【海外ビザ】元在日オーストラリア大使館の審査官が語るビザ取得のポイント

【海外ビザ】元在日オーストラリア大使館の審査官が語るビザ取得のポイント

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

渋谷:本日は、前回に続きビザのエキスパートである足利さんに、オーストラリアのビザについてお話をお聞きします。よろしくお願いします。

足利:よろしくお願いいたします。

オーストラリアのビザについて

渋谷:たまに、オーストラリアのビザを取りたいと相談を受けることがあります。オーストラリアのビザが取りやすいのか、取りにくいのかも含め、いろいろとお話を聞きたいと思います。お聞かせいただけますか?

ビザの取得しやすさについて

足利:弊社はオーストラリアが専門になりますから、一番お手伝いしています。特に、このファミリーオフィスドットコムにお問合せに来る方が利用できそうなビザは、三つあると思います。

一つはプチ移住してみたい、それからワ―ケーションしてみたい人たちのための、長期の観光ビザです。これは1年のうち半分をオーストラリアに滞在することができるので、ゴールドコーストの海を眺めながら滞在することも可能になります。

二つ目は教育移住を考えている人たち向けです。未成年のお子さんが学生ビザを取って、それにお母様、もしくはお父様が帯同して、保護者として行くガーディアンビザがあります。これだと、実はお子さんが18歳になるまでずっとお母様、もしくはお父様、片親が一緒に滞在できます。ですから、教育に熱心な方たちが一番利用しているのは、このビザです。

三つ目が投資家ビザです。一定の金額を投資することで永住権を取ります。オーストラリアに永住したい人たちにとって、一番ダイレクトに行える申請です。

渋谷:オーストラリアは、ビザを取りやすいのですか?

足利:取りやすいといえば難しいですが、全部オンラインで申請できることが最大の魅力だと思います。かなり手間が省けるというか、全部インターネットで申請できますから。そういった点で、長期の観光ビザ、学生ビザ、ガーディアンビザ辺りまでは自分で申請している人たちが多く、非常に取りやすいかと思います。

しかし、三つ目の投資家ビザだけはほとんどご自身で申請する必要はないため、専門のビザのエージェントさんと一緒に連携して、申請することが適切かと思います。

ビザの申請はすべてWebにて

渋谷:申請のときはWebだけでいいかと思いますが、最後の面接のようなものはあるのですか?

足利:実は何もないのです。アメリカは、今も学生ビザでは面接がある国です。面接といっても、実際のところは指紋を取ることが最大の目的ではありますが。オーストラリアは、全部Webで完結します。まず面接というプロセスが、本当にないと思った方がいいです。

渋谷:ということは、今のコロナの状況においても、審査自体は普通に行われているという認識で合っていますか?

足利:もちろん進んでいます。ただ、オーストラリア国籍やオーストラリアの永住者の人たちを守ることが第一優先のため、どういった人たちを国に入れて経済回復しなければいけないか、常にどのビザのクラスを最優先事項にするか、3カ月に1回ぐらいレビューしながら、細かい統計を基にビザの審査を進めています。

渋谷:分かりました。オーストラリアは意外とWebで申請ができるということですが、ビザを取る以外のお話で。オーストラリアは、なぜ日本人に人気があるのですか?

足利:一つは季節が逆であることが魅力だと思います。寒い冬に暖かいゴールドコーストで過ごすことに憧れて行く人もたくさんいます。ハワイも行くけれども、冬はゴールドコーストにと考え、オーストラリアに行く人も多いです。

あとはライフスタイルです。何となく想像できるかと思うのですが、アメリカに比べても、もう少しゆったりとしたライフスタイルがあったり、メルボルンは世界で最も住みやすい国ランキングの7年連続でトップになっていたりと、そういう意味でワークライフバランスがとても取れている国です。

もう一つは、時差がないことが大きいです。日本の方たちにとって、日本にいる家族の人たち、それからビジネスの人たちとも本当にすぐに連絡が取れることで、非常に人気が高いと思います。

オーストラリアの教育水準について

渋谷:私の知っている方も、お子さんの教育で実際に行かれる方が多いのですが、教育水準もすごく高いのですよね? 大学とか。

QSランキング上位校が多い

足利:QSランキングが毎年発表されますが、トップ100の中にオーストラリアの大学は大体毎年8個ぐらいは必ず入っています。日本の大学は一番高くて、多分東大などの33位ぐらいだと思うのですが、グローバルで見ると日本の大学はとても少ないです。そこがメリットです。

足利:それから、オーストラリアの大学を卒業して、非常に活躍できるのはアジアパシフィックです。例えばシンガポールとか。ですから、大学をオーストラリアで卒業しても、シンガポールやアメリカで活躍している人もたくさんいらっしゃいます。

渋谷:シンガポールに住んでいて、お子さんがオーストラリアの大学へ行ったというお話もよく聞いていました。そういうケースも多いのですよね?

