元在日オーストラリア大使館の審査官が教える「海外ビザの申請のおける重要ポイント」

元在日オーストラリア大使館の審査官が教える「海外ビザの申請のおける重要ポイント」

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

渋谷:本日は、海外ビザのエキスパートである足利さんに、ビザのお話を伺います。よろしくお願いします。

足利:よろしくお願いいたします。

コロナ渦でもビザ取得者は増えている

渋谷:自分には関係ないと思っている方も多いですが、コロナ禍でもビザ取得者は意外と増えています。ビザとはどういうものか、お話を聞かせていただけますか?

足利:日本の方たちは、旅行に行くときもほとんどビザを取得しませんが、身近なところでは、アメリカに行くときにはESTAを取らなくてはなりません。これは、3カ月以内の滞在でも必要になります。

オーストラリアが始めたETAを初め、少しの滞在でもビザが必要になっているのが現状です。3カ月を超えたプチ移住や、コロナを機会としたワ―ケーション、リモートワークには必ずビザが必要となります。そういったことを踏まえ、今後のライフプランのためにも、ビザを知識の上でも知っていただければと思います。

リモートワークは増えている?

渋谷:コロナになって、リモートワークが日本でもかなり浸透しています。リモートワークを使いながら、海外に拠点を作って仕事をしている方はいらっしゃいますか?

足利:海外の人と比べると、日本の人たちはなかなかコンサバティブです。口では言っているものの、実行していないのが現状です。やっているのは、沖縄、ニセコ、軽井沢。特に軽井沢が混んでいます。

アメリカ人は、ハワイに殺到しています。海外ではこのような動きがありますから、コロナが明けたら、すぐにでもそのような生活が可能になるかと思います。

渋谷:仕事の一線を離れた方、仕事を任せている方なども、世の中にはいらっしゃいます。そういう方の移住も増えているのですか?

足利:特にオーストラリアは、時差がないことが最大の魅力です。企業オーナーは、オーストラリアにいながら仕事ができます。

ハワイでも、日本の午前9時は、ハワイの午前2時。午前中に頑張れば、日本の仕事を全部カバーできます。効率よく仕事を進められるでしょう。

元審査官だからわかること

渋谷:紹介が遅れましたが、足利さんは、元々オーストラリアのビザをされていたのですよね?

足利:そうです。今はAOM Visa Consultingという会社を経営していますが、元々のキャリアは在日オーストラリア大使館の審査官として、皆さんのビザを審査していました。

渋谷:ビザの審査は、日本では海外の人ではなく、自国の人が行うイメージがあります。よく映画で見るのは、FRBの審査が非常に厳しく、誰でもは入れない姿です。そんなことはないのですか?

足利:国によって異なります。例えば、アメリカや日本では、外国人に権限がありません。アメリカ大使館にビザセクションがあり、日本人も勤めているのに、です。

しかし、私が勤めていたオーストラリア政府はある意味寛大で、日本の人たちでもトレーニングを受けることで、全ての審査権限を持てました。ですから、インタビューをしてビザを出すか出さないかを決め、なおかつ発行したレターに名前も書きます。

一番大変なのは、ビザを出せなかったときにも名前を書かなくてはならないこと。そういう辛い仕事もしていました。

審査官のポイントを長い間経験していましたので、それをベースに、私は今、申請をお手伝いをするという、ちょうど反対側の仕事をしています。

アメリカ大使館の方や、米国弁護士の方に私の職務経験をお話しすると、彼らでもかなりびっくりします。そこはオーストラリア政府独特です。

渋谷:皆さんになじみの深い裁判の世界では、元裁判官、元検察の人が弁護士になる。それと同じで、元審査官は審査官の考えていることが分かると思っていいですか?

