市場が強く、債券やREITへの注目が薄れがちです。 …

【米国株】‌米国投資家が2024年に債券投資を検討しておくべき理由【2/19 マーケット見通し】

【米国株】‌米国投資家が2024年に債券投資を検討しておくべき理由【2/19 マーケット見通し】

本日のテーマは、『米国株投資家が2024年に米国債投資を検討しておくべき理由』です。 昨年から今年にかけて、米 …

【米国株】‌節目を突破したS&P500。このような時こそ注意しておきたい2つの死角【2/13 マーケット見通し】

【米国株】‌節目を突破したS&P500。このような時こそ注意しておきたい2つの死角【2/13 マーケット見通し】

本日のテーマは、節目を突破した強いアメリカの株式市場についてです。S&P500が5,000という節目を …

【米国株】‌上昇相場が続く中でトレンド転換の見定め方【2/5 マーケット見通し】

【米国株】‌上昇相場が続く中でトレンド転換の見定め方【2/5 マーケット見通し】

本日のテーマは、上昇相場が続く中でトレンド転換をどのように見定めるかについて見ていきたいと思います。 先週、注 …

【米国株】‌今回のFOMC以降に市場が注目するポイントとは【1/29 マーケット見通し】

【米国株】‌今回のFOMC以降に市場が注目するポイントとは【1/29 マーケット見通し】

本日のテーマは、今週最大の注目イベントであるFOMCです。FOMCはハト派的な内容になるとマーケットでは予想さ …

【米国株】‌米国大型株と小型株、2024年に期待できるのは?【1/15 マーケット見通し】

【米国株】‌米国大型株と小型株、2024年に期待できるのは?【1/15 マーケット見通し】

本日のテーマは、米国の株式市場において、米国大型株と小型株のどちらの方が2024年に期待できるかについて考えて …

おすすめ記事