足利:多いです。高校までは、シンガポールにはたくさんインターナショナルスクールがあるのですが、大学となるとシンガポール国立大学ぐらいしかないので、皆さん大学のタイミングで移住も考えますし、そのときにオーストラリアを目指します。それは日本人に限らず、特にシンガポールの人たちは非常に多いです。

シンガポールからオーストラリアの大学へ

渋谷:アメリカと同じように、オーストラリアも教育を中心として移住や留学を考える方が多いという感じですよね?

足利:そこが最大のポイントではないでしょうか。グローバルでも、ライフスタイルも重要ですが、お子さんが未成年の家族に関する最大の関心ごとは、教育になると思っています。

渋谷:教育がすごく人気で、しかもビザの種類が主に三つあるとのお話をお聞きしました。オーストラリアに移住する方に、こういうところはポイントだということがあれば、教えてほしいです。

足利:非常に特徴的なのは、アメリカのように州があることです。例えば、シドニーはニューサウスウェールズ。メルボルンはビクトリア州。ゴールドコーストはクイーンズランド州にありますが、州によってルールが違う、州政府の力がかなり強いです。

投資家ビザとなってくると、州別に申請をすることになります。これは他の国にはないプロセスです。申請もそうですし、取ればそこに住まなくてはなりません。申請する前にどこに住みたいかを明確にして、それから少し考えた方がいいというのが一つのアドバイスです。

渋谷:一度ロングバケーションなどを取り、関係を確認した上で、州を定めていくことがコツですね。

足利:それがとても重要です。観光でもいいので、1回行ってみると非常にいいと思います。基本的に、行ってここに住んでみたいと思うところが一番いいと思います。そうしないと、長続きしません。

学校も、州によって全然違います。公立も私立もありますが好みもあります。他の国になくて、オーストラリアに特徴的となると、州別のいろいろな違いがあることは知っておいた方がいいと思います。

渋谷:分かりました。とても参考になりました。私も相談を受けたときには、それをお伝えしたいと思います。本日はありがとうございました。

足利:ありがとうございました。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

先週、ビッグイベントのFOMCを通過しました。通過後に株価は大きく下落。週間でNASDAQでマイナス5%、S& …

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

日本時間9月22日朝、9月のFOMCが終わりました。この会合において0.75%の利上げを決定され、S& …

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

16日、フェデックスという超大手物流会社が業績見通しを取り消しました。米株式指標は大きく下落すると思われました …

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

13日、市場で注目されていた米CPIが発表されました。予想よりも高く、今後もインフレが続きそうだということで、 …

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

先週、株価が大きく上昇しています。背景は二つあると言われています。年内FOMCにおける利上げ幅が、ある程度織り …

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

9月20日~21日に、次回FOMCが予定されています。その10日前からFRB高官、要人が発言できないブラックア …

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

9月に入り、アメリカのQTが月間950億ドルと前月の倍になりました。今後、マーケットにインパクトがを与えるので …

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

本日は米国の長期金利の見通しについてお話ししたいと思います。株式投資家も、債券投資家にも大きく関係のある米10 …

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

今後、株価に大きなインパクトを与える2023年の米国の企業業績、EPS(1株当たりの利益)は今後どうなっていく …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

8月26日23時に、ジャクソンホール会合でパウエル議長が講演を行いました。その発言に今後の金融政策を示す、多く …

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

本日は、過去のブル・ベアマーケットを分析し今後の投資戦略立案のヒントにしていきたいと思います。今年に入ってベア …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

日本時間の8月26日23時から、パウエル議長がジャクソンホール会合にて公演予定です。23時というのは、アメリカ …

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

17日、FOMC議事要旨が発表されました。その中身を受けて、マーケットではFOMCがハト派に転じたのではないか …

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

17日から、今月末にかけて金利が動く可能性があります。それがなぜか、お話ししたいと思います。 17日晩には、F …

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

6月中旬からS&P500が18%程度、NASDAQが22%程度上昇したとして、強気相場入りとのニュース …

おすすめ記事