足利:まさにそうだと思います。こういうときはこう考えるとか。極端な話、大使館もそうですが、私たちはビジネスマンではありません。皆さんが思っている以上に、公務員的なメンタリティでお仕事をしているかもしれません。ビジネスにすごく長けているかといえば、そうでもなかったりします。分かりやすい資料を作ることが、かなりキーポイントになると思います。

審査のコツは奥深い

渋谷:今、こういった時代でインターネットだとか、いろいろな書籍も含め、申請の方法が出ています。それを見よう見まねでやるのと、相手の出方、審査のコツが分かっているのでは違うものですか?

足利:もちろん違います。移民法には、移民法のポイントがあるわけです。お手紙一つ書くにしても、審査官からすれば書いてほしいことがあります。そこをどう訴えていくかのコツは、法律を読んで、レターを書く立場でないと難しいです。そこを踏まえ、ビザが許可できるという形になります。そこは、弁護士と似ています。

審査のコツは「お手紙」

渋谷:『お手紙』とは、僕らがイメージするお手紙ですか? 拝啓とか。

足利:違います。サポートレター、推薦状と言った方がいいかもしれません。なぜ、この人がビザを取るに値するかを書くものです。

渋谷:てっきり、思いを込めるのかと思いました。

足利:違う意味でそういうところもあります。どうしてもオーストラリアに行きたいとか、どうしてもこの仕事をする必要があるなど。これはビザのクラスにもよりますが。

渋谷:受験で小論文があったとき、みんな思いは当然持っていますが、その伝え方一つで全然結果が変わりました。それと同じく、オーストラリア、アメリカに移住したいという思いは一緒でも、書類や伝え方が違えば、結果が変わってしまう。まさにそんな感じですよね。

足利:本当にそうです。国によって若干アプローチが違ったりもするので、各国のImmigration lawyer(移民弁護士)と連携することで、日本の方たちをお手伝いしています。

渋谷:最近はワ―ケーションも含め、かなりビザを取る方が増えている。一方、思いを伝えるとか、そういったところはきっちりやらないと、取るのもそこまで簡単ではない。そんな感じですか?

移民法に関するテクニック

足利:日本の方たちは、移民法に触れる機会がなかなか少ないと思います。その中でもテクニックはありますから、それをお手伝いするのが私たちの仕事です。

渋谷:一般的には、私には関係ない、遠い世界の話だと思っている方も結構いるかと思います。しかし、そんなに遠い話ではないのですか?

足利:コロナの影響で、ますます自国を守るように海外でもなってきていると思います。裏返すと、来て欲しい人たちだけに来てくださいというアプローチになるでしょう。

その中で、今まではビザが必要なかったものの必要になる可能性があります。日本の方はそこまで動きが早くないものの、コロナで、特に富裕層の人たちは、今のうちに安全な場所を確保しようと、投資家ビザをどんどん他の国に申請しています。

渋谷:ビザはそんなに遠い話ではないこと。取るときにはそれなりのテクニックが必要なこと。取る人が最近増えていることをお聞きしました。次回以降は具体的に、国ごとにどういう話があるのかお伺いしたいと思います。次回も、よろしくお願いいたします。

足利:ありがとうございました。

渋谷:ありがとうございました。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】景気先行指数が悪化。いつ株価に影響を与えるか?

【米国株】景気先行指数が悪化。いつ株価に影響を与えるか?

23日、カンファレンスボードによる景気先行指数(LEI)が発表されました。今後の先行きを見通すものとして注目さ …

【米国株】もし、米国がディスインフレになった場合に有望な株式セクターは?【1/23 マーケット見通し】

【米国株】もし、米国がディスインフレになった場合に有望な株式セクターは?【1/23 マーケット見通し】

2023年がディスインフレーションになればというテーマで、本日はお伝えします。ディスインフレーションとは、金融 …

【米国株】今の米国株は、今後の景気後退と企業業績の悪化をすでに織り込んでいるのか?

【米国株】今の米国株は、今後の景気後退と企業業績の悪化をすでに織り込んでいるのか?

