新型コロナ感染拡大後に警戒すべき新興国債務危機

新型コロナ感染拡大後に警戒すべき新興国債務危機

世界的な新型コロナウイル拡大の事態を先進国の首脳たちは口を揃えて「戦争」「戦時下」と表現しました。最終的に私達人類がウイルスに勝つことを確信しつつも、その一方で、このウイルスとの戦争における莫大な「戦費=歳出」を誰かが負担をしなければなりません。世界各国の積極的な金融財政政策は現時点で株式市場において高評価されているものの、一方で、コロナ蔓延の収束後に控えている新興国の債務増加問題には注意すべきです。

注目すべきは、通貨の下落が止まらない新興国が現時点(2020年5月)で多いこと。さらには、この通貨の下落が止まらない国には、コロナ対策により財政収支の悪化、そして、債務残高の増加という共通点があります。このようなことから、新興国からの資金流出は加速しリーマン・ショック時の4倍の流出という数字がはじき出されています。

さて、新興国債券の下落は大きく、米国国債とのスプレッドが10%を超えるデフォルト予備軍は、世界に17カ国を超える水準まで来ています。特に、ナイジェリアやインドネシアと経済規模の大きな国も含まれており、それらの国々の通貨の下落と感染者数、そして外貨準備などに注意が必要です。

さらには、新興国国債のみならず新興国の企業債務にも懸念が広がっています。2007年から2019年まので間に企業債務が5000億米ドルから2兆3000億ドルまで急増したという統計があります。新興国の国債や企業債務はおおむね米ドル建てで発行されており、今後も新興国通貨安&財政収支の悪化が進めば大きな相場の波乱要因になる可能性が高く要注意です。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

米テック企業の決算発表に警戒感高まる。市場反応はいかに?

米テック企業の決算発表に警戒感高まる。市場反応はいかに?

今週は注目を集めるGAFAMの決算発表が集中してあります。 先週まで、アメリカの企業決算は総じて中身が良く、S …

ファンドマネージャー調査、債券投資配分が過去最低。今、個人投資家は債券投資は避けるべきか?

ファンドマネージャー調査、債券投資配分が過去最低。今、個人投資家は債券投資は避けるべきか?

毎月1回発表されるバンクオブアメリカのファンドマネージャー調査で、2000年以降、債券に対して最も弱気な状況で …

「ツイストフラットニング」発生。米イールドカーブが示唆する今後の株式市場の見通しとは

「ツイストフラットニング」発生。米イールドカーブが示唆する今後の株式市場の見通しとは

米国イールドカーブに、 ツイストフラットニング(金利が横になる状態)が現れました。 これは、10月16日と18 …

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

10月12日から米国決算発表がスタートし、金融機関を中心に発表されました。バンクオブアメリカ、JPモルガンなど …

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

10月14日、米国株式市場は3指標全てが上昇しました。1.5%を超える大きな上昇です。この短期のリバウンドは続 …

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

本日はスタグフレーションについてです。最近、ニュースや記事等でスタグフレーションという言葉を頻繁に見かけます。 …

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

10月8日金曜日、雇用統計が発表されました。雇用者数が伸びておらず、内容もインフレ懸念を示すなど、今後の波乱要 …

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

最近、米国市場のボラティリティが上がっています。2022年は、株価がどう動いていくのか。2021年10月時点で …

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

米国株式市場は、10月に入ってからも不安定さが続いています。この不安定な状況は、10月末まで続く可能性がありま …

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減っています。過去、このような環境下で米国株のS&P500、米国債券がどのようなパ …

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国株式ETFと債券ETFが同時に下落する傾向が、最近多く見られます。 通常であれば、株と債券は逆相関の関係に …

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

アメリカの長期金利上昇が止まりません。10年金利が1.5%を超えた影響が、大きく株価にも出てきています。 本日 …

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

2021年に入って初めて、世界の株式市場から資金が流出したとのニュースが9月23日に流れました。世界全体で多く …

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

9月21~22日のFOMC後、S&P500などの米国株が大幅に反発しています。この上昇がこれからも続く …

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。 FOMCが非 …

おすすめ記事