【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています。そのため、半導体関連企業は高い成長性が期待でき、投資家から注目を集めています。しかし、海外の半導体関連株に投資する際は、各国・地域の特徴や為替リスクなどを考慮する必要があります。本記事では、投資初心者向けに、海外の半導体関連株への投資戦略について解説します。

米国、欧州、アジアの半導体株の特徴と株価動向

米国・欧州・アジアの半導体関連銘柄の特徴について解説します。

米国

米国は世界最大の半導体市場であり、インテルやエヌビディアなど大手半導体企業が数多く存在します。米国の半導体株は、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)、5G通信などの先端技術の発展とともに成長が期待されています。2023年には、エヌビディアの株価が大幅に上昇し、半導体セクター全体を牽引しました。

欧州

欧州では、オランダのASMLやドイツのインフィニオン・テクノロジーズなどが有力な半導体企業として知られています。欧州の半導体株は、自動車産業向けの需要増加や再生可能エネルギー関連の需要拡大などを背景に、堅調な株価推移が期待されています。ただし、米中貿易摩擦の影響を受けやすいというリスクもあるので注意が必要です。

アジア

アジアでは、台湾の台湾積体電路製造(TSMC)や韓国のサムスン電子が世界的な半導体企業として知られています。特に、TSMCは最先端の半導体製造技術を有しており、アップルなど大手ハイテク企業から高い信頼を得ています。アジアの半導体株は、スマートフォンやデータセンター向けの需要増加を背景に、今後も高い成長が見込めるでしょう。

また、中国は対中摩擦や台湾有事などの問題を受け、半導体自給率の向上を目指しています。中国政府が発表した「中国製造2025」では、2030年までに自給率75%という目標が掲げられていますが、アメリカによる対中半導体規制によって達成が困難になるのではないかと推測されています。そんな中、中国のSMICは、半導体ファウンドリ企業の中でも世界シェア3位を誇る有力企業です。SMICの2024年の設備投資額は、過去最高だった2023年の水準と同程度を維持する予定で、上海、北京、深セン、天津での新工場建設を計画しています。

海外の有望な半導体関連銘柄の選定方法

海外の半導体関連銘柄を選ぶ際は、以下のようなポイントに注目するようにしましょう。

  1. 高い技術力と競争優位性

最先端の半導体製造技術を有しているか、独自の強みを持っているかを確認します。

  • 主要顧客との関係

アップルやインテルなど大手ハイテク企業と強固な取引関係を築いているかを見極めます。

  • 財務健全性

業績の安定性や成長性、債務状況などを確認し、財務面でのリスクを評価します。

  • 株価バリュエーション

PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)などの指標を用いて、割安度をチェックします。

また、個別銘柄を選ぶのが難しい場合は、半導体関連のETF(上場投資信託)に投資するのも一つの方法です。ETFなら、一度に多数の銘柄に分散投資できるため、個別銘柄に投資するよりもリスクを抑えられます。

たとえば、半導体株指数であるフィラデルフィア半導体指数(SOX指数)は、NASDAQ OMX PHLXによって算出および公表されている株価指数です。設計、製造、流通、半導体業界内での販売に従事する30社の時価総額加重平均株価指数であり、アメリカの証券取引所に上場している企業で構成されていますが、米国企業の必要はありません。この指数は、半導体産業の状況を示す有力な指標として世界的に参照されており、TSMC、ASML、NXPセミコンダクターズなどの国際的な企業を含む30社の構成銘柄で構成されています。

国内でも「グローバルX 半導体ETF(2243)」を購入すれば、「フィラデルフィア半導体株指数(配当込み)」を円換算した値の変動率に一致させた運用が可能です。また、同ETFは新NISAの成長投資枠の対象商品となっています。

今後、半導体需要が加速する分野は?

今後、半導体の需要が加速すると予想される分野は、「通信」「生成AI」「自動車」の3分野です。

通信分野では、6G時代やIOWN構想など、通信技術の進化に伴い、高速データ通信を実現する半導体の需要が伸びます。スマートフォンやIoT、産業機器など、様々な機器で用いられる通信用半導体は、タイムラグのないデータ送受信が可能です。

生成AI分野では、エヌビディアなどの企業が、AI向け高精度半導体で業績を伸ばしています。生成AIの実現には、深層学習モデルの処理が可能な高性能な半導体が不可欠であり、今後の需要拡大が見込まれます。

自動車分野では、カーナビや車載カメラなどの制御に加え、モーターやエンジン、ハンドルなどの部品にも半導体が用いられているのです。完全自動運転の電気自動車の実用化に向けた開発が進む中、多種多様な半導体の需要がさらに高まると予想されます。

AI半導体業界の隆盛~エヌビディアを中心とした成長と投資機会

AIエコシステムの中核を担うエヌビディアの急成長は、AMDやTSMC、ASMLなど関連企業の株価も押し上げており、AI半導体業界全体の成長を牽引しています。AI技術の進化とともに、GPU市場を席巻するエヌビディアの企業価値は急騰しており、その影響は、競合のAMDや、パートナーであるTSMC、ASMLといった企業にも及び、株価の上昇を後押ししています。

AI技術の加速的な進化を背景に、エヌビディアをはじめ、Super Micro Computer、AMDといった企業が市場をリードしています。自動運転車、スマートホームデバイス、データセンターなど、幅広い分野でのAI活用が進む中、これらの企業への投資は、成長分野への戦略的な投資として、投資家に大きなリターンをもたらす可能性を秘めています。AI半導体業界への投資は、未来のテクノロジーの進歩に投資するものであり、その成長は今後も目が離せません。

まとめ

海外の半導体関連株は、高い成長性が期待できる一方で、各国・地域の特性や為替リスクなどに注意が必要です。投資先を選ぶ際は、企業の技術力や競争優位性、財務健全性などをしっかりと見極めましょう。そして、海外の半導体関連株への投資は、リスクを適切にコントロールしながら、長期的な視点で行うようにしてください。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

世界の富裕層が必ず金(ゴールド)をポートフォリオに組み入れる理由

世界の富裕層が必ず金(ゴールド)をポートフォリオに組み入れる理由

金は古くから価値の尺度として用いられてきた資産であり、現代においても重要な役割を果たしています。そして、世界の …

おすすめ記事