今週は、企業業績の悪化や経済指標の軟化の発表を受け、株価が下落しています。最近のマーケットコメントでは、今の株 …

【米国債券】米ハイイールド債券上昇。今後も上昇は続くのか、今は買い時なのか。

【米国債券】米ハイイールド債券上昇。今後も上昇は続くのか、今は買い時なのか。

本日は、米国のハイイールド債券を取り上げます。ハイイールド債券は炭鉱のカナリアと呼ばれ、下がるようであれば株式 …

【米国株】今の株価水準は割安か、それとも割高か?

【米国株】今の株価水準は割安か、それとも割高か?

今年に入り、株式市場が徐々に上昇をしています。今後も上昇が続くのかどうかが、皆さんの関心事だと思います。では、 …

【米国株】いよいよ利上げサイクルの後半戦。株価は過去どのように動いたのか、また、今後の注目点について

【米国株】いよいよ利上げサイクルの後半戦。株価は過去どのように動いたのか、また、今後の注目点について

1月6日の雇用統計、ISM非製造業指数を受け、3~5月の利上げ停止の期待が高まった結果、株価が上昇しています。 …

【米国株】年明け後から軟調な経済指標。ベアマーケットは続くのか?

【米国株】年明け後から軟調な経済指標。ベアマーケットは続くのか?

今週に入り、米国の株式市場の方向感はあまり定まっていない印象です。一方、マーケットでは警戒感が高まっている印象 …

【米国株】2023年、米株の株価はいつごろ底打ちするのか?

【米国株】2023年、米株の株価はいつごろ底打ちするのか?

本日は、2023年の米国株式市場のボトム時期について考えてみますが、リセッションに入った場合を想定していますの …

【米国債券】2023年の債券投資戦略。米国債と適格社債のどちらがパフォーマンスを期待できるか?

【米国債券】2023年の債券投資戦略。米国債と適格社債のどちらがパフォーマンスを期待できるか?

今年もいよいよ終わりに近づき、23年の投資戦略を立てている方も多いのではないかと思います。今年、22年に関しま …

【米国株】日銀サプライズで米国の長期金利上昇。上昇の背景と今後への影響

【米国株】日銀サプライズで米国の長期金利上昇。上昇の背景と今後への影響

20日、日銀の金融政策決定会合が開かれ、大きなサプライズとなりました。日本の長期金利の誘導目標を±0.25%か …

【米国株】マーケットはFOMCの内容をミスリード?不確実性によるリスク上昇に要注意

【米国株】マーケットはFOMCの内容をミスリード?不確実性によるリスク上昇に要注意

本日のテーマは、15日に開催されたFOMCです。市場予想よりもタカ派的な内容と評価されていますが、その日はあま …

【米国株】市場に景気後退懸念。FOMCでFRBは懸念を払拭できるか?

【米国株】市場に景気後退懸念。FOMCでFRBは懸念を払拭できるか?

今、マーケットでは2023年のリセッション入りが懸念されています。14日に開かれるFOMCにおいて、マーケット …

【米国株】今後の流れを決定づける重要なFOMC。FOMCで確認すべき5つのポイント

【米国株】今後の流れを決定づける重要なFOMC。FOMCで確認すべき5つのポイント

12月FOMCが、13~14日に開催されます。0.5%の金融引き下は、マーケットのコンセンサスなので、恐らく間 …

【米国株】米大手金融機関CEOが23年の厳しい経済見通しを示唆。23年の株価への影響について

【米国株】米大手金融機関CEOが23年の厳しい経済見通しを示唆。23年の株価への影響について

先日、米国で金融関連のカンファレンスが開かれました。ウォールストリートの重鎮と言われるような金融大手のCEOが …

【米国株】金融各社の2023年株価見通しに大きなブレ。個人投資家動向はソフトランディングシナリオ?

【米国株】金融各社の2023年株価見通しに大きなブレ。個人投資家動向はソフトランディングシナリオ?

今年も12月に入りました。金融機関各社から、2023年のS&P500の年末予想が出てきました。本日は、 …

おすすめ記事